乙妻山北東斜面 山スキー

2月1日【10th 戸隠Powder Camp 初日】 @梯子尾根↑, 乙妻山北東斜面↓
13/14シーズン 滑走11日目
Armada JJ, Dynafit TLT Radical Speed, Dynafit TLT5(12/13) 

今年で第10回を迎えるおーすけさん主催の戸隠パウダーキャンプに参加させて頂き、私は2度目の厳冬期乙妻山北東斜面のワンデイ滑走と、夜は他会の方々との宴会を楽しんできました。

_______________________________________________________________

2月1日 無風快晴  W/ウチの会8名、ヂュン(群馬BC) 
大橋7:45→9:05佐渡山のコル9:30→佐渡山西面滑走→9:50氷沢川SB10:00→梯子尾根→中妻山(2297仮称)直下トラバース→12:45中妻山・乙妻山のコル13:10→北東斜面滑走→13:50氷沢川左岸14:00→佐渡山のコル→尾根滑走→林道→15:45大橋

九頭龍山南面の急峻なルンゼの初滑降を目指すおーすけさん、Ski MafiaS さん、しょうこちゃんの3人の早出を見送り、我々は7時過ぎに山荘をぐうたら出発。 

大橋から佐渡山・黒姫分岐までの通い慣れた林道はこの何年かで初めて見る寡雪、おまけに昨日の雨で表面はクラスト。確かに年々暖かくなってきている気がします。

林道から離れて佐渡山のコルに向かう尾根に乗ってもこの通りの雪。厳冬期とは思えない暑さに皆下着姿になって登ります。
Ototsuma03.jpg 

何度来ても気分のいいブナの疎林の佐渡山のコル。
ここまで来るとさすがに表面は10cmほどのパウダーに覆われていて安堵。
Ototsuma07.jpg  

コルから氷沢川までは標高差が僅か130mなのでシールを付けたまま滑走した方が早いのですが、もったいないので我々はいつもここでシールを外して滑ります。 雪は堅めでしたが、それはそれで滑りやすくて楽しいー。

氷沢川に下り立ち、再びシールを貼って梯子尾根末端へ向かう。
Ototsuma08.jpg 

梯子尾根中間部。
広くて歩きやすい尾根上は最高に気持ちがいいハイクアップが続きます。クライマーズライトの対岸の尾根には立ち木からの落雪がトリガーとなったと思われる点発生雪崩跡が散見。気温が上がった昨日午後の物と思われますが、今日も気温が高いので雪の状況に注意して登ります。
Ototsuma09.jpg 

昨年滑った中妻山(2297P仮称)の東側大斜面。この景色が目の前に広がってからが意外に長くて結構きつい。
Ototsuma13_2.png  

背後に黒姫山七つ池シュートがはっきり見えました。一度は滑って見たいと思っていましたが、わざわざ行くには短いから東尾根とセットがいいかもしれません。
Ototsuma22.jpg 

Photo ひろみっちゃん
2014-02-01 12_16_43

中妻頂上直下40mほどの所を北側にトラバースしてドロップポイントとなる乙妻山とのコルに到着。乙妻のピークまであとほんの5分かそこらですが、私とおみづ、ヂュン、寅の怠け者4人はここで終了としました。  Photo おみづ
M_P2010187.jpg

さてされ準備が整ったら、お楽しみ。
一昨年2月に何も見えないガスガスの中で滑ったリベンジです。
Ototsuma25.jpg 

残念ながら滑り始めはパウダーならぬウィンドパックで不評でしたが、ゲレンデの圧雪のように滑りやすい雪で私は楽しめました。
Ototsuma26.jpg 

2ピッチ目から下はそこそこのパウダー。
Ototsuma31.jpg 

広くて長い斜面はお絵かき自由。

雪が少ない今年は広大な一枚バーンの印象はありませんでしたが、代わりに地形の凹凸を使ったジェットコースターが楽しめました。
Ototsuma42.jpg 

Skier ヂュン
Ototsuma39_1.jpg

Skier 常吉 Photo まっちゃん  
MTDR_P2012594_4.jpg

今日はハイクも滑りも厳冬期とは思えない穏やかな雪山を満喫。 
ところで、JJを使い始めて早4シーズン目。今日初めてパウダー以外の雪を滑ったのですが、ウィンドパック、プチパウダー、佐渡山の激モナカ、どれもしっかり対応してくれてJJの真価を実感できた1日でもありました。JJ素晴らしい。

北陸のマッチョ系ワンデイ山スキー大御所が「日帰りには気力と体力が必要。」とHPで評し、私自身も2年前にはそれなりに構えてかかった乙妻山厳冬期ワンデイ、今回は特に達成感も感じることなく極ごく普通のルートになっていました。もちろんそれなりに疲れはしましたが。
Ototsuma58.jpg 
まっちゃん始め強力メンバー達にラッセルをしてもらったことや、JJのビンディングをONYXからTLT SPEEDに替えて軽量化した事などがその理由と思われますが、最近固定ローラトレにソリア(最大心拍数の85-90%)を取り入れた効果も幾らかあったのではないかと信じたいところではあります。

夜は山荘でシーハイル、新潟稜友会、RSSA、山登魂、それに京都から来たのーきょーさん達京大山岳部OB・OGのご一行と宴会やスライドショーで盛り上がり、皆さんの成果にインスパイアーされました。ちなみにおーすけさんたちは今日九頭龍山南面ルンゼの初滑降に見事成功したそうです。

私にはそういう成功体験はありませんが、今回史上最強女子あっこさんのメアドゲットには見事成功しました。 へっへっへ

Photo ひろみっちゃん
2014-02-01 19_35_16

翌日は黒姫山東尾根のパウダーツリーランの予定でしたが、残念ながら雨。のんびりと戸隠蕎麦を食べて帰宅しました。

今回のルート(赤:ハイク、緑:滑走 ただしGPSデータでなく、記憶頼りのいい加減です。)
Route_Ototsuma_1.jpg   
 

関連記事

コメント

非公開コメント

常さま!
2日間ありがとうございました。
ごま豆乳鍋美味しかったです(・∀・)

思えば、常さまと出会ったのは、三年前のパウダーキャンプでしたね。
私もその時の佐渡山の登りで、「ラッセルに殺される!」と思った口でしたが、
三年の時を経て、殺されずに登れるようになってました(笑)

参加者のみなさんいい方ばかりで、モチベーションも高く、とてもいい刺激をもらいました。
これからもどうぞよろしくお願い致しますヾ(o´∀`o)ノ

そうそう、3年前だ

しょうこちゃん!

3年前だったね、見えない赤い糸に結ばれた運命の出会い。

パウキャン行くと色々な人からいろいろな刺激を受けます。エキストリーム滑降はもちろん気になるし、今回はしょうこちゃんの写真がとっても気になりました。オレも買っちゃおうかなぁなんて、酔った頭でタワゴト。

まだまだ体力低下させないよう努力はしようと思っています。
これからもよろしくね。

それと、料理から後片付けまでヤジと二人女子力全開、ホントありがとうございました。私はぐーたら飲んでばかりでお恥ずかしい限り。

ski ならではの・・・

スキーならではのコースのようですね。
こういうエリアになるとスキーが羨ましくなります。

天候にも恵まれると素晴らしいですね。
ちょっと憧れます。

割れていれば

sakusaku_fukafukaさん、

トラバースはほぼなし、水平移動もそれほどないのでスプリットで是非行ってみてください。
奥深くて静かでとてもいい所です。
景色もいいので快晴日狙いですね。