Team Armada 忘年スキー

12月29日【乗鞍岳】12/13シーズン滑走9日目
常吉:JJ(Armada),Onyx(G3),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)
杉さん:Telemark
M.yumiちゃん :TSTw(Armada),TLT ST Radical(Dynafit),Celeste(Garmont)
yukaさん    :TSTw(Armada),TLT SPEED Radical(Dynafit), ?(Dynafit)

Photo yuka
PC291893.jpg
今年も恒例、乗鞍温泉忘年山スキー。これ行かないと年が終わりません。

今年はyukaさんも初参加のM.yumiちゃんも私に騙されて買ったTSTwへ乗り換えての参加です。さてさて首尾は?

前夜からの降雪による高速渋滞に巻き込まれた杉さん・yukaさんが到着するまでの間ゲレンデ練習。前夜20cmほども積った雪で窒息パウダーかとワクワクしていたのですが、予想外の重めパウダー。それでも基礎スキーヤーやレーサーが入ってこない非圧雪バーンを何本か美味しく頂けました。まだ非圧雪に慣れていないM.yumiちゃんですが、元々スキー自体は私より上手なのですぐに追い越されそうないイヤーな予感。でもこれでまた山スキー仲間が増たと勝手にニンマリ。

杉さんペアーと合流していよいよ乗鞍ツアーの開始です。カモシカリフトを降りる頃には雲一つ、微風すらない好天になりました。ツアーコースから稜線を見るのは初めてです。ワクワク。
12Nrkr0001.jpg

一瞬天狗原に居るような錯覚。でもこっちが本家でしたね。
12Nrkr0009.jpg

稜線近くまで登っても風は僅か、最高の登山日和です。
12Nrkr0013.jpg

標高2750mの肩の小屋で予定通りハイクアップ終了。登頂には絶好のチャンスだったのでちょっと残念ではありました。Photo Sugi
快晴の稜線

テレマーカー杉さん。シャッターチャンス逃してゴメン!
12Nrkr0020.jpg

山ボーダーyukaっち。山スキー3年目ですが、格段の上達。
12Nrkr0024.jpg

さすが、基礎スキーヤー。
12Nrkr0027.jpg 

12Nrkr0032.jpg 

風でちょっとパックされてゲレンデのように滑りやすい雪に全員もう笑いが止まりませんでした。Movie Sugi, Skier M.yumi


4人の落書き帳。
Photo yuka
PC291964_1.jpg

穂高をバックにTeam Armada。 気分最高!!    Photo Sugi
穂高をバックに 

みんなご機嫌です。
12Nrkr0035.jpg

風の影響を全く受けなかった位ヶ原直下の急斜面はパッフパフのフッカフカ。ここも美味しく頂きました。     Photo Sugi
深雪1

そして今宵は「乗鞍仙山」で和牛コース忘年会。
12Nrkr0041.jpg

熱燗、ビール、缶酎ハイ、気の置けない仲間達との思い思いの乾杯!
Photo yuka
何はともあれ

次々と出てくるご馳走。私は今年もここまで行きつきませんでした。
Photo yuka
PC292001.jpg

ここは温泉もいいし。
Photo yuka
PC292005.jpg


yukaさんもM.yumiちゃんもいいワインを持ってきてくれていたというのに、前夜3時半まではしゃいでいた私は2度目の風呂を出たらあえなくバタンキュー。

今年もいい1年が終わります。

関連記事

コメント

非公開コメント

お世話になりました。^^;

想い出は美しすぎて・・・(汗

常吉さんご推奨のアルマダ、正解でしたv-218
あの浮遊感、癖になりますね~
パウダーが残っているうちに復帰予定です。
蓮華温泉で美味しいワイン、呑むぞーーーーっ!
来年もまたよろしくお願い致します。^^

yukaさん、

TSTw喜んで頂いて何よりです。パウダーもパックも楽だったでしょ。滑りが見違えってたよ。
私もシーズンオフの安値で買っちゃおうかなぁ。

そうそう、yukaさんのテンプラリーニョ飲まなかったし、是非是非次回ご相伴させてください。

こちらこそ来年もよろしくです。

良い絵を楽しませてもらいました。25日かぐらにて初滑りしてきました。HOJI187cmの急斜面での作性は抜群ですが、小柄な私には深雪の雪質によって、20度ぐらいの斜面でテールの浮力が圧迫感を受けノーズが沈み前のめりになるので、25mmセットバックすることにしました。ボードだったらコンでションによって自由に位置を変えられるのですが、TLTではインサート式にしないといけないので、そこまでは考えていません。4日かぐらで再テストしてきます。上手くかぐら使用に改造できればよいのですが、、、
YUMIさんのスキーに対する情熱は、道具を見れば分かります。恐れ入りました☆☆☆
常吉さんも満足ですね!

