自分を褒めたい 2015 05 30 恒例富士山板収め

5月30日 【不調を押して何とか完登 富士山板収め】
14/15シーズン 滑走41日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/おーすけさん・まっちゃん・M.yumiちゃん・寅(以上ウチの会)、しょうこちゃん(RSSA)、Rosiさん・怒涛の女子ラッセラー(以上チーム薄皮)、ぢゅん、トマホーク、まめぞうむしさん、まっきー(熊谷山旅会)→不浄流し、やじぃ→アウトレットでお買い物
行程/スバルライン5合目駐車場6:55~12:04山頂~コル~吉田大沢~小御岳流し13:30~お中道~14:19 5合目P
天候/快晴一時ガス

自分にとって大御所おーすけさんと滑れるシーズン2度だけのチャンス。 
(ホントはしょうこちゃんに会いたくて参加してるんだけど。)
今回はチーム薄皮のRosiさんや今売り出し中のトマホークも参加するというので楽しみにしていたのですが、先々週の怒涛の6連荘以来微熱と喉の痛みが続き体調最悪。家内にホントのバカじゃないの?と呆れながらの参加になりました。

微風快晴。板収めにふさわしい日になりましたが、この通りの超貧雪です。
しかしこれでも標高差800mの大滑降ですからさすが富士山。
Fuji001DSCN2814_1_R.jpg 
先々週の乗鞍でようやく2,3年前の体力への復活を実感したのですが、今日は山頂までたどり着けるか着けないか五分五分の感じ。とにかくゆっくり行こうと皆さんより20分ほど早く出発しました。

しっかし雪ないなぁ。
Fuji03DSCN2816_R.jpg
脊柱管狭窄症による足のしびれが出る平地歩き。早くもちらつく敗退の二文字…。

あっという間に皆に追い越され…
Fuji04DSCN2817_R.jpg

10時10分。北八合目(本八合目の手前)でまっちゃんから早くも山頂到着の連絡。
11時時点で登頂続行か敗退かを決めることにした。

しかし絶対息が上がらないペース、小まめの休憩を心掛け、5時間10分掛かってしまったけれど何とか登頂成功。
山スキーヤーとしては失格タイムでしょうけれど、この体調不調と腰痛をうまくコントロールして登頂できたことが満足です。さすが老害イヤ老獪。
Fuji06DSCN2819_R.jpg 
みなさんを長いこと待たせてしまったので集合写真を撮ってすぐに出発。体調をコントロールしていただけで別に疲れていたわけではないので休憩なしでも全く問題なしでしたが、後で考えてみりゃチンタラしすぎてたってことかもしれません。

雪面ボコボコだった吉田大沢源頭部。私なんか凹凸に飛ばされないように慎重に斜滑降するのが精一杯だったこの斜面ですが、かのトマホーク君はあんなのゲレンデでも見たことないぜというような果敢な滑りを見せてくれて唖然。
Fuji07DSCN2820_1_R.jpg 
これも恒例、今年も小御岳流しに入るとガスが晴れました。
Fuji08DSCN2821_R.jpg

残念ながらカメラが少々左に傾いてしまいましたが、富士山ならではの滑走風景。
これで面ツルなら言うことなしなんですが。
Fuji09DSCN2824_1_R.jpg 
Fuji10DSCN2823_R.jpg

狭いルンゼの下には
Fuji16DSCN2829_1_R.jpg 
板を脱ぐ場面もあり。
Fuji17DSCN2830_1_R.jpg 
おー、やっと面ツル!!
はるか下方に先に滑ったメンバー5,6人が見えますが、あそこから雪渓末端までの距離はこの写真を撮った位置から彼らまでの距離より未だだいぶあります。
こりゃ楽しめそうだなぁ。
Fuji18DSCN2831_R.jpg

喜び勇んで滑り始めたら何と2ターン目かそこらで板が外れて転倒・滑落。
皆の滑走に刺激されていたこともあってスピードを出していたので全く止まりません。
流されて行く途中で上の写真の右1/3に写っているガレ場が迫ってきているのが目に入り、ヤバイっと思ってセルフアレストポールを雪面に打ち込んでギリギリ5,6m手前で上陸の難を逃れました。

板が外れたための転倒。岩場の通過で板を履きなおした時にTLTのピンがしっかり装着できていなかったのでしょう。
普段は装着後にひねりを加えて確認しているのですが、今日はそれを怠っていました。お祭り気分で真剣さが足りません。たるんでました。

3年前の薬師でお会いしたまめぞうむしさん。今日は山頂でしょうこちゃんが声をかけてご一緒することになったと後で知りました。ちゃんとご挨拶もできず申し訳ありませんでした。
Fuji23DSCN2836_1_R.jpg 
2014/2015シーズンのフィナーレまで残すところあと1ピッチ。
Fuji24DSCN2837_R.jpg 
感動のフィナーレはしょうこちゃんの写真待ちです。

これも富士山ならではの下山風景。
Fuji26DSCN2839_R.jpg 
下山後は御殿場のアウトレットで爆買いしてきたやじぃと不浄流しを滑ってきたまっきーも加わって盛大に14/15シーズンの打上げです。
Fuji29DSCN2842_R.jpg 
宴会後は皆さんの滑走記録の報告会があったのだけれど、私は睡眠不足と疲労で部屋に戻るなり爆睡。
おーすけさん、しょうこちゃん、Rosiさん、まっきーの刺激的な記録をまた聞き逃してしまいました。

一瞬目を覚ました時に行われていた「山行に対する考え方・姿勢」論、私なんかとは段違いのリスクを伴う登攀・滑走を無事に続けているみなさんの真面目な姿勢はもっともっともっと見習わなければと思いました。
 



蛇足
昨年まで幾つもあった「富士山ではスキー・スノボは禁止です」といった類の不法看板は少なくとも吉田口からは撤去されて一つも見当たりませんでした。

怒涛の6連荘

アルコールはほどほどにと医者から言われているのですが怒涛の6連荘、9軒ハシゴの記録…。


5月19日 大和肉鶏縁鶏@大阪駅ルクア → たこ焼き酒屋龍馬亭@福島(大阪の福島)

大和肉鶏というのは聞くのも初めてでしたが、さすが食通の大阪人が選んでくれた店だけのことはありました。とっても美味しいだけじゃなくて珍しい物もあったのですが、初対面の偉い方がいらっしゃったので残念ながら写真はありません。

長い付き合い同士だけになった2次会はコテコテ大阪人店長がいるたこ焼き居酒屋。
それまでコッテコテだったくせに写真を撮ろうとすると何故かこんな顔。
シャイ????
IMG_20150519_211746_1_R.jpg  
2軒ともお客様のゴチ、毎度!!!

