ガニ、後傾いまだ治らず

11月29日【軽井沢プリンスホテルスキー場】
15/16シーズン 滑走3日目 (ゲレンデ3、山0)
Gears/Fischer Superior SC PR, Fischer RS11, Salomon Energyzer 100
W/寅(ウチの会)、すがー(熊谷山旅会)、まっきー(←)、お嬢(シーハイル)

まっきー、初滑り。
20151129_53_2_R.jpg

今週は金曜から月曜まで準備万端空けておいたのにまたもや立山中止。
行けば滑れたのはもちろん分かっているけど、地面露出から数日間で滑れるまでに積もっただけでも怖いのに、風の影響までたっぷりと受けた雪に私がビビって…。

かぐらメインも八方も開いたこの日、もう考えるの面倒臭せぇからどこでもいいやとまたもや軽井沢。
どこで中止を聞きつけたのか、前夜お嬢からも参戦打診。 
20151129_54_R.jpg

リフト下ノートラック頂き。
20151129_52_R.jpg

今週末はきっちょんかな


PS
軽井沢プリンスホテルスキー場で午前中練習をしているジュニアスキーチーム、餓鬼どものマナー悪すぎ。
今までは我慢してたけど、毎度毎度余りのひどさについに叱ってしまった。口に出して叱る前に私もお嬢も何度も顔や動作で制していたのに暖簾に腕押し。ついに「押しちゃだめでしょ」と口に出して言っても返事もなし。小学生ならまだしも明らかに中学生かその上(OB?)くらい。そういや前回まっちゃんも叱ってたな。

球後注射

網膜静脈流分枝閉塞症経過

11月26日通院

*視力0.6(矯正1.0)で前回より0.2低下。(左目裸眼1.2:変化なし)
*黄斑浮腫悪化

ということで発病以来2度目のステロイドの球後注射をされました。
INJECTION_R1.jpg
たいして痛かないんだけど、怖い…
今回も帰宅してから恐怖で低体温症になりました。

これで改善が見られなければ次回からはルセンティスの眼球注射…
細菌感染すると失明なので手術室での処置。
それも保険適用で1回約6万円、それを半年から1年間毎月…

内服薬以外の日常生活
ボシュロムオキュバイト&ルテイン、カルピスしなやかケア、タケダビタミンCを1日3回各1錠ずつ。
できる限り野菜、豆類、魚中心の食事、日にコップ3杯の野菜ジュースと思いついた時に納豆。
有酸素運動継続中。
酒は最近かなりの頻度でそこそこの量。やめる気なし。



最近、何となく始めたある食習慣について
その開始と同時に血圧がどんどん下がり始め、約1週間後には測り始めたころには135前後あった起き抜けの収縮期血圧が115前後まで下がってしまいびっくりしました。(この1ヶ月ほどのトレーニング記録参照)
ヤフー知恵袋に群がるエビデンス不要のみーちゃんはーちゃんなら大喜びでしょうけれど、百戦錬磨のエンジニアはそんなもんはただの偶然だと思っています。毎日二日酔いで上がっていた血圧が宴会がなくなって元に戻っただけとか、主に夜やっていたトレーニングを朝食後に変えた(=トレーニング終了から血圧計測までの時間がほぼ倍になった)とか、朝の血圧に与える気が付いていない要因なんかいっぱいありそうで。

いずれにせよ今週は血圧が下がっているので、目も良い方に向かっているのかなぁと思っていたんだけど。


備考
2月3日発症発覚時視力:右0.4左0.9

ちょっとがっかり、星穴岳と星穴巡り(西岳ルート)

大好きな妙義のバリエーション第11弾として西岳から星穴岳に行ってきました。
雪の小窓尾根に散った同僚Yが98年に西岳からルートを探った時はテープはおろか踏み跡すらなかった秘峰だったそうですが、今やテープと踏み跡のオンパレード。ワクワクドキドキの妙義の藪山というよりは、ただのハイグレードハイキング…。
ま、そのおかげで偵察山行もなしに1日で完登できるのではありますが…。

