2017.02.11 黒姫山東尾根滑走

2月11日【黒姫山東尾根】
16/17シーズ17日目(山6/ゲレンデ11)
W/マッキー(熊谷山旅会)、スガー(←)、藪漕ぎジョニ(←)
Weapons/Liberty Double Helix, TLT Radical ST2, TLT6 performance

***************************************************
水曜から金曜まで家内とトヨタ白川郷自然学校~松本のグルメツアー。(トヨタ白川郷自然学校田中シェフの絶品料理は別途ご紹介。)夕方帰宅後慌ただしく準備を済ませ、翌早朝黒姫へ出発した。

暴風と大雪への警戒が呼びかけられる今週末は、風裏のツリーランを狙って黒姫山東尾根をチョイス。考えることは皆同じようでスキー場のレストハウスでは何人もの顔見知りの方にお会いした。何十人ではきかないかもしれないくらい大勢が向かった夏道尾根を避け、その一本手前(北側)にある尾根を滑ったのが奏功、上から下までほとんどシュプールを見かけないバージンスノー滑走が楽しめた。
***************************************************
天候:曇り、一時薄日 無風 下山後雪(S2)
滑走時積雪状況:稜線直下から標高900mまで軽いパウダー
行程:(8:30-9:50:ゲレンデ回し)リフトトップ10:05→12:05稜線直下(2000mコンター北東端付近)12:50→13:45 1396P北東尾根970m付近14:05頃→黒姫ファミリーペアリフト降り場付近→14:20頃ゲレンデレストハウス



この日の黒姫スノーパークからの朝イチの入山者は少なく見ても数十人。リフトトップに溢れかえるBC滑走者の姿は壮観だった。
我々はリフト午前券を購入し1時間半弱のゲレンデ滑走を楽しんだので、スタート時にはもう誰もいなくなっていた。 20170211_3_R.jpg
いや、決してラッセル泥棒しようなんて気じゃなくて、回数券と半日券のコスパ比較とゲレパウ誘惑の結果ですから。

退屈な旧ゲレンデ歩きが終わると癒しのぶな林のハイク。
MKTKRHMDSCF2022_R.jpg

大勢の先行者たちはあらかた行ってしまい静かなハイクアップが楽しめた。
MKTKRHMDSCF2023_R.jpg

先行者のほとんどが夏道尾根を目指したらしく、稜線近くで乗り上げた1396ポコへと続く尾根はノートラックで残っていた。
後20mで稜線だけれど、登っても仕方ないのでここでハイク終了。
16706859_1645465669082377_1800662449_n_R.jpg

マッキー、飛び込む!
20170211_6_R.jpg

おっ、良さそう!
20170211_7_1_R.jpg

私も飛び込む。
SGWKRHMDSC_0185_1_R.jpg

東尾根は裏切らない。 ジョニ!
MKTKRHMDSCF2030_1_R.jpg

常吉
MKTKRHMDSCF2035_1_R.jpg

常吉
16508589_1192749770842068_4250691433247279508_n1_R1.jpg

マッキー
20170211_11_1_R.jpg

スガー
MKTKRHMDSCF2029_1_R.jpg

山頂ではマイナス20℃だったという今日の低温のお蔭で最後の最後までPow Powのノートラックを堪能!
MKTKRHMDSCF2040_R.jpg

ここまで期待していなかった今日、やはり黒姫東尾根は裏切らないね。
MKTKRHM20170211_42_R.jpg


最後はうまい事黒姫ファミリーペアリフト降り場の脇にひょっこり出られて面倒なパスカングもなくて大成功!
Map_Higashione_R2.jpg




来週末はプチ遠征の予定です。