12GW 黒部源流スキー縦走 滑走編2

【The Day 3】  4月30日 曇り一時雨  (北ノ俣岳 黒部川渡渉 雲ノ平 高天ヶ原 温泉)
11/12シーズン滑走28日目 W/まっちゃん
Manaslu(161cm), TLT Speed Radical, TLT5, Speed Skin
まっちゃん:Mustagh Ata(165cm), Onyx, Radium, Speed Skin

太郎小屋7:35→9:05北ノ俣岳9:27→東斜面滑走→10:30黒部川・赤木沢出合→赤木沢SB渡渉10:53→11:30黒部川渡渉11:52→無名沢・祖母沢ハイク→14:50雲の平2576P15:00→16:10高天原山荘16:22→滑走→16:50高天原温泉BC

昨日の偵察で金作谷を完全滑降して秘境薬師見平にテントを張ることをあきらめ、今回の主目的を水晶岳東面カールの滑走に変更。今日は赤木沢出合付近で黒部川を渡渉して雲ノ平経由で高天ヶ原温泉まで移動することにした。

同宿の皆さんと。
12GW_Kurobe_Ski0074_1.jpg 
 
朝食後、2日間快適に過ごした小屋を後にしてカチカチに凍った雪面にクトーを効かせながら北ノ俣岳山頂へ向かう。日も差していないし今日は修行系の滑りになりそうだ。

北ノ俣岳稜線から見る赤牛岳~水晶岳の西面はGWとは思えないほど雪が少ない。
Ryosen.jpg

北ノ俣岳山頂。なんとか今日1日天気がもってくれるといいのだが。
12GW_Kurobe_Ski0080.jpg 

6泊7日テント泊全装備を背負ってのアイスバーン修行滑走の覚悟を決めて東面にドロップすると、なんと神の微笑み、極上ザラメが待っていた。 今日のように太陽が隠れている日でも斜面の向きでこれほど雪の状態が違う事に驚いた。
12GW_Kurobe_Ski0083.jpg 

12GW_Kurobe_Ski0084.jpg 

予想外の大アタリ!!
広大な斜面にたったの二人、思い思いの孤を描いて朝から笑いが止まらない! 
12GW_Kurobe_Ski0085.jpg

赤木平南側ピークからは東へ伸びる尾根のツリーランで黒部川・赤木沢の出合を目指す。
12GW_Kurobe_Ski0086.jpg 

しかし下り立った黒部川は案の定水量が多く、渡渉したら腰まで浸かりそう。素っ裸での渡渉などごめんなのでいったん赤木沢をスノーブリッジで越えて黒部川左岸を少し上流へ行ってみることにした。

赤木沢は出合のすぐ上に残っていたSBで越えた。
12GW_Kurobe_Ski0087.jpg 

黒部川左岸を数分も歩くと、おあつらえ向きの渡渉点が見つかった。

中州までの小さなスノーブリッジはまっちゃんが乗ったとたんにつぶれて水没。続く私は神頼み。
12GW_Kurobe_Ski0088.jpg 

中州から先は浅瀬を選んで膝までの渡渉。12GW_Kurobe_Ski0089.jpg 

ちなみにこちらは昨年GWの上の廊下の渡渉シーン。この時は沢用ネオプレーンのソックスと 安物のウォーターシューズで快適に渡渉したが、今回は軽量化のために素足にビニール袋を巻いてブーツのアウターだけで渡渉。ほんの僅かな距離だったが水の冷たさは半端ではなく、指先が痺れるように痛かった。
 Trans_kurobe0036.jpg

渡渉が終わって対岸の無名沢に入り、その源頭部から祖母沢を詰めて雲ノ平を目指す。この頃雨がパラパラと降り始め、今日はここまでかと一時あきらめムードが漂ったが、幸いすぐに上がった。

黒部五郎岳をバックに祖母沢の広い源頭部を詰める。雲ノ平はもうすぐそこだ。
12GW_Kurobe_Ski0092.jpg 

雲ノ平から見る水晶岳西面。明日滑る東面にはしっかり雪が付いていればいいのだが。 12GW_Kurobe_Ski0094.jpg 

この時期の雲ノ平は無味乾燥な雪の砂漠。荒涼とした大ざっぱな地形が広がる台地は吹雪の時には難所となるだろう。

2576Pから高天ヶ原目指してGO! 
写真から先は適度に斜度が出て快適なオープンバーン滑走となる。ここは 一昨年逆コースを登りながら気持ち良さそうだなぁと思っていた斜面。願いがかなった。
12GW_Kurobe_Ski0095.jpg 

中間部から下は尾根を外した急な疎林帯の滑走。樹間の広い快適なツリーランだったが、岩苔小谷のすぐ上まで標高を落してくるとさすがに雪が重くなってきた。
12GW_Kurobe_Ski0096.jpg 

岩苔小谷を渡った高天ヶ原は緊張感がほぐれる穏やかな別天地。 雨に掴まってもここならもう安心。
12GW_Kurobe_Ski0101.jpg  

高天ヶ原山荘手前の雪原。夏は高層湿原が広がっているのだろう。
12GW_Kurobe_Ski0105.jpg

高天ヶ原山荘からは温泉を探して今日最後の滑走。
12GW_Kurobe_Ski0106.jpg

温泉沢左岸に見つけた天然温泉を整備するまっちゃん。急な雪壁の登り降りがちょっと面倒。
12GW_Kurobe_Ski0147.jpg 

温泉の雪壁の上から見るBC。
「日当たり良好、天然上下水道完備。源泉かけ流しの貸し切り温泉まで徒歩1分。」
12GW_Kurobe_Ski0146.jpg 

明日は本命の水晶東面のカール滑走です。
関連記事

コメント

非公開コメント