①2003年10月 星穴岳(星穴新道)
②2005年11月 裏妙義赤岩  踏み跡・テープなし
③2005年12月 間違って裏妙義鶴峯山ジャンクションピーク  踏み跡・テープなし
④2006年12月 裏妙義風穴尾根(踏み跡・テープなし。会心のオリジナルルート)
⑤2011年11月 相馬岳北稜Ⅰ(相馬沢下降)
⑥2011年11月 金鶏山縦走
⑦2012年11月 相馬岳北稜Ⅱ
⑧2013年11月 妙義富士稜縦走
⑨2013年11月 御殿風穴稜 踏み跡・テープなし
⑩2014年  4月 木戸壁
⑪2015年11月 星穴岳(西岳ルート)

2015年11月22日
W/M.yumi(ウチの会)、寅(←)、Oのさん(←)、スガー(熊谷山旅会)、まっきー(←)
ルート
中ノ岳神社P7:45→中ノ岳神社(階段上)→西岳・中ノ岳のコル8:42→西岳→懸垂下降2P(先行P待ち)→11;50星穴岳12:15→射貫き穴への懸垂下降(先行P待ち)→結び穴への懸垂下降(ロープスタック&先行Pトラブル対応待ち)→岩壁基部15:00→15:30中ノ岳神社(階段上)→15:38中ノ岳神社P
(我々6名もの懸垂下降だけでなく各ポイントで先行Pの懸垂待ちも加わって時間がかかってしまいました。逆に射抜き穴からの懸垂下降が終わった岩壁基部から中ノ岳神社までは途中からテープ・踏み跡を外して直線的に進んだために僅か30分で神社に到着できました。)

ホントなら雷鳥荘のはずだったんだけどなぁ…
20151121_3hoshiana_R.jpg

寅の新兵器。オレの Double Helixと勝負!!
20151121_1hoshiana_1_R.jpg


22日
中ノ岳の駐車場を出発し神社に手を合わせたり見晴らしに立ち寄ったりしながら1時間ほどで西岳・中ノ岳のコルに到着。ここが今日のバリルートのスタート地点。
バリケードの向こうのバリバリに踏み固められたバリの世界へ。
20151122_6hoshiana_R.jpg

今まで登りも下りもロープを使ったことがない小さな岩壁は、嫁入り前のM.yumiちゃんが怪我でもしたら大変なので念のために補助ロープを引いて登り、二つ目の岩壁をフリーで登って西岳山頂。ここは絶景ポイントなのだけれど、残念ながら今日は視界20m、すぐ先に見えるはずの星穴岳や中ノ岳すらまったく見えませんでした。

後から登ってきたマッキーが「掴んだホールドが取れてヤバかった…」と蒼い顔。
掴めば抜ける、すがれば折れる、それが妙義のバリルート。

てっきり山頂から北に進んだ先にあるものと思い込んでいた縦走路の懸垂ポイントは私の感違い。既に先行Pが探し当てていたそれは西岳山頂から星穴岳方面へ延びる痩せ尾根を少し下りた先にありました。

文章が続いて読みにくいので出発時の安全祈願の写真を挿入。
20151122_5hoshiana_R.jpg

2人が準備するのが精いっぱいの狭い懸垂ポイントから先行Pの姿が消えるまでしばらく待って懸垂ポイントへ移動。ダブルロープが引き抜けなくなることを嫌って50m1本で降りたのが失敗で終了点まで届かず、かと言って途中にあった架け替え支点に使える木では先行Pが次のピッチの準備中。仮固定してしばらく待ったが時間短縮のためにロープ一杯まで降りて残りはズルズルと不安定な斜面を慎重に歩いて下りた。

安定した場所で後続を待つ間に周囲を観察していると、今立っているところの6,7m上に踏み跡らしきものを発見。懸垂で降りてきたマッキーにそこでいったん止まって確認してもらうと明瞭な踏み跡が続いているとの事。2P目を歩いて下りた私は少し傾斜の緩い隣のルンゼに移動して降りてきたのでこの分岐を目にしていなかった。マッキーに懸垂ロープの末端を投げてもらってそこまでごぼうで登り返した。