5月20日

翌日は自動車技術会春季大会に参加するため横浜へ移動。
今年は弊社も出展しましたが、展示した3つのテーマの内2つが私の専門分野じゃないんで冷や汗かきっぱなし。
専門分野は業界誌3社の取材を受けたけど、なかなか理解は。
IMG_20150521_100124_1_R.jpg  

そして夜は社会に出て最初に入った会社の先輩と、もう何年も通い続けている馬車道の湧魚へ。

金沢、富山、仙台、博多、札幌、もちろん東京etc…。全国の隠れた名店からこのブログには載せづらい高級店までいろいろ通ったつもりですが、ここのお刺身はホントに美味しい。
年に1回しか来ないのに板さん(数年前から新オーナー)が覚えていてくれるのもうれしいです。食べログなんかじゃ3点台の下の方にランクされているのを見ると、まぁ人それぞれだなぁと心底思う。

ノドグロ含めて佐島で上がったものばかり。心底シアワセ。
IMG_20150520_181639_R.jpg
  
IMG_20150520_180907_R.jpg

エボダイの刺身なんて普通あります?私は初めて。でもこれは干物の方が美味しいな。
IMG_20150520_194138_R.jpg 
新鮮な三浦の地の物中心の野菜も美味しかったし。


5月21日 会員パーティー→某社レセプション→桜木町活魚センター

自動車技術会会員パーティ@パシフィコ横浜
IMG_20150521_182436_R.jpg  
 
ウチのマネージメント層を産・学の大物に引き合わせて回るのが私の仕事なんだろうなぁと思って忙しく、食事に全く手を付けられず。
IMG_20150521_192745_R.jpg

2次会は某社主催のレセプションに招待状もなしに乱入。@ランドマークタワー70F宴会場
現役時代はこの会社には大変良くしていただき、VIPのおもてなしに使われている創業者の生家に呼ばれてごちそうになった事があります。もちろん私はオマケのかばん持ちだったけど。
IMG_20150521_202853_R.jpg 

粋なことにはお金を惜しまないこの会社。毎年わざわざ京都から舞子さんを呼んでいます。
IMG_20150521_210421_R.jpg 

お腹ペコペコだったのですが、寿司の模擬店前に並んだ列の長さにあきらめました。
で、3次会は親しい先生方、飛ぶ鳥落とす勢いの広島の某社エンジニア、一昨日ゴチになった大阪の会社の方々などにお付き合い頂いて桜木町活魚センター

サラリーマンの味方の典型のような店で、大賑わい。時間が遅かったので残念ながらお刺身はこれしか残っていませんでした。ここもなかなか良さそう。もう一度調査の必要ありです。
IMG_20150521_223240_R.jpg

5月22日
3日間の会期が終了して日本人の同僚と打ち上げ@また湧魚。
昨晩の活魚センターも考えたのですが、美味しい物と美味しいお酒をしみじみ楽しむにはやはりここ。
IMG_20150522_175106_R.jpg 

途中で電話をくれた前の会社の後輩も呼んで。
IMG_20150522_190149_R.jpg 

IMG_20150522_195959_R.jpg 

結局この日も帰れずまた横浜泊まり。

5月23日 魚や一丁銀座本店
一旦帰宅して夕方から大学のクラブのOB会へ。もう疲れて本当はさぼりたかったのだけれど、大先輩諸氏の集まりなのでとてもドタキャンなどできずちょっと無理して。
IMG_20150523_192830_R.jpg
皆さん私よりだいぶ上だけれど、やる気満々の現役多し。オレも後3年とか言っていられないかも。


5月24日
寿司鉄@八重洲

副社長来日。
バイスプレジデントなんかじゃなくてホンマモンの副社長。
しかし休みなく続いた飲み会もかれこれ六日目、本当に疲れ切っていたうえ風邪まで引いて声も出ず。
行きたくないのはもちろん家内にもやめたらと止められたけれど、そこは宮仕えの悲しさ。
なのに、いつもの事ながらアメリカン航空が(多分平気で)遅れてホテルのロビーで2時間待ち。
でもまぁお高いお寿司を美味しく頂きました。

明日はようやく自宅でのんびり、たまった事務処理とか週末の板収めの準備とかしようかな。

業務連絡
参加者各位、
土曜日下山後エアバッグ展開実験やります。
T社製でないのでご安心を。

速報 乗鞍岳

5月17日W/スガー、M.yumi、ねこばばK
いよいよシーズン終了間際になってきました。
今週は2泊で槍を滑る予定でしたが、土曜日の天気が悪くて乗鞍に変更。
全国的に発達してしまった縦溝がほとんどない乗鞍大雪渓のフィルムクラストと走るザラメを楽しんできました。

1本目は頂上小屋直下のコルからドロップ(写真中央の大きな雪渓)して道路の少し手前まで、2本目は頂上小屋前からドロップして(写真左の狭い雪渓)ツアーコースを三本滝まで。
20150517_143438DSCN2807_R.jpg

