白根御池小屋まったりハイキング

9月1,2日【白根御池小屋ハイキング】@北岳山麓
W/ももちゃん

1日 広河原9:55→12:00白根御池小屋(テント設営)12:45→13:00二又→13:45 B沢出合14:05→15:30白根御池小屋(泊)
2日 白根御池小屋8:25→9:45広河原

北岳見えませんね。でも今回は白根御池小屋までのまったり宴会系ハイクだから、どうでもいいんですわ、そんなこと。
P1130519.jpg 

小屋まではたったの2時間のハイキング。

幕営準備が終わってすぐに宴会を始めたんじゃ幾らなんでも飲みすぎちゃいます。読図練習を兼ねて近所の散策に行くことにしました。
P1130522.jpg

テン場から丁度1時間でこんな危ない大岩を見つけました。二又より上流で左岸に入り込んでくる4本の枝沢は地形図には表現されないので図上での現在位置特定が難しいんですが、ももちゃん正解!!
P1130523.jpg 

枝沢には×印がいっぱい書かれていましたが、ここがきっと山頂への時空の歪みに違いないと思って登ってみることにしました。もう何度も通ってるんですけど、儀式です。

岩肌に埋め込まれていたプレートをももちゃんが興味深そうに見ていましたが、私は遠慮。
P1130524.jpg

おっ、一瞬ガスが晴れて険悪そうな岩壁が顔を覗かせました。 (残念ながら写真にはうっすらと影でしか写っていません。)
P1130525.jpg

一応探検が済んだので後はテントに戻ってお楽しみ。
高いけどやっぱ生ですな。
P1130526.jpg

いつもはアルファ米とアマノのドライフーズだけなのですが、今回はまったりハイキングなので白ワインとミモザチーズで始まるイタリアンフルコース。チンネの時より総重量重くなりましたけど、がんばりましたよ。

長い事飲んでしゃべって19時就寝。
深夜、保守本流・本家本元のフクロウがテントのそばの木にとまって
「ゴロスケホッホ、フー、ボロ着て奉公、フー」
まったりハイキングにふさわしい静かでとても平和な夜が更けていきました。

翌日は自然に目が覚めるまで寝て、のーんびりお茶して優雅に朝食を食べたらお風呂目指して下山です。
P1130528.jpg 
決して夜中の2時とか3時とかに目覚ましなんか合せてませんから。

…(涙)。
ももちゃん、また行くぜ!!

B沢の大岩の下は散乱した落石でビバークができなくなっています。 またDガリー奥壁を登ったパーティーは取り付きに残っていた生々しい痕跡を見てとてもショックを受けたとの事でした。

関連記事

コメント

非公開コメント