shinさん、

明けましておめでとうございます。
HOJIいいらしいですね。187cmの長さとも相まってさぞ浮くんでしょうね。
セットバックの結果が楽しみですね。

セットバックと言えば、yumiさんもTSTwを少しセットバックしたほうが良さそうだと言っていました。スキーの下手な私にはその辺の微妙な事はまだ分かりません。まだまだ練習しなきゃ。

shinさんとはその内どこかでお会いできそうですね。
今年もよろしくお願いいたします。

setback

ボード経験者のyukaさんなら分かると思うのですが、昔はボードには適応体重が表示されていて、推奨位置が決められていましたが、それより軽い人が乗る場合は、多めにセットバックしないとテールを沈めることが出来ず、トップを浮かすことが出来ません。TSTですが、契約ライダーからはもう少し下げた方が良いという意見も出ていたそうです。ショップ情報!私の友人145cm女性が174cmのTSTWを試乗しましたが、セットバックのことは言っていなかったので、もう少し様子を見てからにしたほうが良いかも知れません。トップが沈んでしまって滑れないのでしたら別ですが、TSTはPOWDERで走るというより、浮く方に重点を置いて操作性を重視した良い板です。JJなどテールロッカーが入っている物はセンターよりに付いています。常吉さんは短めを選択していたと思うので、セットバックしなくても後傾になるだけて、ある程度の雪質に対応できるはずです。浮力を得るために長めの板を選択したときに体重移動だけでは重雪に対応が出来なくなり、ある程度のセットバックが必要になります。ロッカーは乗ってみないと分からない奥の深いスキーです。試乗会に参加してセットバックした板を試すのが一番です。

setback追伸

yumiさんの滑りを見ると確かにテールの抜けが悪そうな感じに見えます。無理にテールに乗っているのか、ビンディングの位置がブーツセンターより前に付いているような感じの滑りです。画面が小さいのでよく分かりませんが、今年の174cmのTSTWはもっと後ろに付いているように見えます。

shinさん、

セットバックに付いて詳しくありがとうございます。セットバックする狙いとか意義みたいなものが少し分かったような気がします。yumiちゃんは正規位置に取り付けているはずですが、ゲレ板の時より少し後ろに乗らないとターンがし辛いとのことでセットバックを考えているようです。ただ、どんな状況でターンがし辛いのかまでは聞いていません。

一つ質問ですが、セットバックした場合圧雪での板の挙動はどうなるのでしょうか?物理的にはトップが押さえづらくなるのだと思うのですが、トップを押さえられないとターンはどうなるのでしょうか?

素人質問すみませんが、お暇な時にでもお教え頂ければ幸いです。

setback

セットバックは基本POWDERバランスを考えて行いますが、セットフロントは、ゲレンデでの取り回しの良さを求めて行います。POWDERでオーリーなどを行うなど例外もありますが、、、本題のTSTゲレンデでの影響についてですが、ラジアスが小さいので影響は大きいです。ターン後半テールエッジが抜けやすくなるのでしっかり意識して最後まで抑えてやる感じになります。今よりテール加重になるということで、加重がセンターの位置にはなりません。何故、後傾が滑りやすいか、トップにロッカーが大きく入っているからです。テールにもロッカー(JJ)があれば、バランス加重はセンターよりになります。YUMIさんには試乗会でいろいろなスキーを乗ってもらわないと、その意味が分からないと思います。ノーマルキャンバーの考えは3D的なロッカーには通用しません。常吉さんのJJを貸してみてはいかがでしょうか?直ぐ違いが分かるはずです。TSTはセットバックを多めに入れるとトップが浮きすぎて後傾になり、飛行機が離陸時にパワー不足で失速するような感じで、POWDERで走らなくなります。今のところJJのセットバックはあり得ますが、TSTは長めの板でも結構乗れてしまいます。YUMIさんはいきなり良い板を乗ってしまったので、比べる板が無いのが不幸でした。春には分かるはずです。ブレーキのかかる雪でのゲレンデの滑りで、、、
追伸、ロッカーの滑りでは、基本トップを抑えるという動作は、あまりしないと思います。前後加重バランスは50%ターン角付けにより接地したトップに自然に加重されていきます。TSTはもう少し後ろよりですが、前になるようなことは他の板でも無いと思います。但し、トップが柔らかいとエッジが噛まず硬い斜面で暴れやすくなることはあります。出たてのBDの板がそうでした。前にも述べましたが、YUMIさんはロッカースキーの経験値が少ないので、今シーズンぐらいは様子を見た方が良いと思います。ボードをしていたYUKAさんにいろいろ聞いてみれば、また、違う意見も聞けるかも知れません。

shinさん、

詳しいご説明ありがとうございました。
ロッカーやフロントロッカーと荷重の関係を納得できたような気がします。

一応確認させてください。
「フロントロッカースキーはリアの接雪長が長く、前後のバランス点はノーマルスキーや前後ロッカーに比べて後ろにある。従ってややセットバックしてリア側に荷重を移した方がターンがしやすいが、パウダーでは逆にフロントが浮きすぎて失速する傾向がある。従って安易にセットバックせずに圧雪では少々後傾気味で滑るのが本来の姿。」
という理解でよろしいでしょうか。
質問ばかりで申し訳ありません。