往路。
10人ほどの人が並んでいるのに始発バスキャンセルをアナウンスしないアルピコ交通は最低最悪。キャンセルだよと他の客から訊いて列の先頭でだべっている係り員に確認したら「さっき言っただろ」みたいな返事だけ。今どきの日本でこんな「乗せてやる」的な、あるいは「オレのせいじゃない」的なサービス業があるとは驚きで、二日酔いが更にムカついた。

バス列で10分ほど無駄にし、ムカつきながらゲレンデを登る。
20150517_075022DSCN2780_R.jpg

復路は満足の藪漕ぎ。
20150517_152332DSCN2810_R.jpg 
詳細は黒部の記録を書き終えてからアップします。
 

経過観察

5月18日【通院】

20150518_213005DSCN2813_R.jpg 
あとは納豆と青魚と食物繊維とオリーブオイルを積極摂取。
このところ目のかすみが軽減しているのでこれらが効いたのかと思っていたのでしたが…。

眼底のCT画像では静脈の破損状態は改善なし。

ただし
*視力は先月の0.6から0.8に回復。
*自覚症状の軽減。

の2点から今月はステロイド注射は行わず内服薬(血管拡張剤)だけを継続することになりました。
来月は海外出張で来るのが遅くなると言ったら
「アメリカなら医療が発達しているからまぁいいでしょう。」
と。

えっ、オレってそんなにヤバイの?

血管の詰まりが原因なので水分不足と疲労は厳禁。
くれぐれも無理をしないようにと。

えっ!?


2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(6)停滞のち下山

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
6,7日目)停滞、下山
14/15シーズン 滑走39日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/双六冬季小屋~双六谷滑走~大ノマ乗越へ登り返し~大ノマ乗越~秩父小沢滑走~ワサビ平~左俣林道~ゲート~新穂高駐車場
天候/曇り後快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************

4日 ガス、風雨
9時過ぎにマッキー到着。黒部源流からトラバースルートを順調にきたものの、ガスで小屋が見つからず難儀したとの事。Fさん、Yさんはこのまま雨の中を下山するそうだが、マッキーはここで我々に合流し予定通り明日下山。
僅かな酒を飲りながら一日スキー-談義、沢談義で過ごした。
MKT0504DSCF8827_R.jpg

5日 快晴一時曇りのち快晴
早く出発しても秩父小沢の緩み待ちになるので他の登山者が全員出払ってからゆっくり小屋の中を清掃して出発したが、今朝の放射冷却でカリッカリ。双六谷は斜度がないのでカリッカリはいいとしても硬く氷付いた縦溝には難儀した。一足先に出発した若いボーダーのカップルは堪らず担ぎで下りていた。

カリカリの斜面を大ノマへ登り返し。
しかし前日の深いツボ足トレースが階段状に残っていたお蔭で今まで一番楽な登りだった。
20150505_085411DSCN2721_R.jpg

それまで立ち込めていた厚い雲は乗越に立つ頃には文字通りの雲散霧消、そして雪は滑り頃を迎えていた。
20150505_095047DSCN2724_R.jpg 

20150505_095534DSCN2730_1_R.jpg 

20150505_095501DSCN2726_1_R.jpg 
MKT0505DSCF8850_R.jpg


20150505_095842DSCN2742_1_R.jpg 

20150505_095921DSCN2749_1_R.jpg


20150505_100202DSCN2754_R.jpg

長く滑り応えのある秩父小沢。真南を向いた斜面なのでタイミングを掴むのが難しい。
一昨年の歓喜のザラメには及ばないが今回もいい雪を捕まえた。
20150505_101038DSCN2762_R.jpg 
下部に来てもストップスノーは現れず、素晴らしいフィナーレ。
20150505_103157DSCN2765_R.jpg 
ここから先の林道はスキーヤーには何とかなってもボーダーにはなかなかつらい。
それでも百戦錬磨のスガーはあの手この手を駆使してスキーヤーに遅れずに付いて来る。
20150505_103603DSCN2766_R.jpg

ここまで来ればもう安全地帯。ここから先も雪をつなぎつなぎ滑っていかれないこともないが、鬱陶しいので潔くシートラすることにした。
20150505_110706DSCN2772_R.jpg



今年も素晴らしい場所で素晴らしい1週間を過ごすことができた。
スガー、まっきー、ありがとう!
心から感謝!!
20150505_121629DSCN2774_1_R.jpg 

 

2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(5)丸山滑走

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
5日目)黒部源流~双六冬季避難小屋
14/15シーズン 滑走38日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/黒部源流左岸台地8:07~10:00三俣蓮華岳10:15~10:23(おみづPと談笑)10:44~10:50丸山11:30~東面滑走~東尾根登り返し~南東面滑走~夏道(下のトラバースルート)~13:30双六小屋
天候/晴後曇り

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************


朝6時の訪問者たち。
これからのウチの会を支える若者P。昨日新穂高を出て翌日のこの時間にもう黒部源流だから恐れ入る。(帰路も温泉沢から新穂高まで1日で踏破。)
20150503_061850DSCN2686_R.jpg 
しかしこの3人もこの後1時間近く遅れて出発したマッキーPの凄まじい追い上げに気おされたのか、水晶山頂からの滑走を先に彼らに譲ったとか。マッキーが非常に感謝していました。

7:40 マッキー隊、水晶に向けて出発。
20150503_074228DSCN2689_R.jpg 
8:07 怠け者隊ようやく出発。
20150503_080728DSCN2690_R.jpg 
三俣蓮華へはまだ硬い斜面を途中から尾根へ逃げてハイマツの藪を漕いで山頂へ。
20150503_094655DSCN2695_R.jpg

