富士山小御岳流しスキー

6月8日【12/13シーズンファイナルラン】富士山小御岳(こみたけ)流し
W/(L)おーすけさん、まっちゃん、おみづ(以上ウチの会)、まっきー(熊谷山旅会)、豊さんしょうこちゃん(以上RSSA)、あきこさん、まちゅらおさん(以上シーハイル)

常吉:Summit 8611(K2),Onyx(G3),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)
(8人中6人がTLT5所有、今日は4人が使用していました。)
12/13シーズン滑走37日目

おーすけさんのお誘いで富士山での板収めとシーズン振り返りのスライドショー大会に参加してきました。パウキャンならぬザラキャンかな。

快晴(山頂付近はホワイトアウト)
スバルライン5合目P6:50→11:50山頂→吉田大沢ドロップ→12:55小御岳流し13:25→お中道→14:15スバルライン5合目P

130608Mt_Fuji47_1.png

元々風当たりが強い上に世界遺産登録も相まって来年からは滑降禁止が囁かれる富士山スキー、5合目駐車場では何を言われるかとビクビクしていましたが、何事もなく無事出発。

シーハイルの超強力ペア。                   Photo SHO 
_G9A3701.jpg

おーすけさんを始め、日向ゲートから針の木岳・黒部湖を越えてその日の内に室堂に到達してしまったまちゅらおさんとか健脚揃いに付いて行こうなんて大それた考えは端から頭にありません。体調イマイチだったしょうこちゃんをケアする振りして二人でデート登山としゃれこもうと思ったのですが、お邪魔虫のおみづがぴったりくっついて離れないので仕方なく3人でビスターリ登山。

さすが富士山、日本晴れ!                 Photo SHO
_G9A3710.jpg 

金曜日に降った雪ですっかりきれいになった吉田大沢。 お天気はいいし最高の板納めの予感にいやが上にもモチベーションが上がります。
130608Mt_Fuji07.jpg 

打って変って8合目から上は雪山登山。この日TOPを歩いた人は一部脛ラッセルだったことがトレースから伺えました。アプローチシューズが痛むのを嫌ってツルツル底のタウンシューズで来た私は一瞬不安がよぎります。130608Mt_Fuji08.jpg 

山頂到着は健脚組に1時間遅れの5時間ジャスト。でもトレーニング積み倒して来シーズンはオマイラ全員に勝つ!!!



かも、しれませんです。
130608Mt_Fuji09.jpg

滑走を始める頃には生憎のホワイトアウト。富士山に精通したおーすけさんのガイドで吉田大沢から滑降とトラバースを繰り返してドンピシャ小御岳流しのDPへ。数ターン先も見えないガスの中での見事な誘導、さすがです。
130608Mt_Fuji10.jpg 
岩に囲まれた斜度40度チョイのルンゼが小御岳流しのDP。滑落や岩への激突に十分気付ける様おーすけさんから注意がありましたが、雪もよく雪面もフラットで飛ばしたい気持ちを抑えるほうが大変。

ルンゼを抜けるころにはガスも晴れ、下にはゲレンデのようなフラットバーンが末端まで続いているのが見えました。
130608Mt_Fuji14.jpg 
しょうこちゃんとまちゅらおさんが先行して下でカメラを構え、一人ひとりの滑走を撮影してくれたのですが、元レーサーだったあきこさんの攻めの滑りに感化されたみんなが飛ばす飛ばす。山スキーでこれだけ不安なく飛ばせるシーンはそうそうあるもんじゃありません。真似した私はスピードに負けてリカバリーができずコケてしまいました。でもおーすけさんから上手くなったんじゃない?と言われてちょっとうれしかった。 

Photo SHO
_G9A3726.jpg  

おーすけさん                          Photo SHO
_G9A4176.jpg   

攻めのテレマーカー、まちゅらおさん。
130608Mt_Fuji31_1.jpg 

この写真を見て来季の精進を誓ったワタシ。       Photo SHO
_G9A4171_0.jpg 

トータルコーディネイトがさすがのしょうこちゃん。一体どんだけウェア持ってるの?
130608Mt_Fuji28_1.jpgと  

核戦争後の軽井沢プリンススキー場。
130608Mt_Fuji35.jpg 

雪渓末端。
130608Mt_Fuji37.jpg 

標高差1000m弱の大滑走を満喫しきって満足の下山です。下に見えているのがスバルライン5合目駐車場。   Photo SHO
_G9A4603.jpg

上機嫌で駐車場に戻り、旅館「溶岩温泉」で5時からの宴会と延々0時過ぎまで続いた今期のスライドショー。 いやー、盛り上がりました。 Photo SHO
_G9A4621.jpg 

どうしても女性とお話がしたい常吉と、どうしてもインターセプトしたいおみづの図。 Photo SHO
_G9A4661.jpg 

冨士の溶岩焼き。溶岩は熱容量が大きいし、多孔質で表面に脂が溜らないので霜降りステーキには最適です。とっても美味かったです。
130608Mt_Fuji42.jpg

旬ですね。
130608Mt_Fuji43.jpg 

溶岩焼きだけじゃなくて温泉は富士溶岩湯、テーブルのお水は富士溶岩入り、お土産も富士まりも溶岩。 溶岩づくしです。

素晴らしい仲間達と最高の板収めができた日。企画は元より先週は小御岳流しの下見滑走までしておいてくれたおーすけさん、本当にありがとうございました。

関連記事

コメント

非公開コメント

常さま、
私の面倒見係(笑)ごめんなさい。
私がいなかったら30分短縮でしたね。
ほんとごめんなさい。

「トレーニング積み倒して来シーズンは」のくだりツボだったので、お借りしました(笑)

しょうこちゃん、

山も宴会も楽しかったねぇ。
今回は皆さんの滑りにとっても刺激を受けました。
今更あーはなれるわきゃないけど、もう少し下を向いてスピードが出せるようになりたいなぁ。

技術はもちろん、筋力も足りないかも。
爺さんスキーヤー、まだまだがんばるぜ!!

写真無断借用カンベンね。