立山初滑り

11月24-26日(金~日) 【室堂周辺】
17/18シーズン4日目(山2/ゲレンデ2)
Weapons/Armada JJ, TLTSpeed Radical, TLT6 performance

24日温泉と宴会
25日 CTVE@20cm
DSCN854320171125_6_R.jpg


DSCN854620171125_9_R.jpg

26日 CTE8@20cm
DSCN855520171126_18_R.jpg

不完全燃焼…

Good-bye Fit Shuttle

今夜から立山。
週明けからは海外出張で次に帰宅したときにはもうこの車はいなくなっている。
DSCN8537Shuttle20171123_11_R.jpg
買った頃は明けても暮れてもクライミングだったので、こんなナンバーを付けていた。

しかし、大のお気に入りだったAirwaveからの進化を感じられた点が一つもなかったどころか、5ATの採用によって燃費もドライバビリティも逆に大きく悪化していたということと、ディーラー担当者が間違ったグレードを納車したという不幸な生い立ちもあって、余り気に入っていませんでした。(AirwaveのトルコンなしCVTのダイレクト感も燃費も非常に満足していました。)

DSCN8536Shuttle20171123_10_R.jpg

でもコンパクトカーとは思えない広大なリアスペースはAirwave譲り。大の男3人で寝たこともあったし、5人での宴会はテントよりもずっと楽ちん。車泊ファンの間では「迷ったらFit Shuttleにしておけ」と言われていると聞いたことがある。
DSCN8529Shuttle20171123_3_R.jpg

4年半、7.6万km、私の山の足を支えてくれた。
DSCN8532Shuttle20171123_6_R.jpg

冷やかしで下取り価格を調べたらそこそこの値段が付くということが分かったことと、乗り続けるためには夏タイヤもスタッドレスも交換しなければならないため、思い切って買い替えることにした。

文句ばっかり言ってきたけれど、やはり愛車との別れはちょっと寂しい。

考えてみたらマナートラブル一つなかったな。
ありがとう、FIT SHUTTLE!


(燃費、ドライバビリティの悪さは古い5ATを採用した4WDバージョン独特の現象です。同世代のFITと同様のメカを持つFFやHEVバージョンではそんな事はないと思います。)

元祖暗闇ビストロ

【ダム ジャンヌ】@神泉

暗い、料理が出るのが遅いと評判のビストロ ジャンダルム ダムジャンヌ。
YDSC_1277_R.jpg

YDSC_1278_R.jpg

暗いのはオレの下心だからいいんだけど、悲しいことに手書きのメニューが見えん…。
YDSC_1279_R.jpg

遅い遅いと言われてる料理の間隔、飲兵衛二人にはちょうどいいじゃん。
でも?、だから?赤2本いっちゃった。 あっ、いつもの事か。
YDSC_1280_R2.jpg


今日も付き合ってくれてありがと!






ダムジャンヌ、雰囲気いいし奥さんもとても感じがいいしまた来ます。



Snow Express

今日BMW X1 (E84 LCI) xDrive 20i Sportを落札しました。
2年落ち(新車保証継承)、2.2万km走行、Z4と同じくワンオーナー、ディーラー管理車、評点5。
今回も信頼できる中古車屋さんはいい仕事してくれました。
Image_786cf48_R.jpg

プレミアムブランドのくせにプアと評判のこの車の内装ですが、モデル末期のこの個体にはちょっとお洒落でスポーティな演出がされています。まだ現車を見ていませんが、悪くなさそうです。
スライド2_R

Z4と全く同じエンジンで、車重が170kg重くて、ギアレシオ(ファイナル)が2.5%低くて、空力は当然悪くて、そのうえ4駆。
なのに燃費が0.2km/L良いってどういう事?(アイドルストップとタイヤの若干の違いにはこれらのネガを打ち消す力はありません。)
認定マジック??

ディーラーの2年点検を通ったばかりですが、念のため修理工場に入れて重要部分のチェックしてもらい、再コーティングして、スタッドレスに換えてもらって納車です。年内には来るかな。

これで冬も駆け抜ける歓び!
(前にも書きましたが決してBMWファンじゃありません。葛藤と妥協の産物です。)


2017.10.25裏妙義風穴尾根再訪

11月4日【裏妙義風穴尾根】
W/スガー

***************************************************
2006年12月に当時はにこちゃん'sの記録しかなかった風穴尾根を踏破した。その時は失われた登山道に拘って鶴峯山へ沢沿いにルートを見出したが、今回は鶴峯山まで最も合理的と思えるルートを辿ってみた。
***************************************************