山頂に着いて丸山方向を見るとコルに向かって降りてくる二つの人影。
20150503_101609DSCN2697_R.jpg 
まさかと思ったが、昨日新穂高を出てきたおみづと寅ちゃん。えぇ~、なんでこんな時間にまだここにいるの?
二人とも連休前の激務と高速の渋滞で出発が遅れた上に寝不足でヘロヘロ。
その上稜線に露出した地肌にやる気ゼロ。
20150503_102443DSCN2699_R.jpg 
とりあえず今日は温泉に浸かってそれからどうするか考えるという二人と別れ丸山山頂へ。
IMG_0358_R.jpg 
ここも山頂からのドロップは下が見えなかったが、一番いいラインを落とせたようだ。
20150503_113714DSCN2708_R1.jpg 
一旦傾斜が緩む辺りで滑走をやめトラバースラインを使って双六小屋を目指したが、丸山東尾根上のハイマツ地帯でルートミス。少し下へ降りればハイマツ帯を横断する夏道があったのに、トレースに釣られて尾根を登ってしまった。
途中で濃いハイマツ帯に遮られルートミスに気付いたが、スガーがハイマツ帯を数m横切れば雪渓があるからそこを滑ろうという。

急な雪渓上では滑走の準備をする場所がなく、不安定なハイマツの中でシールをはがして板を履く。
20150503_122534DSCN2711_R.jpg 

ドロップポイント。
スガーは器用にハイマツの上を滑って雪渓に下りて行ったが、先端がハイマツに潜ってしまうスキーには無理なのでハイマツに掴まりながら怖々と雪面へ降りた。
20150503_122530DSCN2710_R.jpg 
丸山東尾根南面ハイマツ第3ルンゼと命名しよう。初滑降はスガー。
20150503_122749DSCN2712_R.jpg 
雪が緩んでいるので怖くはないが、ジャストターンサイズ。
失敗してハイマツの中に突っ込まないよう狭い上部はスピードを殺して慎重に滑った。
 20150503_123349DSCN2715_R2.jpg  
わっはっは、これで常吉もFIRST DESCENDERの仲間入りじゃ。あっはっはぁ。
 
そんな冗談を言いいながら双六小屋に到着。
左側が冬季解放小屋。
20150503_135106DSCN2717_1_R.jpg

この日の宿泊者は10人ほどいただろうか。
クマこそ来なかったが、ありえないほどの大きないびきに眠れぬ夜だった。


2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(4)祖父岳滑走

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
4日目)温泉沢~祖父岳滑走~黒部源流
14/15シーズン 滑走37日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/温泉沢テン場7:24~7:55高天原~岩苔小谷~11:17岩苔乗越12:00~12:40祖父岳14:02~北東面滑走~14:14岩苔小谷~15:40岩苔乗越16:20~黒部源流滑走~16:30黒部源流左岸台地
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************

黒部源流域でまだ滑ったことがないのは赤牛岳、ワリモ岳、それに祖父岳の三峰。
北ア最奥に位置する赤牛岳はこれまでに2度チャンスがあったが、2度とも水晶滑走の魅力に負けて未滑走。
黒部ジャイアントに囲まれて地味な存在ワリモ岳と祖父岳はこれまで滑走対象に浮かばなかった。
今日はそんな祖父岳滑走の日。

視界が利かないだけでなく小沢や池に阻まれ小さな迂回を繰り返さなければならない高天原の森。 ホワイトアウトの雪原で5mほど先を歩かせたトップにセカンドがコンパスで方向を指示しながら進む計器飛行の練習には絶好の地形。2015mの等高線が岩苔小谷を横切る地点を目標地としてスガーにトップ兼セカンドで(要は独りで)実践してもらうことにした。
20150502_072454DSCN2534_R.jpg

こんなひどい雨溝見たことがない。
20150502_075333DSCN2537_R.jpg

これまで何度もいい思いをさせてもらった雲ノ平から高天原へと続く「神が造りしゲレンデ」(勝手にそう呼んでるだけ)。岩苔小谷を滑ってくるよりずっと楽しめるルートだ。
20150502_080857DSCN2538_1_R_R.jpg 

何度も迂回があったが最初にセットしたコンパスだけで2015の目標地点にドンピシャ到着。
20150502_083914DSCN2539_R.jpg

私のこの夏の目標は同じことをGPSで(自宅で事前セットしておくことなしに)コンパスよりも素早く行えるようになる事。そうすりゃ完璧。

退屈な岩苔小谷のハイク。
SGWIMG_0113_R20150502.jpg

岩苔乗越では昨夜テン場で一緒だった方が滑走の準備中だった。
御神楽沢滑走の時にお世話になったブログの主さんだったと帰宅後に判明した。
20150502_111733DSCN2550_R.jpg  
南面であるがまだ雪は硬そうだ。
20150502_112810DSCN2553_2_R.jpg

我々は滑走に不必要な物をデポして祖父岳へ向かう。
20150502_120036DSCN2562_1_R.jpg 
祖父岳は黒部源流のヘソ。ここの景色を見ずして360度の絶景などと言ってはならない。そのくらいの絶景に感激。
SGWIMG_0155_20150502R.jpg 

しかし、こんな写真しか撮れない自分が情けない。
Pano_1_R1.jpg 

Pano_2_R1.jpg

室堂から入山し上の廊下を越えて新穂高へ抜けた思い出のルートに心が躍る、涙腺も緩む。
20150502_133535DSCN2592_R.jpg


20150502_133535DSCN2592_R_1.jpg   

アンテナ3本の山頂で最新の天気予報を取ると、明後日は朝から降り始め風雨ともに強くなるとの予報。
これで明日の水晶滑走の中止が決定した。もう2度も滑っている私はいいけれどスガーは残念な事だったろう。

雪の緩み待ちで1時間40分もまったりしてから北東面にドロップ。
1ピッチ目はノール直上で短く切った。
20150502_140243DSCN2597_R.jpg 
2ピッチ目。ノールの下は見えない。期待と緊張の一瞬。
20150502_140406DSCN2603_1_R.jpg 

20150502_140555DSCN2606_1_R.jpg 
待った甲斐あり、絶好のタイミングを捕まえた!
斜度もそこそこあり、シャバ雪で最高の滑走!
(ノール直下のシュプールをアップで撮影)
20150502_141005DSCN2607_1_R.jpg

