FC2ブログ

神も仏も…(西黒本谷敗退)

2月27日【谷川岳熊穴沢滑走】 W/スガー
13/14シーズン 滑走16日目
Armada JJ, Dynafit TLT Radical Speed, Dynafit TLT5(12/13) 

大手を振っては行けませんが、母親の介護をしてくれている家内の顔色を窺いながら谷川岳に滑りに行ってきました。

狙いは40度オーバーが続く西黒本谷。
しばらく降っていないのでそろそろ雪も落ち着いて滑り頃だろうと考えて計画したのですが、今週前半に続いた予想外の高温と日射。転進も考えたのですが、前夜の打合せでダメもと承知で行くことにしました。

西黒がだめなら肩の広場の大斜面を何本か滑れりゃそれでよしとも思っていたのですが…。
天狗の溜まり場から上はガスガスです。
0402Tanigawa_02.jpg 

西黒本谷…。何あれ?
0402Tanigawa_03.jpg 

デブリとグライドクラックのオンパレードにこの時点で西黒本谷は除外。
とりあえず山頂まで行って肩の広場を回しますか。
いつもの場所でいつもの人に手を合わせて出発しました。
でも、いつまでも顔を上げないスガー。 ちょっとジェラシーを感じたオレです。

春ですね。いつもの難所にはもう土が出始めていました。
カリカリなので滑落注意。
0402Tanigawa_04.jpg 

熊穴沢避難小屋はまだ屋根まで埋もれていました。
0402Tanigawa_05.jpg 

ここまではシールで来ましたが、この先はクトーを付けても登れないと判断してシートラ/ボートラ?で登る事にしました。0402Tanigawa_07.jpg
 
雪面カリカリ、視界5mですが、雪山に身を置けるこの幸せ。
しかし、天狗の溜まり場まで来ると、その先の視界は1m以下。
0402Tanigawa_08.jpg 

これでは幾らなんでも滑れないので不本意ながら今日はここで打ち止めにして、避難小屋まで戻って熊穴沢(北東向き)を滑る事にしました。

天狗の溜まり場からは尾根南側の斜面をトラバース気味に避難小屋まで下りてくることが多いのですが、この視界では尾根を外せません。そもそも来た方向も分からなくなってしまったし、慎重にコンパスで方向を確認して尾根を忠実に戻ったのですが、カリッカリで僅か滑っただけでもうMPP。

熊穴沢の源頭部で積雪構造観察とコンプレッションテストを実施。 (結果は前記事参照)
0402Tanigawa_10.jpg 

積雪観察の結果からはひどい不安定が予想されたのですが、結果的にはCTH28(BRK)。破断面は雪面下20-30cmにできた再結晶層の下側境界でした。
 
最近の研究結果では例えCTHであっても破断形態がSP,SCなら要警戒、CTEだったとしてもそれがRP,BRKなら多少は安心だそうですよ。後者はともかく、前者は覚えておいて損はないかも。とてもためになる常吉酔いどれ日記ですね。

