2013山スキー虎の穴

1月26,27日【山スキーエキスパート講習会】@宝台樹スキー場、奥利根スノーパーク、ホワイトバレースキー場
12/13シーズン滑走15,16日目
常吉:OMMNY(Vector glide),Onyx(G3),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)

シーズン恒例のSAJ指導員による山スキー講習会に参加してきました。 山スキーが盛んな当山岳会のエキスパート対象。すごいっしょ、おれって、EXPERTだぜ。
13Ski_lesson0002.jpg

通称「気違いスキー」。
初日は朝9時から深夜24時までみっちり基礎練習。
翌日は9時から15時まで実戦を想定した応用技術練習。
みっちりしごかれました。 

久々に履いたら軽くてラクちん!!
13Ski_lesson0001.jpg

24日昼間(宝台樹スキー場)
急斜面:スキッディング小回りによるスピードコントロール
片斜面(沢沿いのトラバース):ギルランデ
荒れ斜面:コブ練
総合滑降:ゲレンデ最上部からボトムまで息を切らさずにノンストップ滑走。
などを徹底的に。顔面をヒットする小枝の払い方なんていう小技も教わります。

山滑りの講習会なので毎年一貫してスキッディングを教わってきたのですが、今季ついに時代が我々に追いついてきたそうですね。それにしてもターン前半からのズラしは新鮮でした。

時々はこんな息抜きも。いいラインを見つけて楽しみました。(なぜか侵入禁止区域外)
13Ski_lesson0005.jpg

厳しいナイターが控えているのでほとんどの人がアルコールを自主規制していたのですが、2名ばかりの不届き者は熱燗まで行ってしまいました。 
「ルールとかぁ、オレ達そういうのに縛られないから。」
13Ski_lesson0008.jpg

そして吹雪のナイターへ。 (奥利根スノーパーク)
13Ski_lesson0009.jpg

全員が歓喜の声を上げる最高のドライパウダー。全く抵抗を感じない素晴らしい雪に恵まれて格段に上手くなったような気がしました。 錯覚ですけど。

そしたら何だよ、もう終わりかよ。
13Ski_lesson0013.jpg

物足りない者たち。
13Ski_lesson0012.jpg 
宿舎に帰って風呂から出たらビールが 机上講習が待ってます!

27日(ホワイトバレースキー場)
一晩で1mの積雪に見舞われたTJは完全クローズ。ホワイトバレーで朝イチのリフトに乗ればウハウハパウダー三昧は分かっていましたが、今日は食い散らかされて荒れた斜面でいいんです。

荒れた斜面での魔法の言葉はタンタンタン。生まれ変わった自分の滑りにみんな大感激でした。

パウダー喰われまくったギタギタ斜面。
13Ski_lesson0019.jpg 

"For a few turns more."
練習の合間の息抜きに写真右上に見えているポコまで登ってみました。シールなしですが、若いラッセル隊長がいるので楽チンです。(規制ロープ、禁止表示なし)
13Ski_lesson0016.jpg
たったの5,6ターンでしたが、曲がりなりにもパウダーゲット。

けが人も脱落者もなく2日間のハードなレッスンが終了、明らかに一皮むけた人もそうでない人も。
13Ski_lesson0018.jpg 
一皮むけない真正後傾の私は来月の山スキー入門講習会(通称「山スキー猫の穴」)にも参加指令…。

シュン…

関連記事

コメント

非公開コメント

すごいですね〜 パワフルですね〜!
雪もいいけど、ご馳走もおいしそう!

くーぺきゃんぱーさん、

お恥ずかし。
年取ると疲れにすら気が付かなくなっちゃうんですよ。