金沢の夜 第一夜

9月10日【いたる本店】@柿木畠(香林坊そば)

当りかな?外れかな?
口が肥えた上司と一緒なのでドキドキです。
JSME_KNZW_0002.jpg

能登の地魚が自慢の大衆居酒屋。
JSME_KNZW_0001.jpg  

まずは採れたてサンマとコリッコリのツブ貝から。こりゃぁ、お酒進んじゃいますわ。
JSME_KNZW_0003.jpg 

カウンターもテーブルもすぐに満席になりました。後から続々やって来て入れないお客さんにはわざわざ支店に電話して空いていればその都度そちらに案内していました。予約をしておいて正解。

忙しいせいなのか、こっちの進み具合を見ているのか、ポッツリポッツリと出てくるペースがいいです。いっぺんに並べられるのは苦手です。

表面の本当に僅かな部分にだけ酢を利かせた浅〆のサバ。いつもあるわけじゃなくて、いいサバが入った時だけだそうです。東京あたりの私が行くような店じゃ食べられない絶品でした。
JSME_KNZW_0007.jpg 

もちろん本場のノドグロも。時々利用している池袋六角のノドグロも美味いけどやっぱり本場は違うわ。口に入れるとほんのり甘みがただよいます。
JSME_KNZW_0011.jpg 

加賀野菜というのがあったのでどんな物か頼んでみました。
↓は「加賀太きゅうり」と言うそうです。きゅうりというよりも原種のウリに近いのかな。私は美味いとは思いませんでした。他に「金時草(きんじそう)」の酢の物。これも味より食感勝負でした。
JSME_KNZW_0004.jpg 

これは6人の男が育て上げたという能登豚の温玉角煮。能登豚という名に惹かれて頼んだのですが、美味しい豚に卵が邪魔かも。
JSME_KNZW_0005.jpg

JSME_KNZW_0006.jpg 

しかし金沢は本当に食が豊かですねぇ。

大将も板さんも笑顔が絶えないとっても感じのいい方達でした。普段不義理している家内とこの冬に再訪する事に決めました。
JSME_KNZW_0012.jpg 

今夜はいい所へ連れて来てくれたとご機嫌の上司が大半払ってくれました。いい歳して奢られるのは恥ずかしいのですが、聞き入れてもらえず私は半端分だけ。大層ゴチになりました。
関連記事

コメント

非公開コメント

美味しそうですね〜! うらやましい!
金沢にはしばらく行っていません。
お魚も美味しそうだし、手取川や天狗舞も美味しそうなものが入っていますね!

くーぺきゃんぱーさん、

いつもコメントありがとうございます。
金沢、最高です。

私的には金沢>仙台>札幌・富山・博多・小倉です。
そして美味しい魚にはやはり日本酒ですねぇ。