コースタイム
国民宿舎跡7:40→9:50鶴峯山9:58→11:38風穴11:43→12:48風穴尾根の頭(登山道)12:55→13:05三方境→(14時半くらい?)国民宿舎跡

いつもしつこく書いてますが、妙義のバリエーションはフィジカル的に困難なところは少なく、楽しみは地形の弱点を突いたルートファインディングにあります。逆に言ってしまえばルートファインディングなしには妙義のバリエーションの価値はありません。本ルート上にも赤テープが2か所にありましたが、これ以上は絶対増やして欲しくないと思っています。仮に1回で行かれなかったとしてももいいではないですか。苦労が多ければ多いほど達成感は大きくなります。
星穴岳の惨状を繰り返さないことを妙義ファンとして切望いたし、心よりお願い申し上げます。


国民宿舎跡から見る鶴峯山(左)とジャンクションピーク(右)。ここから見ると同じような高さに見えるがJPはずっと低い。
HKSGWIMG_0001_R.jpg 

最も合理的と考えられるルートを取ったら、ルート上には思わぬサプライズプレゼントがありラッキー!
ただしルートに取り付いてすぐに謎の怪獣ドドドに脅かされ、取付き敗退の文字が一瞬頭をかすめた。結局妖獣の正体は不明だったが、スガーと私の見解は異なった。何だったんだろう。
20171104_4_R.jpg 

ルーファンもクソもなく、難なく鶴峯山の岩壁基部へ到着した。
FKSGWIMG_0005_R.jpg 

サービスショット。
20171104_12_R.jpg 

これもサービスショット。
FKSGWIMG_0009_R.jpg 

20171104_19_R.jpg 

11年ぶりの鶴峯山山頂にあっけなく到着した。
FKSGWIMG_0014_R.jpg

眼下にはジャンクションピーク。ここには2005年にルートを間違え苦労の末にほぼ山頂まで到達している。
20171104_26_R.jpg

2013年に登った御殿風穴陵(右下から続いている陵の立上りまで。そこから先はクライミングルート)。
ここも面白かった。
20171104_24_R.jpg

鶴峯山から先はただ尾根を追うだけだけれど、当然行く手を塞がれるのでその都度地形の弱点を探して行きつ戻りつ。

懸垂下降したり、
20171104_32_R.jpg

地の底から這い上がったり。
FKSGWIMG_0021_R.jpg

地形の弱点を突きすぎてしまって、前回お尻がスースーするスリルを楽しんだ稜線歩きがどこだかわからないままに風穴に到達してしまった。でも正解がないのが藪山歩き。これでいいんです。
FYSGWIMG_0025_R.jpg

無事到着。
FKSGWIMG_0028_R.jpg 

妙義らしい風景です。
FKSGWIMG_0031_R.jpg 

風穴尾根の頭で登山道に出合い、そこで装備を解除し、三方境を経由して国民宿舎跡地へと向かった。
FKSGWIMG_0036_R.jpg 



宇都宮でビストロに感激!

11月10日【Naomi Ogaki】東武宇都宮駅近く

元後輩二人と宇都宮で評判だというビストロへ。
この何年も外食が多すぎて食に感激することがめったになくなってしまったのですが、今夜は感激でした。
自慢に聞こえるでしょうけれど、現役時代にフランスに出張する機会が多い年が何年も続きその間随分と素晴らしい思いをさせてもらったのですが、結局胃に重い本格フレンチに辟易してしまい以後ずっと敬遠していました。
しかし今夜は本格コース料理ではなくビストロということもあって、とても気に入りました。

NamiOgaki20171112_1_R - コピー

NamiOgaki20171112_2_R - コピー

NamiOgaki20171112_3_R - コピー

NamiOgaki20171112_4_R - コピー

NamiOgaki20171112_5_R - コピー

NamiOgaki20171112_6_R - コピー

NamiOgaki20171112_8_R - コピー

うーん、いい店に連れてきてくれてありがとう!
またよろしく!!

なまはげショー

 11月9日【なまはげ銀座本店】 銀座8丁目

秋田県出身の元同僚の見立てで、秋田郷土料理の銘店へ。

なまはげショーのせいか欧米系のビジネスマンも目につきました。
NMHGDSC_1257_R_R.jpg

秋田料理はあまり縁がなかったのですがどれも美味しかった。
NMHGDSC_1251_R_R.jpg

本場行くよっ!