笑いが止まらない。思わず出るガッツポーズ!
SGWIMG_0216_20150502R.jpg 
台地から岩苔小谷のボトムまでもう1ピッチ。最後まで走るシャバ雪が続いてくれた。
赤牛や水晶のような大滑走に及ばないことは言うまでもないが素晴らしい滑走だった。
20150502_141420DSCN2614_R.jpg

登り返す岩苔乗越直下で高天原方面に向かう単独スキーヤーが頭上を滑っていった。今年は天気が良いせいか人が多い。
20150502_152257DSCN2623_R.jpg 
再び岩苔乗越に立ち本日最後の滑走の準備をしているとワリモ岳の稜線から人の声が聞こえてきた。
あれ~、あれってマッキー達じゃん?
20150502_155252DSCN2637_R.jpg

圧倒的に上手い滑りを見せつけた3人はやはりマッキーPだった!
20150502_155355DSCN2650_1_R.jpg 

20150502_155404DSCN2651_R.jpg  
大声で連絡を取り合った後、下手な滑りを見られないよう彼らが視界から消えてから我々も源流を滑走。岩苔小谷で汲んできた3Lの水が腿にきつかったが、シャバ雪で楽しい滑走だった。

黒部源流左岸台地にテントを設営。
20150502_181359DSCN2684_R.jpg  
マッキーは初日に新穂高を5時半過ぎに出て14時には双六小屋に到着、その日の内に双六山頂から1本滑ったとのこと。1日早く出てきたFさん、Nさんも全く同じペースだったとか。

いくら我々が息が切れないペースを意識してきたとはいえ、この圧倒的なペースの違い。やはりオレなんかが来るべきエリアじゃない、オレのペースなんかじゃつかめるチャンスもつかめやしないとかなり落ち込んだ。
SGWIMG_0330_20150502R.jpg

我々は明日丸山を滑ってから双六に戻って明後日の悪天をやり過ごすことにしたが、まっきー達は明日は水晶山頂からのルンゼ滑走をやって明後日朝の内に双六へ戻るとの事。

体力に任せて缶ビールまで運び上げているマッキー達に比べて、残り少なくなった酒にため息をつきながら眠りについた。

【訃報】BB KING

もう見られない。




享年89歳 
I can't hear you!

R.I.P.


2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(3)温泉三昧

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
3日目)温泉沢左岸尾根停滞
滑走なし
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/高天原山荘前8:30~9:30温泉沢左岸尾根テン場(温泉停滞)
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************

Daybreak!  夜明けのない夜はない。
20150501_071214DSCN2522_R.jpg

昨夜クマが去った後も寝付けず、何度も悪い夢を見ては目が覚めた。(テントの上からクマにのしかかられたリアルな感触に悲鳴を上げて飛び起きたり、池袋で泥酔してどうしても靴と靴下が見つからず裸足で電車に乗らざるを得なかったり、あれやこれや…。)
予定の時刻に目覚ましが鳴ったものの、完全に戦意喪失。
赤牛岳をあきらめ温泉で心を癒す大人の決断をした。

無風、快晴、真昼間、時間無制限。これ以上ない贅沢。
20150501_105115DSCN2529_R.jpg 
今年のサービスショットは控えめに。
SGWIMG_010201May_1_R.jpg
ガツガツ滑るばかりがスキーじゃないかも

ここは他が大荒れの時でも風がそよとも吹かない不思議な別天地。これまで何泊ここで難を逃れただろうか。
IMG_0087_R.jpg

干せる物はすべて干してか~らから。
20150501_094146DSCN2526_R.jpg

そして夕方来客あり。
この場所で他人と会ったのは初めての事。まっちゃんもそうだけれど単独でここまで来るというのはすごいことだと思う。後で知ったことであるが、先月の御神楽沢滑走に当たりブログを参考にさせて頂いた方だった。
20150501_174906DSCN2532_R.jpg

今夜も寝る前にはクマよけのおまじない。
昨日は効き目なかったじゃんとスガーの抗議があったが、おまじない。

 

2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(2)双六小屋~高天原

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
2日目)双六小屋冬季小屋~高天原
14/15シーズン 滑走36日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/双六小屋8:12~9:28丸山の南コル9:51~10:46丸山11:04~11:38三俣蓮華岳12:25~12:55黒部源流13:20~14:45岩苔乗越15:20~岩苔小谷~17:05高天原山荘付近(時間かけ過ぎ。普通の人はこんなにかからないので初めて行く方は参考にしないようにお願いします。)
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************

5年前の記録を見ると双六山荘を9時に出発して15時には高天原山荘前に着いているので、今日も時間たっぷり。スキーに比べてトラバースが苦手なスプリットボードのスガーのために雪が緩むのを待って出発したいことと、岩苔小谷の沢割れで嵌るかもしれない時間の勘案で8時に出発することにした。

まるで1か月以上季節が進んでしまったような黒部の山々。
2日後に入山してくる寅は水晶西面の滑走を楽しみにしていたのである が今年は難しいだろう。
20150430_091430DSCN2462_2_R.jpg  
思惑通り雪の緩んだトラバースルートで三俣蓮華へ向かう。
SGWIMG_0024Apr30_R.jpg

こんな糞見たことないけど、何?
20150430_084858DSCN2460_1_R.jpg

丸山の南コルで稜線に上がると一足先に小屋を出たsakusaku_fukafukaさんが丸山の山頂に着いたところだった。
20150430_092826DSCN2463_R.jpg

20150430_092836DSCN2464_R1.jpg

急いだところでドロップには間に合わないだろうと我々はここで早くも休憩。
何度も通って思い出が詰まる北鎌尾根が懐かしい。
20150430_094650DSCN2469_R.jpg 