再結晶層とその下の破断面(BRK)。0402Tanigawa_11.jpg 

今回はかなり安定しているという結果でしたが、浅い所にあるグズグズの弱層はとても不気味なので地形を選んで慎重に滑りますか。

正面は西黒沢左俣末端まで到達したデブリ。汚い雪の縞はPM2.5?
0402Tanigawa_15.jpg

沢という沢はデブリで埋まり、尾根上地形はこの通りグライドクラックだらけです。
0402Tanigawa_17.jpg

まだ安全地帯ではありませんが、妖怪板掴みに掴まって…。
0402Tanigawa_18.jpg 

あっちの沢もこっちの沢もデブリ祭り。写真中央は西黒本谷?
0402Tanigawa_19.jpg 

我々が滑った熊穴沢(北東斜面)だけがデブリなしでした。
0402Tanigawa_20.jpg

ようやく山滑りができたのにアイスバーンと板掴みの洗礼。
週末は日射の影響が少なかったと思われる場所を選ぶ事にしました。

140227谷川岳積雪情報

今日谷川岳に行ってきました。
JANの雪の掲示板にアップして週末のご参考にして頂きたいのですが、まだメンバー登録が済んでいないためここに挙げます。

ぶっちゃけ要約。
「熊穴沢の安定性は良好なれど、尾根上はアイスバーン、標高の低い所は怪力妖怪板掴み、試練というより拷問でした。」


観察者)
常吉/スガー

日付/時刻)
140227/1200

山岳/場所)
上越/谷川岳天神尾根、熊穴沢

標高)
800-1650

気温)
-0.4℃ 1450m,12:00

天気)
×(Obscured)

風)
尾根上は強度L、 標高1500m以上は強度M 、北東斜面は強度C

降水、降雪)
NIL 一時S,S-1

雪崩などの観測)
南東向き沢地形で48時間以内に発生したと思われるサイズ1.5~2の面発生雪崩多数。南東向きの尾根地形にはグライドクラック多数。

積雪構造) @熊穴沢源頭部(1450m NE)
硬度4Fの再結晶層10cmの上に硬度1Fの締り雪20cmが載る逆構造。再結晶層の下は硬度1FからPの正構造の締り雪。表層10cmには大きな温度勾配(4℃)があるが、そこから下は非常に小さい(0.5℃/1.4m)。再結晶層とその上下の層の結合はいずれもCTH28(BRK)で悪くない。スキーカットでの反応もなし。

安定性評価)
Good(森林帯)

留意点)
尾根上に露出した堅い0226MFcrによる滑落に注意。
標高の低い所ではスキーが全く走らない板掴み。
低密度な再結晶層はCTH28(BRK)の結果を得たが、1か所だけでのテスト結果であり、結合状態の空間的多様性に留意。

↓20cmの再結晶層。
0402Tanigawa_12.jpg 

私の足前じゃ滑れる雪じゃないので、今週末は上越を外す事にしました。

ご報告

2月23日【退院祝い】

Discharge_3.jpg 

暮れに旅先で転倒し、股関節を4つに砕いてしまった87歳の母親。
入院初期は頭まで呆けてしまって一生寝たきりの介護まで覚悟したのですが、病院関係者も驚く回復を見せ50日の入院治療を経て無事退院。歩行器を使えば自宅内での移動程度はなんとか可能で、来月の長女の結婚披露宴の出席を目指して週3回のリハビリに通う事になりました。

今日は我が家に次男夫婦(弟夫婦)、孫夫婦(長女夫婦)、孫(姪っ子)、曾孫(その子)が来てくれて退院祝い。ご心配頂いたりお見舞いの品を頂戴した皆さまにご報告いたします。

悪い事に家内の身体にも心配な事があったりして、トレーニングはおろかクライミングやスキーすらやる気が起きなかったこの2ヶ月でしたが、これでまたがんばれるぞーーーー。

オメデト!!

2月21日【オイスターバー キッチンK】@川越
W/かおりん

(姫改め)いずもそうだけど今やオレの全く手の届かないクライマーになっちゃったカオリンの社内資格合格祝いをしてきました。 (こいつらこの人達に比べたら5.×登れなくなっちゃったももなんて、なんてかわいいんでしょ。)

川越のオイスターバーセイントマーチンがなくなっちゃって困ってたんだけど、カオリンがいい店見つけてくれました。         Photo カオリン
IMG_2883.jpg  

一昨日のやじやじへのセクハラ大口撃の反省で今日は控え目にしようって思ってたんだけど、結局紅白2本。 Photo カオリン
IMG_2191.jpg  
 
折角二人だけの世界に浸ってる時に「今から仙台にアイスクライミングに行くのよー」とか言う榊原郁恵ピーターパンがビーコンどうのこうの言いながらが乱入してきたんだけど、鬱陶しいんで記憶から消し去りました。 (初コメントPlease.)