今度jjとTSTwを交換してみるのも面白そうですね。

HOJIをsetoback25mm

答えになるか分かりませんが、HOJIをテストしてきましたので結果を報告します。ロッカースキーは本来POWDERでの滑りを考えて考案されたスキーです。POWDERでの前後バランスが重要で、それにより、推奨位置が決められています。フリースタイルはゲレンデだと思ってください。私はPOWDERでのバランス調整が、体重移動でテールの浮力がありすぎて中斜面で出来ないので、25mmセットバックしました。結果は、滑走バランス加重が50対50になり斜面に対して垂直に乗れるようになりました。雪質深さにより加重ポイントは変わってきます。当然浮き辛い雪の時は踵よりになります。POWDERではこれが基本です。ゲレンデでどのような影響が出たか次に述べます。HOJIはリバースキャンバーなので、TSTとはちょっと変わるかも知れませんが、こんな感じでした。推奨位置ではターン時板がたわみそのたわませ方によって小回り大回りと気持ちよくテールエッジに抜けていきます。ずらしもし易いです。25mmはたわむと言うより少し硬く感じます。たわんだ感じはありませんが小回りはし易いです。特にテールエッジが噛むので、角付けした状態からのずらしはし辛くらりました。短いテールを噛ませるためにさらに後傾気味になっているんだと思います。この状態で前に乗れば、ずれずれでターンコントロールが出来ません。それとスイングウエイトの違いは感じないのですが、ターン切り替えが遅くなったように感じます。ゲレンデは推奨位置の方が気持ちよく滑れました。目的はPOWDERなので友人も25mmHOJIをセットバックすることになりました。
TSTのテスターがもう少し下げた方が良いと言ったのは、深雪ディープPOWDERでの滑りがおもしろくなるので、述べたことで、メーカーがそうしなかったのは、ゲレンデでの扱い安さを考えてセットバックしなかったのだと思います。TSTをセットバックすれば、今より深雪重雪対応になると思います。しかし、セットバックする長さが問題になるのでどのような条件に合わせるかが課題です。失速すると言ったのは、セットバックを多めに入れると取り返しが付かないと言うことです。POWDER滑走ポイントで50対50はあると思いますが、雪質深さにより加重は後傾になり、その調整によって板を上手く浮かせて滑っています。私個人的な意見です。
常吉さんは、板に合わせてというか、雪質に合わせて自然に乗られてる方だと思います。ゲレンデスキーとは違って雪質深さによって自然に加重ポイントを変えている筈です。ゲレンデでフロントロッカーの板は後傾気味にならない板に乗ったことはありません。(私が試乗した板では)
※もう一つセットバックしてもゲレンデ加重は前になりません。私の例が良い例です。ゲレンデノーマルキャンバーを基準に考えてはいけません。何度も言いますが、
やはりセットバックした板にのってもらわないと理屈では分からないと思います。
ターンしやすいのはセンターです。
POWDERで滑りやすいのはセットバックとロッカーバランスです。細かく言えば板の太さ形状も入ります。
私も乗ってみないと分からないので、大きな事は言えませんが、、、

いろいろお疲れさま

12回めの乗鞍ですが、過去最高の天気でした。

4人のシュプール眺めてみて、自分のだけがターンの時
エッジを切れ込ませてますね。

今のパウダースキーは優雅に舞っているように見えます。
古いすべりなので、スキーが重なってしまい、太板は乗れまヘンです。

遅れましたが、今年もよろしく~です。

shinさん、

詳しい解説本当にありがとうございます。
setbackについていくらかかった気がします。
yumiさんにもこれを読んでもらいますね。(もう読んでるかな?)

ところで5日は私も急遽かぐらに行ってきました。
北はサラサラで深いいい雪でしたねぇ。


杉さん、

先日はお世話になりました。
天候に恵まれ稜線まで行けて良かったです。
山頂まで行きたい気もしましたが、あれから上はカリカリで滑りにはなりませんものね。

急なエッジングをしないでスムーズに板を回す事は私も意識的に練習していますが、一度付いた癖はなかなか治りません…。

本年もよろしくお願いいたします!

かぐらニアミス

4日5日かぐらでテストしていました。5日は前日のドカ雪が締まって、最高のコンデションでしたね、さすがに良いときは逃しませんね!4日は午前中PON2OONでも浮かない雪で午後から少し締まりあっという間に荒れてしまいました。

shinさん、

いやぁ、5日は凄く良かったです。
かぐらで正解!

4日にかぐらBCに入った人は胸ラッセルで行動不能だったそうです。
かぐらはスゴイですねぇ。