景色を楽しみながら40分ものんびりしてから丸山に登るとなんとsakusaku_fukafukaさんが雪の緩み待ちをしておられた。

絵になる山と絵になる男。
20150430_110401DSCN2477_1_R.jpg  

ここでまた話をしたり写真を撮りあったりと20分ほど交歓し、氏のドロップを見届けてから三俣蓮華へ向かった。

三俣蓮華岳山頂にて。番で仲良く餌をついばんでいた。
20150430_114837DSCN2486_1_R.jpg 

いつもアイシーであまり良い記憶がない三俣蓮華の滑りだったが、今回はあちこちで時間を潰してきた我々の勝利!
SGWIMG_0040Apr30_R.jpg

広大な一枚バーン、下までまだまだ滑れます。
SGWIMG_0049Apr30_R.jpg  

最後のピッチは黒部源流に向かってGO!
SGWIMG_0054Apr30_1_R.jpg

滑走ルート全景(5月2日撮影)
20150502_162351DSCN2671_R.jpg

山頂直下が蔭になっているのですごい急斜面に見えてかっこいいですね。
ラインは下部で樹林に隠れてしまいますが、黒部源流まで続きます。
20150502_162351DSCN2671_1_R.jpg 

この斜面、黒部の奥地の山へのアプローチルート的に捉えられがちですが、関東近県にあれば間違えなく1級の人気ルートでしょう。

源流まで滑り降りたらシールを付けて岩苔乗越へ。
SGWIMG_0062_R30Apr.jpg  

祖父岳東面に出現したクマ。真っ白でない祖父岳など記憶にありません。
20150430_133028DSCN2501_1_R.jpg

源流から岩苔乗越まで、短いようで意外に長い。
20150430_143716DSCN2507_R.jpg

岩苔乗越にはまっちゃんが!
今朝温泉脇の幕場を引き払ってきて、最高のシャバ雪だった祖父岳の山頂からの北東面を2回回し終わったところだという。祖父岳は今回の落穂拾いの候補一つ。帰路が楽しみだ。
20150430_145846DSCN2509_R.jpg 
久々に会ったまっちゃんとの会話が楽しくて1時間半もおしゃべりしてしまい、出発は15時半近くになっていた。

岩苔小谷の滑走で楽しかったのはこの斜面へドロップした直後の数ターンのみ。後は沢割れを避けた消化試合的トラバースが続いた。
20150430_152400DSCN2510_1_R.jpg

1時間もあれば温泉脇のテン場に着くだろうと高をくくっていたが、そこには思わぬ落とし穴。高天原の森の中に続く微妙なアップダウンはボードのバスカングでは踏破不能。シールを付けて行くことにしたが今度はびしょびしょに濡れたグルーが利かなくなるというトラブルに見舞われ時間ロス。高天原を抜けても温泉沢のテン場まではまたボードには厄介なアップダウンが約30分。多分最後はヘッデンのお世話になるだろう。

今日中に温泉沢にテントを張っておきたいところではあるが、例え今夜高天原に泊まったとしても明日朝早くに温泉沢へテントを移せば赤牛の両面滑走も帰幕後の温泉も楽しめることになる。そう考えて今日は明るい内に高天原山荘手前の水場脇にテントを張ることにした。明るいけれどもう17時。
20150430_170802DSCN2519_R.jpg 

向かって左手の森の陰に高天原山荘がある。
SGWIMG_0079_R30Apr.jpg


そして夜。
近くの森から聞こえるフクロウの声を子守唄に寝入っていると…

テント脇の水場で
「ペチャ、ペチャ、グフーッ、ペチャ、ペチャ、グワウォッ」
何か動物が水を飲む音とともに 
ザクッ、ザクッ、と雪を踏みしめて歩く小さくはない足音に目が覚めた。

ヤバッ、クマだ…。

水を飲み終わった後もそいつはテントの周りを小1時間もうろつき回っただろうか。

スガーと二人、ただ息を殺してこっちに来るなと祈るのみ。
ようやくその気配が消えたころ、緊張の糸が切れたせいか体が震え始めて止まらなくなり、まんじりともできない夜を過ごした。

2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(1)新穂高~双六小屋

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
初日)新穂高~双六小屋冬季小屋
14/15シーズン 滑走35日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/新穂高6:10~8:08ワサビ平8:28~13:51大ノマ乗越14:35~14:46双六谷15:13~17:22双六小屋(時間かけ過ぎ。普通の人はこんなにかからないので初めて行く方は参考にしないようにお願いします。)
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************

今年も飛越トンネルから北ノ俣経由で黒部の奥地に入る予定だったが、数日前に単独で入ったまっちゃんから黒部川の増水状況が伝わり、急遽新穂高側からの入山に変更した。

新穂高の黒部登山センター前で最終パッキングを終えて出発しようとすると、TV局のクルー数人がカメラを構えながら駆け寄ってきて登山届が義務化されたのを知らないのかと正義の味方の詰問口調。(富山・長野・岐阜の)三県警には事前に提出済みだけどと答えると挙げた手のやりどころに困った様子。空いた間に、富士山でのスキー・スノボ禁止という誤報をマスコミはどう考えているんだ、なぜ訂正しないのかと逆質問。しかし暖簾に腕押し、そんな誤報自体知らないなどといけしゃーしゃーと。
20150429_060819DSCN2422_R.jpg 

急速に進んだ雪解けでワサビ平まではシートラを覚悟していたが、蒲田川左俣林道の雪は例年と変わらず毛穴谷出合付近の橋の所から雪がつながりシール歩行開始。

春の訪れのワサビ平で早くも大休止。急がないのが今回のコンセプト(自分への言い訳)だから。
20150429_080721DSCN2424_R.jpg 

ワサビ平を過ぎるとほどなく秩父小沢が見えた。
例年ならこの辺りはゴロゴロと巨大なデブリ群に覆われ、5年前のGWの時なぞ右岸を通れずに左岸を巻かざるを得なかったことすらあったが、今年はこの通りすっかり融けてしまってとても歩きやすかった。
20150429_085129DSCN2426_R.jpg 

