驚きと尊敬と

【Jonny Winter-Highway 61 】 

Eric ClaptonとBB Kingの名演The thrill is goneを手元に置いておきたくてCrossroads Guitar Festival 2007と、ついでに2010をポチッ。
Crossroads.jpg 
山スキー界で言ってみたら戸隠パウキャンみたいなんて言い過ぎにもほどがあるってもんですか。スイマセン。

すごいギタリストが次々と登場する中、特に感銘を受けたのがJonny Winterでした。何十年も前にデビューした頃、「アルビノ」を売りにしたキワモノと思い込んでいてこれまで聞いた事はありませんでした。

歩く事も覚束ないほど年老いてしまったJonnyの張りのある歌声と神がかり的なギター演奏。バックバンドを務めた若き天才ギタリストDerek Trucksが演奏中ずっと驚きと尊敬のまなざしを投げかけ、演奏終了と同時に感極まって握手を求めに近寄った姿がとても印象的です。

Jonny Winter with Derek Trucks Band - Highway 61 @Crossroads Guitar Festival 2010


関連記事

コメント

非公開コメント