怒濤の接待

12月14日 【和音】 大分県別府

いよいよ九州旅行も最終日。今日も手を抜くことなしに家内をご接待。朝食後はティータイムになるTan's Barに行って、噂のPロール。大きなロールケーキにびっくりしましたが、ホントウに美味い!小食の私ですら別腹でした。

 

そして宿の精算を済ませてから、関サバが評判という「和音」目指して別府へと向いました。ところで私がなにで色々な店を調べたか知りたい方がいるかもしれないので種明かし。
ネタはルルブです

kyushu2007_1214AQ-s.jpg
この和音、確かに美味いです。関サバ、うま~~~い!!!昨日無量塔で出たのは刺し身でしたが、関サバと一緒に口に入れた酢飯の酢がほんのり広がる握りの方が私は好きです。

 


そしてネタに文句ないのは場所柄当然としても、シャリも美味い!小粒の飯がしっかり握られていて、久々に昔の鮨を思い出した気がしました。

最近私が食べるような鮨はつまむと下手すりゃバラバラと崩れかねません。

 

お値段はそれなり。二人でイカ2個、アナゴ2個、ウニ1個、関サバ3個、中トロ炙り2個、カンパチ1個、トリ貝1個、これで7000円。美味しかったし私としては充分満足だったのですが、家内は「高いんだから美味しくたって当たり前」とちょっと不満気だったようです。折角私が調べてきたのにね。

 

さてこれで飛行機に乗って帰るだけです。少なくとも家内はそう思っているようで、空港でさつま揚げを買ってビールの立ち飲みなんかしてました。 続きはをクリック!

 

接待をするなら徹底的に、それも意外性をもってに限ります。羽田で車を受け取るなり、お台場の日航ホテル東京で夕食をしていこうよと提案。

 

残念ながらメインダイニングに入るにはちょっと恥ずかしい身なり、お手ごろなレストランは予約でいっぱい。結局一番カジュアルなレストランになりました。お値段の割には内容は郊外レストラン並みだったかも。それでも帰ってからの夕食の支度を考え始めていた家内は大層喜んでくれました。
kyushu2007_1214AR-s.jpg

 

さぁて財布はすっかり軽くなっちゃったけど、これでまた明日から遠慮なしに思いっきり遊ぶぞー。

 

 

関連記事

コメント

非公開コメント

一番は、やはり意外性でしょうね~♪
良い旅行でしたね~。
今度は旅(ルートを決めずに)で

>>これでまた明日から遠慮なしに思いっきり遊ぶぞー。

。。。手のひらの中です孫悟空(笑)

やっぱり

行き先を決めない旅…。定年退職したらやってみたいですね。

ところで私もかねがね手のひらの中の孫悟空じゃないかとは思ってました…。
男なんてその程度にしておかないと、お釈迦様に握りつぶされちゃいます。