13立山真砂岳大走りでの雪崩事故について

【事実が知りたい】 

22日 ガス、アラレ
13:00 雷鳥沢右岸尾根 2600m付近

・常吉:CTE2↓15cm VE それ以上調査せず  
・まっちゃん:CTE(回数不明)↓15cm CTM(回数不明)↓90cm VE
→登路のトレースを外さず相互監視下で慎重に下降
P1020612.jpg

23日 快晴、昼過ぎから尾根上は飛雪あり
9:30大走り夏道2660m付近 ハイクアップ中の休憩時に南斜面にて。
・マッキー&スガー:「昨日と状況変わりません、グズグズ。」 CTE? 
→尾根を外さずハイク継続
10:40 内蔵助谷ドロップポイント(真砂岳東面)
・まっちゃん:CTM18
・50度斜面の登下降(ロープ確保)でも雪崩の兆候なし 
→ 滑走決定
P1020628.jpg 

初日から不安定な積雪を検出し、この3日間は普段にも増して慎重に行動しました。

*************************************

昨日の雪崩でまた仲間を二人失いました。

関連記事

コメント

非公開コメント