支尾根に上がってもう1回懸垂下降。(歩いても降りられます。)
20151122_10hoshiana_R.jpg

その先も明瞭な踏み跡に導かれて難なく星穴岳ピーク直下へ到着。
ピークへはⅡ級10mあるかないかの簡単な岩登り。
寅!自撮りなんかしてねーでちゃんとビレーお願いしますぜ。
20151122_19hoshiana_R.jpg

可愛いね。でもさすがに山頂にはいねぇだろ。
20151122_30hoshiana_R.jpg

20151122_31hoshiana_R.jpg

山頂から下り縦走路を少し戻った射貫き穴への懸垂下降ポイントでは我々が途中で追い越した先行Pが懸垂下降の準備中だった。どうやら我々が山頂を占領していたので登頂を止めたらしい。こんなルートに大勢で来て申し訳ないことをしました。

M.yumiちゃん初空懸。やる前は不安気だったけど、余裕で楽しんでたね。
トップで降りる者としてはロープの絡みを気にしながら降りる藪岩懸垂よりずっと爽快です。届いてさえいればだけど。
20151122_42hoshiana_R.jpg

これが射抜き穴。これで風穴尾根の風穴、相馬岳北陵の風穴、表妙義縦走路から国民宿舎へ向かう登山道にある風穴、御殿風穴稜の風穴に続く5穴目ゲット。
20151122_40hoshiana_R.jpg

後続が降りてくるのを待つ間に次の懸垂の様子を見に行くと、なんと先行Pのロープ(50m1本)が下まで届いておらずトップが登り返しを始めたところだという。げっ、垂壁25mの登り返し!
我々のロープを下してそれにセットし直してもらうことも考えたが、その為のテンションを抜く場所もないとのこと、登り返しのスキルはあるとのことなのでがんばっていただくことにした。

そう言う我々も回収中のロープの結び目がルーフのエッジにロックしてしまい、みんなでいくら力を合わせて引っ張っても回収不能。不安定な足場をあっちだこっちだと引っ張る方向をいろいろ変えて工夫している内にようやく外れて一同胸をなぜ下した。

そんなこんな、私が最初に懸垂を終えて岩壁の基部に降り立ったのはもう2時30分。この先のルートの時間が読めない中、8人全員が降りてきてから結び穴まで行くと最後はヘッデンのお世話にならないとも限らないので、降りた人から順次下山してもらうことにした。

そして8人全員の懸垂が終わってロープをザックに仕舞ったのが午後3時。結び穴に走って行ってきたマッキーと皆の後を追う。
鮮やかな紅葉が霧でしっとりとしていい雰囲気です。
20151122_45hoshiana_R.jpg

トラロープがセットされたルンゼから赤テープ満載のトラバースルートに移るところで全員集合。後は五月蠅い赤テープに気分を害されながら中ノ岳神社を目指したが、これが妙義のバリルートかよとだんだん腹が立ってきて、あえてルートを外す。「なんでわざわざこんなとこ行くんですかー!?」というメンバーの文句を無視して落ち葉をかき分け沢や枝尾根を進むとドンピシャ中ノ岳神社の15m脇に到着した。
岩壁基部から僅か30分。そうと分かっていればみんなで結び穴に行っていたのになぁ。

今回の反省点)
あの時ロープが回収できなかったら、「分かったよ、オレが行って外してくるよ。」って言えただろうか。
もちろん練習では何回かやっているけれど、せいぜい5,6m。単純作業だから同じこととは思えるけれど、今回よりももっと切羽詰まった状況の中でも躊躇することなく進んで空中25mを登り返しに行ける自信を付けておかなければならないと痛感した。

厄介なこっちゃ。




11月25日追記
星穴岳に対して私と同じ想いのガイドさんの記事を見つけました。
http://alpineguide-hiroki.blog.so-net.ne.jp/2015-10-21

踏み跡は仕方ないとしても赤テープは勘弁してほしいなぁ。 いいじゃん、1回で登れなくたって。
秘峰だった頃の星穴岳。 このドキドキ感、奪い去られて今はもうない…。
私も、もう会うことが叶わないYや、Iさんと一緒に探検したかったなぁ。