サンキュー!!!  Photo カオリン 
IMG_9486.jpg


雪崩談義

2月19日【マジな飲み会】@広島料理わさび 池袋東口  ← 好評でした。
W/おーすけさん、まっちゃん、やじやじ

今月号の岳人に俳優と見まがうような写真が載ったおーすけさん、こんなオレでも見捨てずに付き合ってくれているまっちゃん、オレのエロトークにちっともめげないやじやじと大走りの雪崩の総括をお題に飲みに行ってきました。

おーすけさんが「これと一緒だろ」って取りだした写真。
51X3HBTNR8L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_ 
3人とも見た瞬間「あー、おんなじだっ」って。
向かって右端の人が多分トリガーだろうねって。
もちろん同じかどうかはどちらも現地調査したわけじゃないから、この写真とJANの大走りの事故調査結果(HP調査速報、ASC講習、岳人3月号)からの想像。

結果的に根拠は違ってたけど、事故の約1時間前にトリガーポイントの正にそのすぐそばで穴掘って、「今日は尾根滑って帰るしかないね」って結論付けたまっちゃん、やじやじ、オレ、の判断の根拠をもう一度おさらい。

まぁいろいろ話合ったけど、結局のところ我々ウィークエンドスキーヤーはきちんと穴掘るしかないし、自信が持てない時は20度以下の斜面で遊ぶしかないよねってのが結論。きわどい初滑降を続けて無事生き延びてきているおーすけさん、スキーはオレと同じレベルだけど厳冬期登攀の世界ではある時期日本のトップレベルにいたと伝え聞くまっちゃんが言うんだからそうそう間違ってないでしょ。

それと穴は人任せじゃなくて自分で掘って自分の目と指で判断しなきゃダメだと思っている。そのためにはオレは体力付けなきゃ。 (穴掘り体力じゃなくてその時間を作りだす体力ね。) 還暦過ぎてもハンドトゥマウスで老後の経済基盤ができていない私、家族のためまだしばらく死ねん。





先週の雪崩事故で亡くなったまちゅらおさんのご冥福をお祈りいたします。

2014 JAN ASC 白馬

2月7~11日【日本雪崩ネットワーク アドバンスセーフティーキャンプ】 @白馬
13/14シーズン 滑走12~15日目
Armada JJ, Dynafit TLT Radical Speed, Dynafit TLT5(12/13) 

JANのアマチュア向け雪崩講習会ASCを受講してきました。
Field_Book.jpg

私にとって、2008年に冒険小屋の故タカさん・カリスマ女性ガイドのサチさんにお願いしてやってもらったツアー安全講習(1日)、2009年のJAN SC(1泊2日)に続き、3回目の正式な雪崩講習です。講師はCAAとJANのプロフェッショナルメンバーである廣田勇介ガイド、受講生は遠路はるばる鳥取から駆け付けてきたスキーヤーや日本最強の山岳警備隊の隊員さんなど意識の高い方達7名が集まりました。

初日は座学と戸外でのビーコン探索。 Photo KMさん
0002_original.jpg 

マサイの戦士、白馬に集う。
14ASC_02.jpg 
ビーコンが電波を拾う前の小技をは初耳でした。

2日目からはツアーです。
毎朝5時過ぎには起きていろいろなサイトから気象情報や前日からの降雪・雪崩情報を各自で収集しておきます。これが非常に重要なのですが30分の早起きが結構ツライ。8時頃スキー場に集合し、小1時間のミーティングでその日に起こりうる雪崩の形態と危険地形を全員で共有してからツアースタート。積雪観察と安全行動を学びながら15時頃ツアー終了。その後教室に戻ってその日の積雪状況のまとめと座学を2時間ほど実施。

