横岳西面小同心クラック登攀(1)

10月20,21日【小同心クラック】W/juqchoさん、ツジタ夫妻

***************************************************************
20日晴れ時々曇り
美濃戸(やまのこ村)12:12→13:42赤岳鉱泉(泊)
21日快晴
赤岳鉱泉6:32→(開けた尾根上で装備装着)→8:10小同心クラック基部8:45→10:40横岳山頂10:50→大同心稜下山→12:45赤岳鉱泉13:15→14:20美濃戸(やまのこ村)

***************************************************************
juqchoさんのお誘いで八ヶ岳の小同心クラックを登ってきました。

今回が本チャンデビューのツジタ夫妻、実はシロートじゃなくてYOKKOさんは「穴社員」とか「コンケーブ」を登れる3級ボルダラー。サトやんに至っては1級ボルダラー。格違いのご夫婦と一緒に登るのかと思うと少々緊張します。

秋色に染まる北沢登山道。今日は赤岳鉱泉までなのでのんびり歩いても1時間半です。風邪で水木2日間伏せっていた身には丁度いいリハビリ。
Shodoshin_0002.jpg 

八ヶ岳が見えてきました。 私の薬指を奪った憎っくき山。ウソウソ、何の感慨もありません。先っちょだけだしね。
Shodoshin_0005.jpg 

赤岳鉱泉の背後にそびえる中央の三角が大同心、その右のピークが小同心です。横岳は小同心の左奥にポチッと顔を出していますが、この写真ではわかりませんね。
(マウスオーバー)
 

初めて泊る赤岳鉱泉は山小屋というよりはまるでペンションのような洒落たインテリア。その上、係の者がこちらですと部屋までご案内してくれてびっくりです。どうせなら三つ指付いてくれればいいのになぁ、とはjuqchoさん。

荷物の整理もそこそこに、洒落たディスプレイで飾られた明るい談話室に行って入山祝い。お二人のボルダリングの話やjuqchoさんとの来年のアルパイン計画などで盛り上がりましたが…、何故か暖房が点いていなかったので冷え切りました。
PA200013_1.jpg  
 
パブリックスペースもいい感じだし、熱いお風呂も快適でした。だからか、山ガール比率めちゃ高し。 (翌日美濃戸でお三方と別れた後、同宿だったという二人の美人山ガールにナンパされちゃいました。へっへっへ、いいでしょ。)

食事時のテーブルはグループ毎。もう別世界です。            Photo juqcho
PA200021.jpg 

昼飯抜いときゃ良かった…。  
Shodoshin_0015.jpg

見ての通りサシが利いてホント美味しかったです。これで栄養付いて風邪治るかなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント