口福

某月某日【定例会】@ 稲水器あまてらす 池袋
W/ヒミツ だそうです。

直前にお店を変えようということになったので、じっくり探す暇もなく今回も私の持ち駒のお店からチョイス。お付き合いしてくれた方は日本酒党ではないのでどうかなと思っていたんだけど、たいそう気に入ってくれたようでした。

店員さんのお勧めで而今の濁り酒から。
軽く胃を刺激するので確かに食前酒としてはいいかもしれない。
Amaterasu02.jpg 

蔵元に入り込んで納得して仕入れてきた旨いお酒とそれを引き立たせる美味い肴のお店。

しかしよく飲んだな。一合売りなので丁度一升飲んだ事になります。 Photo 以下相方
Inamizuki03.jpg Inamizuki04.jpg Inamizuki05.jpgInamizuki06.jpg Inamizuki07.jpg Inamizuki08.jpg Inamizuki09.jpg Inamizuki10.jpg Inamizuki12.jpg Inamizuki13.jpg Amaterasu06.jpg Amaterasu08.jpg    

やはり大人のお酒は目、耳、口。

お酒や肴のウンチクを聞きながら飲む事ができるカウンターに座れたらラッキーですが、残念ながら予約時の席指定はできません。この日はめでたく初カウンター。

濁り酒の違いについてレクチャーの図  Photo 以下常吉
Amaterasu14.jpg     

お酒ごとに替えてくれる徳利やお猪口も愉しみの一つ。
Amaterasu20.jpg  

最近は朝霞にある「あいおい」にはまってるんですが、あっちは素材を活かしたお料理が主役。お酒が主役の場合はこちらが断然上。ただ、抑えが利かずに飲みすぎちゃうのが珠に傷です。

これからしばらくはあちこちの新年会だの、某嬢の帰国祝いとかクライミング仲間の社内検定試験(ようやく)合格祝いだの、なんのかんのと飲み会目白押し。昨日8度7分も熱が出て二日間会社を休んでる風邪を早く治さなきゃ。

関連記事

コメント

非公開コメント