見えてからが遠い秩父小沢。やはり谷川辺りとはスケール感が違うとスガーも実感。
20150429_090115DSCN2427_R.jpg 

秩父小沢上部はそこそこ急斜面。
雪庇が張り出す稜線へ向かって登るのはあまりいい気持ではないし、どこからコルへ這い上がるのやら。幸い雪が緩んでいたのでクトーで登り続けることができた。
20150429_131847DSCN2434_1_R.jpg  

それにしても暑さと6泊7日幕営装備の重荷が堪えること。折角がんばって軽量化してきたのに、出発直前に酒とツマミの増量でその分を補ってしまった。まぁ、今回はすっかりリゾート山行気分なので悔いはない。休み休み時間をかけて行けばそれでよし。

珍しくスガーが後ろにいるので不思議に思っていたらこの時足が攣っていたらしい。
20150429_135114DSCN2435_R.jpg 

いやぁ、つらかった。
20150429_135551DSCN2440_1_R.jpg 

風もなく暑いくらいの乗越で槍穂を眺めながら小1時間ものんびりしてから双六谷に向かって滑走開始。

このたった250mが今日の滑走の全てであるが、まだ重荷での滑りに慣れていないので楽しみは二の次、怪我をしないように様子を見ながらの慣熟滑走。下部は地雷がたくさん隠れていたのでスキーヤーズライトの隣の沢へトラバースすると面ツルのきれいな斜面が待っていた。こんなことなら最初からこの沢にドロップすればよかったと思ったが、後でマッキーに聞いたら下部でないと入りづらいとのことのようだった。
20150429_143509DSCN2443_1_R.jpg 

この5年間で確か5回目のGWの双六谷であるが、沢割れなど1か所見たことがあるだけだった。しかし今回はあちこちで水流ゴウゴウである。おかげで冷たくて美味しい水をがぶ飲みできたのではあるが。

双六カールとの出合いはかろうじてつながっていた。帰路は何とかカールを滑ってくることができそうだ。
20150429_162320DSCN2450_R.jpg 

出合を過ぎても小屋はまだ遠い。急登もある。
20150429_165546DSCN2451_R.jpg 

少し歩いちゃ立ち止まっておしゃべり。
そんなペースでようやく冬季小屋に到着。

5年前まだ体力がなかった頃、ワサビ平の先でデブリに阻まれ蒲田川左岸の迂回を強いられ、更にはアップダウンの激しい稜線ルート(大ノマ乗越~弓折岳~冬季小屋)を踏破して来た時でさえ9時間半だったのに、今回はのんびりものんびり11時間10分も掛けてしまった。きわどくドラマチックだった米国出張からの帰国劇がまだわずか3日前の事だったとは言え、ちょっとやり過ぎ。これを書いている今、達成感とは程遠いダラダラ感を感じている。
20150429_172200DSCN2457_R.jpg 

小屋に入ってみると、CANNONのステッカーが貼られたJONESのスプリットボードが立てかけられていた。
私はボードに興味がないので分からなかったが、スガーが言うにはこれは…。

しばらくして戻ってきたボードの主は予想通り撮影に出かけていたsakusaku_fukafukaさん!
久々の再開を喜びあい話に花が咲いた楽しい晩だった。

ほっと一息

5月8日【ココゴローゾ】@本郷三丁目

黒部から下山して今日で3日目。連休中にたまっていた仕事に
ようやく目処が付いて今夜は外飲み。

201505090053101ea.jpg


201505090053410c2.jpg



二次会上野の佐渡料理。
また行きましょう!



速報 黒部7日間スキー縦走

4月29日~5月5日 【Seven days in KUROBE】

2010年 第1回黒部横断スキー縦走(上の廊下増水で敗退)
2011年 第2回黒部横断スキー縦走(室堂~新穂高)
2012年 第3回黒部横断スキー縦走(金作谷SB崩壊で周遊に)
2013年 第4回黒部横断スキー縦走(大量降雪で金作谷が滑れず周遊に)
2014年 悪天候で黒部入りできず

恒例の黒部縦走スキーに行ってきました。
今年のテーマはのんびりモードで落穂拾い。
決して急がずのんびり縦走を楽しむ事と、これまでの縦走で滑り残した赤牛岳(東西両面)と祖父岳を滑走することでした。(ワリモ岳も未滑走ですが、割愛。)

そのメインの赤牛岳滑走ですが、前日あちこちでのんびりし過ぎて残りたった約600m先の温泉沢左岸に届かず高天原山荘前で幕営、翌朝温泉沢に居を移し、易きに流れて赤牛滑走を捨て温泉三昧にしてしまいました。また3日に予定していた水晶岳東面滑走は4日の悪天を小屋でやり過ごすために中止としました。
いずれも少しだけ根性があれば実行可能でしたが、これも良しと思っています。

29日 新穂高温泉~双六小屋冬季小屋(sakusaku_fukafukaさんとの邂逅)
30日 双六冬季小屋~丸山~三俣蓮華岳~岩苔乗越(まっちゃんとの邂逅)~高天原(恐怖の熊の訪問
1日 高天原~温泉沢左岸幕営地(温泉三昧)
2日 温泉沢左岸幕営地~岩苔乗越(まっきーPとの邂逅)~祖父岳~北東面滑走~岩苔小谷~岩苔乗越~黒部源流滑走~幕営
3日 黒部源流幕営地(よねっち、ひろみっちゃん、はっち来訪)~三俣蓮華岳~コル(おみづ、寅と邂逅)~丸山~東面滑走~登り返し~丸山東尾根南面滑走~夏道~双六小屋冬季小屋
4日 悪天で停滞(まっきー合流)
5日 双六小屋冬季小屋~双六谷滑走~大ノマ乗越~秩父小沢滑走~新穂高温泉


