プチ遭難顛末記

8月25,26日【三つ峠山屏風岩 岩トレ】快晴
W/ももちゃん

ももちゃんと三つ峠に岩トレに行ってプチ遭難を引き起こしたので報告します。
Titsutoge_momo_0001.jpg  

ももちゃんとはジムで毎週毎週一緒に登っているのですが、未だ外ではロープを組んだことがなかったのでギアの確認とマルチ手順のすりあわせをしておくことが目的でした。

夏の本番シーズンなので岩場に人影はないかと思っていたのですが、いるんですねぇ、7,8パーティーが入っていました。暑い低山なのにハイカーも大勢。

まずは一般ルート中央(Ⅳ+ ☆☆)でももちゃんのお手並み拝見。 とか言ってたらフォローのワタシ、大勢のギャラリーの前で落ちましたわ。
Titsutoge_momo_0005.jpg

第一バンドまで登ってからの2ピッチ目は私のリードで「クーロアール」(Ⅴ ☆☆)につなげました。 文字通りクーロアールを直登するのですが、微妙な部分もあって面白いルートでした。キャメ#3使用。
ももちゃんは核心の一手以外は意外なスピードでフォローしてきて、なんだよっ!?ってな感じ。

会の先輩に鍛えられてアルパインも谷川2本と八ツ峰Ⅵ峰Aフェースで経験済み。マルチの手順も岩登りも問題ない事が自分の目で確認できたので次は少し難しい観音右ルートをリードしてもらうことにしました。

取り付きから見上げる観音ルート(Ⅴ- ☆☆)
ハングで頭を抑えつけられてから左のカンテに移る所が核心でしょうか。何度もムーブを探ってみるのですがなかなか決心がつかない様子。
「ももちゃん、代わろうか?」
降りません!
Titsutoge_momo_0010.jpg

絶対グランドフォールさせないためにこっちもビレイに力が入っていました。Titsutoge_momo_0008.jpg 
ちょっと緊張させられましたが、ムーブをきっちり解決してA0をする事もなく登って行きました。 パチパチパチ…。ただし、目の前のピンの位置ではなくルート全体の方向を観察してロープを掛けようね。

第一バンドからは十字クラックかNo.10.5クラックにつなげて登るつもりでしたが、幾ら目を凝らしても残置支点が見えません。整理されてしまってオールナチュプロになっていたらカムが足りなくなるかもしれないので今回はパスして懸垂。

最後は中央カンテ4P(Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ+,Ⅳ ☆☆☆) 
核心のクラック(3ピッチ目Ⅳ+)をまだリードした事がないということだったので、奇数ピッチももちゃん、偶数ピッチ私のオーダー。

2ピッチ目をフォローのももちゃん。
Titsutoge_momo_0011_2.jpg  

核心のピッチもちゃんとキャメを決めて余裕で登って行きました。私はセカンドだったので側壁を封印して手足ともクラックだけで登ってみましたが、やっぱ下手糞。

そして高度感たっぷりの終了点。
Titsutoge_momo_0013.jpg 

明日もここで練習なのですが、アプローチでのトレーニングも兼ねて一旦下界へ下りることにしました。

下山が遅かったので1000円の元を取って温泉寺を出た時はもう8時。今から買い出しをしてBBQとかするのが億劫になったので今宵の寝ぐらから30分ほどの所にあるほうとう屋さんを目指して歩いていると…、

「**さん、ここちょっと気になりません?」
Titsutoge_momo_0019.jpg  

実は私も民家そのまんまに大きな看板だけ出している奇妙な外観とか、停まっている半端無い車の数とかに目が釘付けになってました。でもまさかこんな居酒屋好みじゃないだろうと思って黙っていたんですが、嬉しい事にオヤジ系たっぷり入ってたんですね。

いやぁ、大正解! 安くて美味いものとお酒が好きな方は騙されたと思って是非に!ただ、地元客で満席の可能性大ですが。

ももちゃんセレクト。
Titsutoge_momo_0016.jpg

しかし1本道だったはずの帰路、なぜかロスト。人気の絶えた街をキツネにつままれた気分で1時間も彷徨ってなんとかBC帰着。
地形図もコンパスも持ってないし、もー遭難かと思いましたよ。


翌日もおんなじような練習だったので省略しますが、2日間も岩トレやるとさすがに飽きちゃうのでアブミでも持って行けば良かったなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント