ジビエ@宇都宮

9月10日【居酒屋 日本一】@宇都宮

Celebration5.jpg 

いっときは外されちゃったのかと心ある人間は残念に思ってたんだけど、数百人に1人しかなれないポジションまで逆転出世した後輩のお祝いの為に宇都宮へ行ってきました。

宇都宮くんだりまでわざわざ奢りに行くにはそれなりの下心ありありありありありあり、あり過ぎですが、大人の世界の事なのでここではそれを置いといて…。

宇都宮での単身赴任時代に一番お世話になった居酒屋日本一。オヤジさんは鉄砲撃ちで季節毎の山菜、キノコ、ジビエ、それにこだわりのお造りがウリの大衆居酒屋。このブログにも何度も珍しい山の幸が出ています。

今日の突き出しは春に採って冷凍しておいたコシアブラの油炒め。
Celebration2.jpg 

そして本日のお勧め、イノシシのモツ煮。
一般的には臭くて嫌われるそうですが、獲ったその場で丁寧に下処理すれば臭みも全くなく美味しく食べられるそうです。その言葉通り手間暇かけただけあって全く臭みのない逸品でした。
Celebration3.jpg 

メインディッシュはここでの定番、鹿ルイベ。
業務用冷凍庫で一晩以上凍らせるので寄生虫の問題はありません。
なんも言ってませんでしたが、多分卵もこだわり卵と見た。
Celebration4.jpg 

しかしなんとM君はこうしたジビエが苦手だったそうで…。 ゴメンね。
代わりにオヤジこだわりの美味しいお造りを頂きました。で、今週末こそ小川山の晴登雨読(10c)をやっつけるつもりなので、お酒はもちろん「晴耕雨読」。

で、会談成功。大人の世界の目的達成。

M、役員まで上がるつもりでがんばってくれ。歳とか言うな!
絶滅危惧種の輝く星となってくれ。  オレ、マジ期待。


関連記事

コメント

非公開コメント