今夜は独り酒

明日が早いので今夜は独りで海老名泊。
海老名って駅前にそそられる飲み屋が見つからなくて、仕方なしに入ったチェーン店らしき居酒屋「軍鶏農場」。

20151119202550722.jpg

いいじゃん、この店。

ご苦労様

11月18日【甲府】宇都宮

若くして100名以上の部下を任され、あるエンジンの開発を率いてきた後輩の労をねぎらうために宇都宮へ。

宇都宮単身赴任時代に何度も通った炭火焼の「甲府」をチョイス。
IMG_20151118_201920_R.jpg

ここの白子は相変わらず最高!
IMG_20151118_201912_R.jpg

最後は、たまたま別な飲み会で来ていた後輩たちのテーブルに乱入。
以後記憶がないけれど、朝目覚めたらちゃんとホテルの部屋にいた。すごいな、オレ。

新指揮官も昔同じ釜の飯を食って、泣き笑いを共にした後輩。
覚えているかい?平松本町の交差点で抱き合って泣いた時のこととか、足尾のキャンプ場でキャンプファイヤーを素っ裸で飛んでオレが下の毛を焦がしたこととか。
また来てお祝いしなきゃね。

こんな事ばかりしてると、老後破綻へまた一歩かも。
でもこれがオレの生き方なんだと思う今日この頃。

名MGだったねM、長い間お疲れ様でした。
知らせてくれてありがとう!!

11月第3週のオフサイトトレーニング

11月15日(日) 起床時データ 血圧117/76mmHg 心拍55bpm
膝に違和感→完全レスト
11月16日(月) 起床時データ 血圧119/65mmHg 心拍54bpm トレーニング開始時心拍64bpm(食後)
       固定ローラー90分 
       WU/35分(123bpm)→クルーズIT/10サイクル→CD/5min 
       速歩50分(平地、足の痺れ多発)
11月17日(火) トレーニング開始時心拍56bpm(食前)
       固定ローラー90分 
       WU/35分(120bpm)→クルーズIT/11サイクル(回復期を1.5分に短縮)→CD/5.5min
11月18日(水) 起床時データ 血圧115/65mmHg 心拍54bpm  
       アクティブレスト ウォーキング7km位



---------------------------------プロトコル------------------------------------
メイントレーニング(ATIT)
負荷期(アウタートップ)
最初の1分15秒:39km/h@平地負荷(max125bpm);AeT狙い
次の45秒:38km/h@1.7%勾配(max135bpm);AeT超えの有酸素領域
ラスト30秒:37km/h@3.5%勾配(max145bpm);ハムスト筋トレ
回復期(アウターロー/平地)
2分30秒:110bpm以下(ATマイナス10bpm)
上記を10サイクル繰り返し(WU20分とCD10分込みで80分)

クルーズIT(ATIT)
負荷期(ギア適当)
30 or 28km/h@3.5%勾配/3min (135bpm or 125bpm 狙い)
回復期/2分→11月17日より1分30秒に短縮
上記を10サイクル繰り返し(WU35分とCD5分込みで85分)

世界に冠たるTabata(HIIT) 
言わずもがな
------------------------------------------------------------------------------

これもフライング


へっへっへ…

20151114_122DSCN3638_R.jpg

ありがとうございます!!

脊柱管狭窄症手術医院調査中

11月13日【2か月ぶりの外歩き】

歩ききれた!
仙元山2

アキレス腱の痛みはほぼ消失。
脊柱管狭窄症の症状はだいぶ軽減。腰が伸びる平地でも何とか連続歩行が可能だった。

腰には絶対チャリトレ効いてるな。あんな長時間の血流アップが効かないわけがない。
それが症状軽減につながるエビデンスなんてあるわきゃないけど、そう信じたい
仙元山1

凍傷手術退院後のリハビリもこの山からだった。

軽井沢プリンススキー場

11月12日【軽井沢プリンスホテルスキー場】
15/16シーズン 滑走2日目 (ゲレンデ2、山0)
Gears/Fischer Superior SC PR, Fischer RS11, Salomon Energyzer 100
W/すがー