そしてみねかたスキー場の近くの民宿に宿を取った私は日本人女性プロボーダー第1号だったという美人おかみにお相手してもらいながらの晩酌、そんな楽しい毎日でした。

お勧め、一ノ倉荘。14ASC_19.jpg 

2日目 白馬乗鞍スキー場から若栗周辺ツアー 積雪構造観察、夕方座学
3日目 栂池スキー場からヒヨドリ峰往復ツアー 積雪構造観察、効率的ハイクアップ法、夕方座学
4日目 栂池スキー場からヒヨドリ・若栗越えで白馬乗鞍スキー場までツアー、積雪構造観察、ECTによる弱層破壊伝播性評価、効率的ハイクアップ法、夕方座学
5日目 地蔵の頭付近でこしもざらめ観察、ECT実践、シナリオレスキュー、ミニツアー、15時解散

ツアー初日は白馬エリアの積雪構造を知るためにフルサイズのピットを掘りました。エリアの積雪に関する情報量やその連続性に欠ける我々ウィークエンドスキーヤーにはフルサイズが必要です。14ASC_11.jpg
ピン角に注目。合言葉は「スイス人より美しく!」です。

その後のハイクアップ中の事。
廣田さんがあえて尾根を外して風下開放斜面でスキーカットを行ったところ、全くスラブ化していないサラサラドパウ(我々は格調高く「結束性のない低密度の新雪」といいます。)が、そのスキーカットをリモートトリガーとしてサイズ1.5の発生雪崩を起こしました。これには廣田さんもびっくり。

スキーカットした斜面上方5,6mの所に入った破断面を観察する。 14ASC_13.jpg 
破断した場所の雪も全く結束性を感じさせない硬度Fの新雪でした。 なぜそれが面発生を起こしたのか?「超々サラサラ雪の上にサラサラ雪が載れば後者はスラブとしての挙動を示しうる」ということと解釈しましたが、直観的な理解には至っていません。 ちなみに伝搬した弱層は顕著な硬度差が見られず、ストームスラブだったと思われます。

この結果を受けて、滑る斜面は風の影響が少ない樹林帯を選びました。
今度は見るべき点が分かっているのでフルサイズのピットを掘る必要はなく、ターゲットサンプリングで十分です。 この場合のターゲットは先ほど雪崩れたウルトラソフトウィンドスラブ?の有無。
14ASC_17.jpg 

「ノール地形での点発生雪崩には注意が必要」(⇒このシチュエーションではまず安心)という結果が出たので歓声を上げながら2ピッチほどの腰パウを楽しんだのですが…   Photo KMさん
0016_original_1.jpg 

傾斜の緩む沢のボトムまで来ると様相一変。あちこちでシューティングクラックが入りました。沢の合流部であるということと、樹林が幾分疎であることから風の影響を受けていたようです。慎重にルートを選んで滑った廣田さんのトレースを一人ずつ辿って危険地帯を脱出しました。 Photo KMさん
0023_original.jpg 
4日間を通して一番不安定だったツアー初日。
積雪の空間的多様性を実感できた貴重な一日になりました。

2日目以降も穴掘り捲り。
ただし注意すべき層は既に把握できているのでターゲットサンプリングです。2月4日の雨で形成した融解凍結層(格好付けて0204MFcrと表記します)の少し下まで掘れば十分です。Photo KMさん
0029_original.jpg

雪崩とは関係ありませんが、ハイクアップ時の効率的なルート取りも教えていただきました。キックターンもヒールリフターも基本的には使わずに済み、ピストンの場合は帰路の美味しい斜面を探す事ができるという優れ物。 他の人より少し余計にトップをやらせてもらいましたが、こんな素晴らしいシチュエーションでのラッセルはワクワクします。 Photo KMさん
0045_original.jpg

これは破断の伝搬性を調べるためのECT(Extended Compression Test)の講義。
30×90cmに切り出した雪柱の端でCTを行い、破断が他端まで伝搬するかを確認します。Photo KMさん
0036_original.jpg