Drive & Glide No.2

11月13日(月) 【軽井沢プリンスホテルスキー場】
17/18シーズン2日目(山0/ゲレンデ2)
Weapons/Fischer Superior SC PR, Fischer RS11, Salomon Energyzer 100

定位置。
20171113_1_R.jpg

先週あれだけ練習したのに全バックル解放の最初の数滑りは元に戻ってた。まだまだ練習が足りない。
20171113_4_R.jpg

帰りはR18碓氷峠越えから妙義山を越えて富岡ICまで摩擦円をイメージしながらコーナリングワーク。一度だけスッと曲がった気がするけど、気のせいか…。
ストイックなポジション矯正練習よりも往復のオープンエアドライブの方が楽しい…。
20171113_9_R.jpg

頭寒足熱。
オープンには素晴らしい季節です。
20171113_15_R.jpg


オープンカーで初滑り!

11月7日(火) 【軽井沢プリンスホテルスキー場】
17/18シーズン1日目(山0/ゲレンデ1)
Weapons/Fischer Superior SC PR, Fischer RS11, Salomon Energyzer 100

去年より1日遅いシーズンイン。
往復はコイツでオープンエアドライブ。オープンにはいい季節になってきた。
Z4DSCN8494_R1_R.jpg

スキー板や道具一式積んでオープンで走れる2座ロードスターってそうそうないはず。
それだけでなく、この車には急ブレーキを踏んでも板がインパネに衝突するようなことがないように設計されたスキー搭載キット(オプション)が付いています。例えスキーに行く時でもオープンで走りたいっていう要求がメインマーケットのアメリカやドイツにあるってことでしょうね。そのくらいオープン走行は気持ちがいいです。
Z4DSCN8495_R1_R.jpg

今まで退屈で眠いだけだったスキーの往復がまさに”駆け抜ける歓び"に変わりました。
運転がメチャメチャ楽しいです。この車を買って良かったと心底思っています。
Z4DSC_1245_R.jpg

BMWはFRながらこだわりの50:50重量バランスで雪道にも弱くないと言われていますが、さすがにこの車は地上最低高が低くてとても無理。しかしFRの駆け抜ける歓びを知ってしまったらもうFFベースの4駆には戻れません。本格シーズンのためにxDriveの出物待ち中です。

最初の1時間の慣熟滑走の後は板に乗る位置を矯正するためにブーツのバックルを全て外して滑走練習。
Z4DSCN8501_R1_R.jpg

あれっ、2年前やじぃに初めてこれやらされた時には全くできなかったのに、ほとんど違和感ないじゃん!
少しは進化してるのかな??

DSCN8503_R1_R.jpg

いい1日だった。

速報 妙義バリ二題

4日、5日にこの時期恒例の妙義のバリエーションに行ってきました。

4日
裏妙義風穴尾根再トレース(W/スガー)
2006年に失われた登山道に拘って沢絡みにルートを見いだしたのですが、今回は地形図上で一番合理的と思われるルートを選択。お陰で鶴峯山の絶壁基部まではあっという間に到達できました。そこから先はもう少し尾根上に拘っても良かったかもしれないけど、もうクライマーではないのであれでよかったのかも。

5日
裏妙義谷急山(やきゅうさん)「失われた直登ルートを求めて」(W/Lジョニ、マッキー夫妻)
並木沢左岸尾根アップ→北陵(谷急沢右岸尾根)ダウン。
うーん、怖かったぁ。

今週中にアップ予定。

モーターショー&ドリンク

車熱が高じて先日久々に東京モーターショーに行ってきた。

でもスーパーカーはおろか、イタ車も出ない、英国高級車も出ない。もちろんアメ車も韓国車もお見限り。
なかなか見る機会がない車を見られるのがモーターショーのいいところなのに。
自動車市場としての日本の凋落をめっちゃ感させられて寂しい限りでした。

そんな中でもポルシェだけはどの車をとってもワクワクドキドキ。
P_20171101_165313_R.jpg

そして書いておかなきゃならないのは、我が愛車の後継モデルとなるNew BMW Z4(コンセプトモデル)。
全く心に響きません。
P_20171101_140738_R1.jpg

見たい車が少なかったとは言え、とても楽しい時間だった。

帰りは池袋の牡蠣小屋四喜で軽く一杯、のつもりだったが…。
TMSDSC_1236_R1.jpg

牡蠣と漢方和牛という珍しい取り合わせのお店。格安シャブリがイマイチなのは仕方ないか。
TMSDSC_1237_R1.jpg

路地を隔てた馬肉料理の店とお互い出前をし会っているので今週も桜ユッケ頂いた。



今夜は嬉しかった。
幸せな気持ちになってすっかり酔いつぶれてしまった。
TMSDSC_1238_R1.jpg