Z4が欲しかったんだ!

オープンカーが欲しかったんじゃない。
ましてやBMWなんかが欲しかったわけじゃない。


Z4が欲しかったんだ!


古典的ロングノーズショートデッキ、無駄の権化たるこのスタイルに惚れ込んでからずいぶん長い時間が経ちました。
Z4_20170803_19_2_R.jpg

惚れ惚れ…。
私の中でこの車と張り合えるのはToyota 2000GTとNissan Fair Lady Z (432)くらいかな。
ロードスターRFもスタイリングは文句なしにいいけど、ちと不便なような。


全高1290mmはHonda S660に10cmも負けていますが、1800mm近い全幅なので見た目のバランスは非常にいいです。ちなみに全長はFit Shuttleよりも15cm以上も短い4250mm。
Z4_20170803_21_1_R.jpg

でも、この娘はクーペが本業じゃなくて電動リトラクタブルハードトップを持つキュートなオープンカー!
だからこっちが本当の姿。
Z4_20170803_14_1_R.jpg

ハードトップはボタン操作ひとつ約20秒で開閉します。
Z4_20170803_15_1_R.jpg

40km/h以下なら走行中でも開閉できるそうなので突然の雨でも多少安心。
Z4_20170803_16_1_R.jpg

笑える。
Z4_20170803_8_R1.jpg

フロント 225/45/R17 
ランフラットタイヤは乗り心地が固いと評判が悪いのですが、鈍感な私には全く問題ありません。
むしろ心をくすぐられます。
前オーナーさんがこの車を屋内保管していたらしいことがこのタイヤの状況から推察されました。
Z4_20170803_12_R.jpg

リア 255/40/R17 
ホイールはクルージングエディション専用のタービンホイール。
Z4_20170803_11_R.jpg

これがドイツ車か?めっちゃオシャレな内装。
チャラ男としては本格スポーツ派の黒革シートが嫌いなので、この仕様と出会えて本当に良かったと思っています。
メモリー機能付き電動シートと真冬のオープン走行に大事な大事なシートヒーターは付いているのですが、これまた冬のオープン走行には大事なハンドルヒーターがない事が唯一残念。グローブで対応するけど、ビレイグローブってわけにはいかないなー。
Z4_20170803_7_R.jpg

車内はポケッテリア。(覚えておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、Honda Cityのキャッチコピーでした。)
ポケッテリアは大袈裟ですが小物入れが幾つかあり、使いようによっては重宝するかもしれません。
セカンドバッグや薄いビジネス鞄ならばシートバックの後ろのスペースにひょいと置けるので大変便利。
Z4_20170803_27_R.jpg

ゴルフバッグが積める310Lのトランクルーム。二人での小旅行には十分な大きさですが、オープン時は180Lと激減するので荷物の量によっては旅先でオープンできないという残念なシーンもありそうです。
Z4_20170803_23_R.jpg

スキー板2セットが中積みできるトランクスルー。手前に見えているのはスキー板の固定用具です。
Z4_20170803_25_R.jpg

車内を汚さないための専用スキーケースと傘入れが付いてました。
Z4_20170803_26_R.jpg

とまぁ、本格スポーツカーではないことがおわかり頂けたと思います。
ツーリングスポーツですね。

特に私のは近年のダウンサイジング過給ブームに乗った4気筒2L、まさに名は体を表すクルージングエディション。最高峰の300馬力以上もある怪物のような6気筒3Lツインターボとは完全に別物ですが、レースに出るわけじゃないし私の使い方ならばこれで十分。


【驚いたこと】
エンジンキーのオンオフにかかわらず、ドアを開けると両サイドウィンドウが一旦数cm開き、ドア閉と同時にそれが閉まること。
車内の密閉度が非常に高いため、スムーズなドア開閉のための圧力逃がしだそうです。
なんたる密閉度…。当然遮音が良いだけでなく、A/C作動エネルギー低減にも大きく貢献しているはずです。
そして雨などによるブレーキディスクの濡れを検出すると、ブレーキパッドを軽くディスクに接触させて水滴を蒸発させておくことによりディスクの摩擦係数の低下を防ぐそうです。
また、アクセルペダルが戻る速さが一定以上の場合は次に緊急ブレーキが来ると予測し、ドライバーがブレーキに踏み換えるまでの間にサーボに予圧を加えてその応答時間を短縮しているとか。
凄すぎ…。

【先進運転支援装備】
E89はデビュー後10年も経っている車なので自動ブレーキやら白線追従やアダプティブクルーズコントロールなどの楽チン装備は付いていません。てか、私も含めてこの車のオーナーはそんな物は欲していないでしょう。あくまで集中して運転を楽しむ車です。

【動的評価】
まだ街乗り+高速道路ちょこっとだけですが、On the railの片鱗は味わえました。8ATの出来も非常に良く街乗りならば変速ショックは感じられません。キックダウンスイッチはまだ使っていませんが、高速道で楽しみな装備です。
燃費は信号が少なくはない街乗りで10-11km/L位(@コンフォートモード)と意外にいいようです。(現有Fit Shuttle Gasoline 5AT 4WD が同条件で12-13km/L) 
車高が低いことに加えてアプローチアングルが小さいために駐車場の輪留めや出入り口のスロープなどが鬼門です。急なスロープ変化地点へは君子危うきに近寄らずだし、かならず輪留めに向かってバックで駐車しなきゃいけないのが面倒くさい。コインパーキングには間違えなく入れないけど、ラック自走式の立体式駐車場はどうなんだろうか?

【車両データ】
BMW Z4(E89) sDrive 2.0i ハイライン、クルージングエディション。
4250×1790×1280(アダプティブMサス車)1520kg
L4 2L(ツインスクロールT/C付き), マニュアル機能付き8AT 135kW(184ps)/5,000rpm、270Nm(27.5kgm)/1250-4500rpm
初年度登録2012年7月
納車時走行距離約12,000km

フロントバンパー下面の擦り傷(見えないので手のひらの感触)以外の傷は見つかりませんでした。
前オーナー同様大切に乗り続けたいと思います。

【ライセンスナンバー】
Poohのお誕生日
乗せてやるけど、嬉れションだけは勘弁して欲しいです。





輸入車の中古車選びは本当に難しいと思います。
私は実弟が脱サラをして欧州車をメインとした「趣味の中古車屋」(私からはそうとしか見えません。)をやっているのでいろいろアドバイスをもらい、更に全国のオークション出品車両の写真と簡易データを閲覧できるクライアント用アプリを提供してもらったおかげで文句のない1台を見つけ、彼の実車確認を経て落札してもらい(装備と程度が良かったのでせり上がってしまいましたが)、その後100km程度のテストドライブ結果を基にした点検整備・名義変更・前車引き取りまで全てやってもらいました。
商売っ気のない男なのでここにはHPリンクをしませんが、こだわりの中古車をリーズナブルな価格でお探しの方には力強い存在になるかもしれません。ご興味があればご紹介いたします。

こんな身内の宣伝じみたことを書く気などサラサラなかったのですが、今回の取引を通じてなかなかすごいヤツじゃん、お客様に喜んでもらえるヤツじゃんと感心したので蛇足です。