積雪構造確認は日の当らない側の側面で実施。
気温、雪温も太陽や遮蔽物からの輻射を受けないように気を遣って測定します。
14ASC_34.jpg 

重いレスキュー用具を背負って剱沢野営場から熊の岩まで1時間半で行っちゃう猛者。
これからは何かあった時は指名料払うからよろしくね。
14ASC_46.jpg

安全なノール地形を使ったスキーカット。
最初に表層2,30cmの新雪ウィンドスラブが落ち、それに引きづられて下層の旧雪が0204MFcrを滑り面として落ちました。  Photo KMさん
0027_original.jpg 

こしもざらめ観察。今後の持続性に要注意。
14ASC_47.jpg

廣田先生(左端)と7人の侍。 Photo  通り掛かりの外人さん
0100_original.jpg 

8,9日に南岸低気圧が通過し積雪構造が日々変化するという絶好の期間に恵まれ、積雪安定性の変化を観察できただけでなく、スラブ化していないと判断した新雪の面発生雪崩にも遭遇し、その解釈を含めてとても勉強になりました。ツアーが4日間あったのでいろいろな方位の樹林帯、森林限界、アルパインエリアでの積雪構造の違いを見る事ができ、その理由を学べたことも収穫でした。

みなさん、5日間どうもありがとうございました。Photo KMさん
0103_original.jpg 

自分用Memo)
・入山前からの継続的気象・積雪情報の収集(積雪への影響⇒気温、日射、降雪、風)。
・その日警戒しなければならない雪崩のタイプを想定→行動地形の選択。
・直接証拠。
・積雪構造の把握が主でCTは従、かつfractureを重視。必要に応じてECT。いずれも正確なサイズで、観察面はスイス人より美しく。
・凍結結晶が存在したら。
・風、日射、気温、降雪、斜面(斜度、向き、サポート、罠)の変化に常に敏感に。
・エアバッグの股ハーネス。

雪は難しい…

2月15日10:00
0.9°C,C,RL HST50cm on 芝生/ 40cm on アスファルト @埼玉北部 標高100m   

ガーデンテーブルの上に含水率の高い硬度4FのHN52cmが載る。9時頃降り始めた強度Lの雨により今後は急速に融解・沈降が進むと思われるが、明日の朝はレインクラストによるスリップに注意が必要。 テストでは↓35cm CTM11(SC)の結果を得た。弱層は雨が浸透していない層の中のストームスラブ。
140215HST50_8.jpg
 
明確なSCだったんだけど、濡れ雪のため引っ張ると抵抗がありました。
これが実際の山だったらどう判断すべきなんでしょうかねぇ。

ちなみに今日の白馬エリアは非常に危険な状態との事です。
山に入る方はお気を付け下さい。

今夜は那須~

2月12-13日【お仕事】@エピナール那須

白馬から帰って翌朝もう某先生と那須で会議、夜宴会。
いくらオレでもさすがにきつい…。



雪崩!!

2月7日~11日【Advance Safty Camp】 @日本雪崩ネットワーク

マ、マジ!?
14ASC_64.jpg  

14ASC_65.jpg

14ASC_71.jpg 










The Day を横目に白馬で5日間雪崩漬けになって来ました。
上の写真はシナリオレスキュー。
でも、なんと目前でホンモノにも遭遇!
とても勉強になった5日間でした。


その内もうちょっとだけ詳しく書くかも、です。

ASC4日目 懇親会


きっちょんちょん宴会終了。今から代行待ち1時間。もうみんな帰った。オレだけ明日辛いじゃん。

ヤング山スキーヤーの会

2月4日【四川家庭料理 栄児(ロンアール)】@板橋
W/おみづ、まっちゃん、ひろみっちゃん、はっち、やじやじ、寅

「常吉さんと四川料理を楽しむ会」。
なんてメールが勝手に流れてきました。
「ロンアール行こうぜ、行こうぜ」って1年間言い続けてたのは確かだけど。

狂喜乱舞のザーサイ。 
オレ、これとビールだけでもいいわ。
140204_RA_04.jpg 

「頂点に達したと自負する自信作」 ってメニューに書いてありました。
140204_RA_10.jpg 

でもここの真価は各種豆腐料理にあり。
140204_RA_07.jpg 
どのお料理も花椒(華北山椒)の香りが素晴らしいんだけど、不思議と上品でコクのあるピリピリ感。
どこぞの真っ赤なタンメンなんかとは別世界です。