この縦走を行うために体力を回復させるべくそれなりに頑張ってきたつもりでした。でも、まっきーPの新穂高から双六小屋までの所要時間を聞いてショックを受けただけでなく、2日に新穂高から入山したよねっちPが翌朝6時前にもう黒部源流に現れた時には黒部縦走はもう潮時だなと諦めが付きました。私なんかのスピードじゃ掴めるチャンスも掴めないと。「常吉さん、来年は冬の黒部横断やりましょうよ。」ってよねっちに言ってもらったのは涙が出るほどうれしかったけど。








と一時思い詰めたのですが、やっぱまだやめられんなぁ。
ひと夏頑張る根性さえあれば来年くらいはまだ行けるはず…。
もう少し頑張ってみるかもしれませんぜ~。

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
4日目)双六小屋冬季小屋~高天原
14/15シーズン 滑走37日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/温泉沢左岸テン場7:25~岩苔小谷~11:15岩苔乗越12:00~12:40祖父岳14:02~北東面滑走~15:40岩苔乗越16::24~黒部源流滑走~16:33黒部源流テン場
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************


過去のスキー縦走で滑った黒部源流の山々。
薬師岳(複数回)、北ノ俣岳(複数回)、黒部五郎岳(3回)、三俣蓮華岳(2回)、鷲羽岳、水晶岳(2回)、雲ノ平南面(複数回)、同北面(複数回)

北アルプス最奥の赤牛岳はこれまで2度の滑走チャンスがありながらも水晶岳の魅力に負けて未滑走。
祖父岳・ワリモ岳はこれら名峰に比して地味な存在で滑走対象から外れていた。

今日はそんな祖父岳の滑走の日。
縦溝の発達がひどい今年は午前中の滑走を避けるために今日ものんびり行動とした。

見通しが利かないだけでなく障害物の迂回を何度も強いられる高天原の森はコンパス歩行の絶好の練習場。ホワイトアウトの雪原でセカンドが5m先を歩くトップにコンパスで彷徨を指示して歩く計器飛行の練習をスガーにしてもらいながら2150の等高線が岩苔小谷を横切る地点を目指した。(常時GPSを携行しているものの、やはりスキルとして身に着けていれば2重に安心なので。)
20150502_072454DSCN2534_R.jpg 
こんな縦溝初めて見た。
20150502_075333DSCN2537_R.jpg 
過去何度もいい思いをさせてもらった高天原北面の「神が造りしゲレンデ」。次回はここから。
20150502_080857DSCN2538_1_R_R.jpg
 
幾度も沢や池や濃いブッシュの小さな迂回を強いられながらも、何も考えることなく10mごとの計器歩行を続けてドンピシャ目標地点へ。
20150502_083914DSCN2539_R.jpg

岩苔小谷をハイクするのは初めてであるが、単調で退屈なルート。
SGWIMG_0113_R20150502.jpg

岩苔乗越には昨晩温泉脇サイトで一緒になったテレマーカー氏と再開。
20150502_111733DSCN2550_R.jpg 
黒部源流へ滑り込むFさんを見送る。
20150502_112810DSCN2553_2_R.jpg 
我々はポカポカと暖かい乗越で雪が緩むのを十分待ってから祖父岳へ向かう。
20150502_120036DSCN2562_1_R.jpg

祖父岳は黒部のヘソ。源流域の名峰のど真ん中にある。
Pano_1_R.jpg

360度の絶景とはここを見ずして語るなかれ。
薬師~赤牛~水晶~ワリモ~鷲羽~三俣蓮華~黒部五郎~北ノ俣
そしてその向こうには立山、槍、笠…。

こんな写真しか撮れないのがとても残念だ。
Pano_2_R20150502.jpg  
初めて立山から新穂高への黒部横断に成功した時の 思い出の廊下沢と薬師見平が眼下に一望。
薬師見平と赤牛はセットでもう一度いけないものか?

目的のためには手段や過程などどうでもいい。現在いろいろと悪だくみを思案中である。
20150502_133535DSCN2592_R_2.jpg   

祖父岳の山頂はアンテナ3本。
天気予報を収集したところ明後日は朝から雨が降り始め、風雨共に強まるとの事。
明日は水晶滑走をあきらめ双六の避難小屋へ戻ることにした。
しかしこういう展開になると昨日のさぼりが痛いなぁ。
SGWIMG_0155_20150502R.jpg

1時間半以上も感激の山頂で過ごし、ようやく重い腰を上げて北東面にドロップした。
下が見えないノール地形。緊張と期待が入り混じる。
20150502_140406DSCN2603_1_R.jpg 
待った甲斐あって素晴らしいコンディション、固すぎず、腐らずの絶妙のタイミングを捕まえた!
そして斜度もゆるすぎず、きつ過ぎず。
20150502_141005DSCN2607_1_R.jpg

もちろん水晶や赤牛の大斜面とは比べるべくもないが、笑いが止まらない一本となった。
SGWIMG_0216_20150502R.jpg 
岩苔小谷のボトムまで滑って滑走終了。
20150502_141420DSCN2614_R.jpg 
岩苔乗越への登り返し中に、単独スキーヤーが岩苔小谷へ降りて行った。温泉に泊まるのだろうか?
20150502_152257DSCN2623_R.jpg

岩苔乗越で次の滑走の準備をしているとワリモの稜線から人の声が。
20150502_155252DSCN2637_R.jpg 
やはりまっきー達だ!
20150502_155355DSCN2650_1_R.jpg

けた違いにスキーが上手い3人の滑りを見送ってから我々も今宵の宿となる源流台地を目指す。
20150502_155404DSCN2651_R.jpg


20150502_181359DSCN2684_R.jpg

そろそろ酒が乏しい我々はマッキー達のビールが羨ましかった。
SGWIMG_0330_20150502R.jpg

新穂高を5時半に出たマッキーは2時にはもう双六小屋に着いてその日の内に双六山頂からひと滑り。一日前に入ったFさん、Yさんも同じようなペースだったとか。

幾ら我々が休憩三昧で登ってきたとはいえこの3人とは余りのペースの違い。
私のような体力の人間が来るところじゃないのかとちょっと考えさせられた夜だった。