2013八ツ峰Ⅵ峰Aフェースクライミングと八ツ峰縦走(夏山JOY編)

【今年も姫と剱でバリデート③】not validate

8月7日~9日 八ツ峰Ⅵ峰Aフェース魚津高ルート登攀・八ツ峰上半縦走など
W/姫

昨年のチンネ左稜線・八ツ峰Ⅵ峰Cフェース登攀に引き続いて、今年も姫と剱の雄大な景色の中に身を置いてきました。今年のメインは八ツ峰Ⅵ峰Aフェース登攀~八ツ峰上半・北方稜線縦走と、本峰南壁A2稜の登攀です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8月9日 ガス後晴れ。 正統縦走
今日は平蔵のコルから剱本峰南壁A2稜を登る予定でした。しかし昨日の16時間行動の疲れで今日はもうやめようかと話していたところに朝起きたらガスと強風の追い打ち。完全にモチベーションを失くし、立山連峰を縦走デートして下山する事にしました。

剱沢野営場8:00→9:05別山乗越9:10→9:45別山(↔別山北峰)10:15→11;00真砂岳11:20→12:15大汝山12:25→12:45雄山13:??→13:35一の越??:??→14:35室堂TMNL

8時過ぎても剱は姿を見せてくれません。
これではA2の取り付き探しもシュルンドの弱点探しも困難だったでしょう。
例え取り付けたにせよ、爽快なクライミングにはならなかったはず。
すっぱりとあきらめがついて、立山縦走に出発しました。
13Turugi078.jpg    

標高の低い剱沢は夏山JOYです。
13Turugi081.jpg

でも別山前衛峰に着く頃には剱方面もこんなにクリアになりました。
13Turugi087.jpg 

別山北峰まで足を伸ばして来シーズンの滑走に備えて別山沢の下見をしておきました。 真砂沢と違って最後まで傾斜が落ちないお勧めの沢だそうです。
13Turugi090.jpg

まだ時々ガスが出ますが…
13Turugi094.jpg 

でもすぐに夏山JOY。

ここは真砂岳。バックは富士の折立、大汝山、雄山へと続く縦走路です。
13Turugi102.jpg 

真砂沢も内蔵助谷も雪が沢山詰まっていてその気になれば十分滑れます。 もっとも雪が固いので滑っても面白くないでしょうけれど。
13Turugi103.jpg

そして大汝山まで来ると縦走最後のピークとなる「ゆうざん」の神社と社務所が見えました。
CIMG0945.jpg 

社務所前はザックを下ろす場所を探さなければならないくらい人であふれていました。
13Turugi107.jpg 

パワースポットの「ゆうざん」神社でお祓いを受けた姫。500円の価値あるお祓いだったと喜んでいました。
13Turugi111.jpg 

霊験あらたか。これでもう遭難する事はありません。
ただ、「良縁」の言葉が聞かれなかったのが唯一残念だったとか。
13Turugi116_r.jpg   
 
一の越への下山路はハイカーや観光客で渋滞していました。
中には恐怖で歩くことができず文字通り這いつくばって登っている人まで。あの方がどうやって降りるのか姫も私もずっと気になって仕方ありませんでした。お盆はすごい事になるんでしょうね。
 CIMG0956.jpg

山頂で飲もうと思って剱沢から運んできたお神酒。でも万が一下山路でこけたらシャレにならないんで一の越まで下りてから、プシュッ。 
13Turugi114_1.jpg

A2は宿題になっちゃったけど今年も楽しい剱合宿でした。 
で、姫から下されたいつの日かの目標は***!!

常爺、早速今週から精進いたします。

関連記事

コメント

非公開コメント