2013黒部横断スキー縦走(三俣蓮華・双六岳編)

【ほぼカリッカリだった日】黒部五郎冬季避難小屋~三俣蓮華岳~双六岳~双六谷2008h
W/まっちゃん(L)
12/13シーズン滑走32日目

これで4年連続。すっかり恒例の感があるGWの黒部横断スキー縦走に7泊8日で行ってきました。全体概要はこちらです。



5月3日 晴れ
黒部五郎冬季避難小屋7:059:05三俣蓮華岳9:45→北東斜面滑走→9:55三俣山荘脇→弥助沢滑走→10:45樅沢ハイク→13:35双六岳13:50→双六谷左俣滑走→双六谷滑走→15:00?双六谷2008地点(C3泊)

今日は一日快晴の予報。

ただ登って滑るだけの我々と違って撮影が大事な目的の一つのsakusaku_fukafukaさんは早めに出発されていきました。 さすがの巨匠でも担ごうとした時に一瞬ふらついてしまったほど重量級の荷物を担いでいます。
13GWKurobe280.jpg 

もう一方の巨匠は板を片手に背中に小さなナップザックという超軽量派。めちゃくちゃ足が速く、我々より10分かそこら早く出ただけなのに、我々が稜線に出た時にはもう既に三俣岳山頂直下に迫っていました。
13GWKurobe282.jpg 

二晩快適に過ごさせてもらった黒部五郎冬季避難小屋は1泊1000円、下山後支払いのシステムです。
13GWKurobe284.jpg 

今日は一日中晴れと聞くと心に余裕が生まれます。
13GWKurobe286.jpg 

13GWKurobe288.jpg 

雪煙りのない笠ケ岳。
加藤保男さんが「雪煙りをめざして」に込めた意味がようやく分かったような気がしたのは最近の事です。
13GWKurobe289_2.jpg 

sakusaku_fukafukaさんがに見えました。あの大荷物の上にもなか雪に足を取られているのに歩きだすと私と速さが変わりません。
13GWKurobe294.jpg 


13GWKurobe302.jpg 

トラバースルートで双六岳へ向かうsakusaku_fukafukaさんとは山頂直下でお別れです。
また来シーズン!!
13GWKurobe304_1.jpg

強風の山頂。
13GWKurobe305.jpg 

寒いので風の影になる北東斜面に入りこみ、槍を見ながら滑走準備をしました。
13KurobeM0114.jpg

小さく見える三俣山荘目指してGo!
13GWKurobe311_1.jpg 

直下の急斜面はには新雪が吹き溜まっていて快適でしたが、傾斜が緩んでからは残念ながらスケートリンク。
13KurobeM0118.jpg

13GWKurobe318_1.jpg 

あの山頂から一瞬の滑走でした。13GWKurobe319.jpg

冬季避難小屋は雪の下だそうです。
13KurobeM0121.jpg 

標高は下げたし、お日さまは当っているし、さぞステキなザラメが待っているんでしょうねと期待に胸を膨らませて弥助沢へドロップします。
13GWKurobe320.jpg 

カリッカリって書くのはもう飽きました。

でもあのまっちゃんすら尻込みするカッチカチが待っていました。
13GWKurobe325.jpg 

しかしアイスバーンが徐々に緩んでくる気配を察知! 

安全地帯に入り、今夏は某嬢をご案内する事になった北鎌尾根を眺めながら雪の緩み待ちをしました。
13GWKurobe327_1.jpg 

作戦成功!
手間暇かけた謹製ザラメ!!
13GWKurobe328.jpg 

下部に行っても素晴らしいザラメは続き、走る雪を攻めたウマ沢とはまた一味違う笑いが止まらない滑走が楽しめました。
13KurobeM0124.jpg 

13GWKurobe338_2.png  

双六岳への登り返しは山頂への最短ルートである樅沢を使いました。
13GWKurobe341.jpg 

13KurobeM0128.jpg

山頂直下の急登。
13KurobeM0131.jpg

ここも誰もいない山頂。今年は山中で人の姿を見る事はほとんどありませんでした。
13KurobeM0133.jpg 

南向きの期待の双六谷左俣の滑走は… 
13KurobeM0135.jpg

アイスバーンとモナカのオンパレードで苦笑い…。
13KurobeM0136.jpg 

熊に喰われたらしいカモシカの死体と血染めの雪面を横目に本谷を滑り、2008の出合でこの山行最後の夜を迎えます。

ちなみに深い双六谷の谷底では左右の稜線からの雪庇崩落や見えない斜面からの雪崩の恐れがぬぐえません。私も4年前に大ノマ乗越への分岐付近で慎重に場所を選んで1泊したことがありますが、まぁ不安なしにテントを張れるのはここくらい。大ノマ乗越への登り返し分岐地点までも僅かな距離なので、谷中で泊るならここまで降りることがお勧めです。
13KurobeM0139.jpg 

関連記事

コメント

非公開コメント