ご利用は計画的に

10月18日【石田登山塾クラック講習3回目】@湯川
W/石田イントラ、YMZKさん、INMRさん

金曜日に石田登山塾のクラック講習(3回目)に行ってきました。

疑似リード(カムセット)中のYMZKさん(祝!! 本日デゲンナー&台湾坊主連続RP) 。この後石田さんが登って講習性がセットしたカムを一つ一つ講評してくれます。
ICDP1020289.jpg 

3回目の今日の私のお題は疑似リードでのカムセット練習。ボルトルートならトップロープとリードの主な違いは恐怖心の有無ですが、自分でプロテクションをセットしなくてはならないクラッククライミングは大違い。片手だけでジャミングを決める技術に加えて、確実なカムセット(グラウンドフォールしない間隔でのセット、墜落を確実に止められるセット)技術が要求されます。

登る前に最初はあそこにセットして、核心部ではあの辺にと計画的にセットしなければならないのですが、私はまだジャミングに余裕がないので予定した位置まで上がってもセットできずに追い上げられたり、セットできても何個かに一個は墜落を止められない不適切なセットになってしまいます。

この状態でリードして落ちたら地面に激突。あー、恐ろしい。

①デゲンナー下部で脱力できるまでクラックボルダー  ←腕プルプル取れるまで。
②デゲンナー(5.8):TR○、疑似リード(3テンション)、回収便(1テンション)
③台湾坊主(5.9):疑似リード○、回収便○
④北風小僧(5.9):疑似リード○
計6本 (とボルダー限りなく)。

デゲンナーでのカムセットは仮免合格だそうですが、登りは全然ダメ。Trなら安定して登れるのですが、疑似リードではカムセットで消耗してしまいます。リードまで後19年11カ月。
台湾坊主なら多分落ちることはないと思いますが、カムセットが怪しいので万が一落ちたら大墜落かも。
前回パンプしてしまった後の7本目に登ってテン山だった北風小僧を今回6本目に疑似リードしてノーテントップアウト。ステミングから足を上げる時の手の使い方を教わったお陰でパンプしない登りになってきているのかもしれません。

オレは何ごとも人の3倍やってようやく人並み。
逆に言えば3倍やれば人並みにはなれるってこと。

姫、しばらくそこで待っててくれよ!!

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま、

お話できて楽しかったです。
ぜひぜひ。