二子山中央稜登攀

11月3日 【二子山西岳中央稜】Ⅲ-(最高ピッチグレードⅤ)
              参加者:深澤・S嬢、石川・常吉(熊谷山旅会)


DSCF0021-s1-s-s1.jpg

関東地方のフリークライミングの聖地、二子山。雨の日でも濡れないというかぶった前傾壁には全国からトップクライマーが集まってきます。


5.12から5.14の超高難度のルートがほとんどで私達が登れるようなルートは極僅かなのですが、その中にある全7ピッチのマルチピッチルートを登って来ました。2003年の私の記録にはアルパインルートと書きましたが、よく整備されたゲレンデのマルチピッチクライミングと言った方が適切かもしれません。


今回は深澤・S嬢ペアが深澤オールリード、石川・常吉ペアがつるべということでお願いしていましたが、老獪深澤さんの手練手管に陥されS嬢もつるべで登ることになりました。 

急遽セカンドのビレー手順を確認するS嬢
Hutago2007_1103AB-s.jpg


第1ピッチ(Ⅳ)石川リード (深澤リード)
Hutago2007_1103AC-s.jpg
今や11aならオンサイトレベルになってしまった石川さんは難なく登りましたが、私は下部で足が決まらず意外な思い。自分にムっとしましたが、ここはアルパイン用に履いたボリエール・ディアブロのせいにしておきましょう。浅い凹角を直上後、右手のレッジを乗り越しトラバースすると大きなテラスが終了点です。

1ピッチ目終了点でビレーする石川さん


Hutago2007_1103AE-s.jpg


第2ピッチ(Ⅴ-)常吉リード (S嬢リード)


フェイスを左上した後、カンテを右に回りこむのが正規ルートですが、トポも読まずに来たためカンテ左の支点に誘いこまれてしまいスタック。下の写真の右側に見えるスラブに這い上がるルートですが、手がかりが全くなく上がれません。フリークライミングならフォール覚悟でのトライも有りかもしれないが、そんな勇気も出ずに一旦クライムダウン。こんな難しい訳はないと思いレッジ右手を覗き込んで見ると易しい凹角のルートが開けていました。

2ピッチ目凹角をリードするS嬢

Hutago2007_1103AK-s.jpg


第3ピッチ(Ⅴ)石川リード (深澤リード)

Hutago2007_1103AG-s.jpg
核心のコーナークラック。前を登っていた女性が核心手前で早くもフォールし、あえなくロワーダウン。「目の前で落ちて緊張させてごめんなさい。」と何度も謝っておられたが、大丈夫です。緊張感はありませんでした。


前回は手足同時A0で登った核心部、今回は特に苦労することもなくフリーで通過。後で聞いたらS嬢もヌンチャク掴んでレストはしたものの、ちゃんとフリーで登ったそうだ。みんな確実に上達している。


第4ピッチ(Ⅳ-)常吉リード (S嬢リード)


大テラスから右→左と大きく回りこんでハングを抜けるルートですが、ボルダリングチックに大岩を直上してハング下へ。この方がロープの流はいいし、ずっと楽しい。深澤パーティーはこれ以降全てS嬢リード。
「おーいS~、こっから先はオールヌードで行けぇ!」
「はーい!」
このやり取りに後続パーティーの期待はいやがうえにも過熱したそうですが、もちろんオールヌードじゃなくてオールリードです。


第5ピッチ(Ⅳ)石川リード (S嬢リード)
Hutago2007_1103AN-s.jpg
2本のルートが平行していますが、オリジナルの左側を登りました。写真の三角ハングの回り込み、易しいですが一応核心。


第6ピッチ(Ⅲ+)常吉リード (S嬢リード)


易しいだけあって支点は少なく、たまにあっても錆びたハーケン。ピナクルにシュリンゲをかけて支点を作って登りました。


第7ピッチ(Ⅱ)石川リード (S嬢リード)
ほとんど歩いて登るようなピッチ。4ピッチ連続でリードしてきたS嬢はさすがにロープの引き上げが大変そう。先に登り終わって荷を解いていた我々は風呂上りのような格好で最後のビレーを見物させてもらった。


Hutago2007_1103AT-s.jpg


Hutago2007_1103AW-s.jpg


二子山西岳中央稜、岩も支点もしっかりした好ルートです。

やってみるとやはりいろいろと課題が出てくるマルチピッチ、まだまだやりこまにゃなりません。

関連記事

コメント

非公開コメント

あら

今週末行くんですよっ
改めて参考になりました(w)

知ってたよ、行くの。
2ピッチ目のルーファン、気を付けてね。意識してないとつい左に行きたくなるけど、相当上手くないと無理。
私は幕岩行ってきます。塾長さんも参加です。

kuroさんに教えていただいておじゃましました。
先行させていただきました、「3ピッチ目でフォール女」です。
その節は、大変お世話になりました。
いろいろと声をかけていただき、有り難かったです。

2P目、3P目より難しいとあとで先輩と話していたのですが、
こちらが登ったルートが悪かったのですね。
今回は、正規ルートでないところを登り過ぎました…。

またおじゃまさせていただきますね。

奇遇

ニシさん、ようこそ!お互いkuroさんと知り合いだったとは奇遇でしたね。

山のブログ拝見しました。いやぁ、山の指向・嗜好が私とそっくり。それに凍傷になった山も、患部も、金田先生に治療して頂いたのも一緒。違うのは切ったかどうかくらいかな。

話は戻って二子山。第2ピッチはカンテの左のフェイスからスラブへ這上がったんですね。すごいなあ!トップの先輩。第3ピッチを見ていて上手な方だとは思っていましたが、想像以上ですね。あの方には他にも感心する事があって帰路の車内で話題にしました。

これからもよろしくお願いします。よかったらHPにもおいでください。