立山、望み薄だね…。
11_11SGWDSC_0063_R.jpg

日光~足尾とか? 安易にゆが幕海鮮パーティ?
11_11SGWDSC_0066_R.jpg

今季のボーダーさんにシルエットがきれいなセミフィットのパンツが増えてきた。
特に女の子は絶対その方が可愛いよ。 見るに堪えないダボダボケツパン、良さが分からん。

帰路上田のボードショップまで足を延ばして散財。

オフサイトトレーニングスタート

シーズンインしたのでオフトレ(シーズンオフトレーニング)から名称を変更しました。
現地ではないという意味でオフサイトトレーニング。略してオフトレ。
ってことで呼び名も変わんなきゃやってることもオフシーズンと全く変わりません。

時間がなかった今日(水曜日)は久々にHIIT(Tabata)をやってみました。

----------------------------プロトコル--------------------------------
メイントレーニング(ATIT)
負荷期(アウタートップ)
最初の1分15秒:39km/h@平地負荷(max125bpm);AeT狙い
次の45秒:38km/h@1.7%勾配(max135bpm);AeT超えの有酸素領域
ラスト30秒:37km/h@3.5%勾配(max145bpm);ハムスト筋トレ
回復期(アウターロー/平地)
2分30秒:110bpm以下(ATマイナス10bpm)
上記を10サイクル繰り返し(WU20分とCD10分込みで80分)

クルーズIT
負荷期(ギア適当)
30 or 28km/h@3.5%勾配/3min (135bpm or 125bpm 狙い)
回復期/2分
上記を10サイクル繰り返し(WU25分とCD5分込みで80分)

世界に冠たるTabata 言わずもがな
---------------------------------------------------------------------

9日(月) トレーニング開始時心拍57bpm(土日2日間完全レストにより日中の平常心拍に復帰)
       固定ローラー80分 ATIT(メイントレーニング)
       WU/25min(120bpm)→ATIT(負荷期(max145bpm)/2min30sec⇔回復期2min30sec)×10→CD5min
10日(火) 起床時データ 血圧128/82mmHg 心拍55bpm トレーニング開始時心拍65bpm
       固定ローラー85分 ATIT(クルーズIT)
       WU/30分(120bpm)→クルーズIT(30 or 28km/h@3.5%勾配/3min⇔回復期2min)×10→CD/5min
11日(水) 起床時データ 血圧116/71mmHg 心拍55bpm トレーニング開始時心拍65bpm
       時間がないし、明日はチャリトレお休みなので久々にHIITトライ。
       固定ローラー31分 HIIT(Tabata)
       WU/15分(130ppmまで漸増)→Tabata(20秒もがき⇔10秒回復走×8サイクル)→CD8分
たった4分間のTabata。やってる時も辛いけど、終わった後の疲労感もハンパじゃない。
やっぱりこれはあくまで裏メニュー。
夜 新橋で腰の曲がったおばちゃんとカウンターの中のお父ちゃんが二人でやってるさえない店へ。でも思いの外良かった。
12日(木) 軽井沢プリンスホテルスキー場
13日(金) 起床時データ 血圧124/79mmHg 心拍55bpm アクティブレスト
       ウォーキング1時間50分(仙元山周回)
14日(土) 起床時データ 血圧113/74mmHg 心拍54bpm トレーニング開始時心拍65bpm
       固定ローラー80分 ATIT(メイントレーニング)
       WU/25min(120bpm)→ATIT(負荷期(max145bpm)/2min30sec⇔回復期2min30sec)×10→CD5min

伝説のガイドブック

日本登山大系がまさかの再刊行!

プレミアムのついた古本はあまりに高過ぎて入手をあきらめていたので、うれしい限り。
IMG_20151110_212403_R.jpg

残り3巻は来月刊行予定。

読まずに大事に大事にしまっておいて、20年経ったら生活の足しにしよーっと。


フライング

おーさまと。
20151108131550659.jpg

これは使える。やる気にさせられる。
11月13日発売予定。

***************************************
スーパー赤蜘蛛オンサイト!
何年にも渡った赤岳ショルダーリッジ研究。
他にも素晴らしい登攀の報告。
オレにはとてもそんな真似はできないけど、また岩への色気。

山スキーの仲間が増えた。
沢の計画。
もうあきらめていた夏の本チャンへの誘い。

まだまだやるか。

15/16新兵器(Gear編)

今季は太板追加。
Liberty Double Helix     13/14M  174cm 146/121/136
20151107_106DSCN3624_R.jpg

パウダーはJJで満足していたんだけど、気分転換…。

ビンディングはいろいろ悩んでTLT Radical ST2をインビスでなく、とりあえず固定しておきました。(その内インビス化したいのでその前に人柱募集!)
クトーはロック機構のあるB&D製を使いたいのですが、手持ちの中にサイズの合うものがないので昔使っていたDynafit純正品(130mm)を物置から引っ張り出して使うことにしました。(ちなみに2014年に購入したSPEED RADICAL互換のB&D製クトーはST2とは互換性がありませんでした。今ならST2互換のB&Dクトーが出ているのかもしれませんが、調べていません。)

Radicalシリーズ第2世代はインビス化とB&Dクトーの使用に際しては要事前チェックのようです。

CT40を何年か使った結果厳冬期のシールは従来のグルータイプに信頼を置いていますが、今回は軽さ重視でWhizzzを選択してみました。
20151107_107DSCN3625_R.jpg
コールテックスのテールキット(カムロック式)は引っ張る部分に伸縮性がないため力が要る上に、テールを踏むとすぐにカムロックが外れてしまうので今回はBDのテールキットに。

山デビューは年が明けてからかなぁ。

今季のラインアップ。
Cho Oyu1本で済ませている(済んでしまう)しょうこちゃん、マジ尊敬!
20151107_115DSCN36311_R.jpg

JJの立ち位置微妙かも。

海外リゾートトレーニング

D2Dで遠路24時間のブロイラー。
だから、華やかなレセプションサボって独りストイックにジムトレ。
(暗いな、オレ。)
20151103101459d2d.jpg 
まだ夜でも泳げます。

2日8:30 pm
フィットネスセンター
リカンベント型マシン   カーディオ60分

3日夜
会食:今やT社のディーゼル燃焼の顔に登り上げた15年来の知人とダウンタウンで。
いずこも同じ悩みに共感。

4日4:30 am  
部屋内
スロースクワット 50回×2
スローエクステンション左右各30回×2
スロークランチ(40回+10秒)×2
全身ストレッチ30分
夜 郊外のレストランでパーティー
10:30 pm フィットネスセンター
リカンベント型マシン カーディオ40分

5日4:15 am チェックアウト 帰国

故障者軍団シーズンイン!

11月1日【軽井沢プリンスホテルスキー場】
15/16シーズン 滑走1日目 (ゲレンデ1、山0)
Gears/Fischer Superior SC PR, Fischer RS11, Salomon Energyzer 100
W/まっちゃん、ぢゅん、寅

例年11月は人が入らない妙義エリアの藪岩探検月なのですが、私はまだ山歩きが無理なのでおっかなびっくり初滑りに行ってきました。前夜はまっちゃん、寅、M.yumiちゃんに我が家に来てもらってシーズン突入祝い、の積りだったんだけど残念ながらM.yumiちゃんは大事を取って直前敗退。ぢゅんは朝現地合流。この次はおいでね。

この2ヶ月家に引きこもっていたので今季初めて見る紅葉に感激!きれいだったなぁ。
20151101_101DSCN3619_R2.jpg

しかし、すごいね。5か月ぶりのスキーだというのに、ちゃんと後傾を忘れず覚えていました。あと、ガニも。

一鷹、二冨士、三なすび。めでたいねぇ。
20151101_103DSCN3621_1_R2.jpg

みなさん、秋立まであと2回は行くよ! よろしく!
20151101_102DSCN3620_R.jpg

老人性愁訴、少し治るかも…