これだけ参加者全員の満足度が高い店、私は知らん。
でも、おーすけさんにはムリだな。

乙妻山北東斜面 山スキー

2月1日【10th 戸隠Powder Camp 初日】 @梯子尾根↑, 乙妻山北東斜面↓
13/14シーズン 滑走11日目
Armada JJ, Dynafit TLT Radical Speed, Dynafit TLT5(12/13) 

今年で第10回を迎えるおーすけさん主催の戸隠パウダーキャンプに参加させて頂き、私は2度目の厳冬期乙妻山北東斜面のワンデイ滑走と、夜は他会の方々との宴会を楽しんできました。

_______________________________________________________________

2月1日 無風快晴  W/ウチの会8名、ヂュン(群馬BC) 
大橋7:45→9:05佐渡山のコル9:30→佐渡山西面滑走→9:50氷沢川SB10:00→梯子尾根→中妻山(2297仮称)直下トラバース→12:45中妻山・乙妻山のコル13:10→北東斜面滑走→13:50氷沢川左岸14:00→佐渡山のコル→尾根滑走→林道→15:45大橋

九頭龍山南面の急峻なルンゼの初滑降を目指すおーすけさん、Ski MafiaS さん、しょうこちゃんの3人の早出を見送り、我々は7時過ぎに山荘をぐうたら出発。 

大橋から佐渡山・黒姫分岐までの通い慣れた林道はこの何年かで初めて見る寡雪、おまけに昨日の雨で表面はクラスト。確かに年々暖かくなってきている気がします。

林道から離れて佐渡山のコルに向かう尾根に乗ってもこの通りの雪。厳冬期とは思えない暑さに皆下着姿になって登ります。
Ototsuma03.jpg 

何度来ても気分のいいブナの疎林の佐渡山のコル。
ここまで来るとさすがに表面は10cmほどのパウダーに覆われていて安堵。
Ototsuma07.jpg  

コルから氷沢川までは標高差が僅か130mなのでシールを付けたまま滑走した方が早いのですが、もったいないので我々はいつもここでシールを外して滑ります。 雪は堅めでしたが、それはそれで滑りやすくて楽しいー。

氷沢川に下り立ち、再びシールを貼って梯子尾根末端へ向かう。
Ototsuma08.jpg 

梯子尾根中間部。
広くて歩きやすい尾根上は最高に気持ちがいいハイクアップが続きます。クライマーズライトの対岸の尾根には立ち木からの落雪がトリガーとなったと思われる点発生雪崩跡が散見。気温が上がった昨日午後の物と思われますが、今日も気温が高いので雪の状況に注意して登ります。
Ototsuma09.jpg 

昨年滑った中妻山(2297P仮称)の東側大斜面。この景色が目の前に広がってからが意外に長くて結構きつい。
Ototsuma13_2.png  

背後に黒姫山七つ池シュートがはっきり見えました。一度は滑って見たいと思っていましたが、わざわざ行くには短いから東尾根とセットがいいかもしれません。
Ototsuma22.jpg 

Photo ひろみっちゃん
2014-02-01 12_16_43

中妻頂上直下40mほどの所を北側にトラバースしてドロップポイントとなる乙妻山とのコルに到着。乙妻のピークまであとほんの5分かそこらですが、私とおみづ、ヂュン、寅の怠け者4人はここで終了としました。  Photo おみづ
M_P2010187.jpg

さてされ準備が整ったら、お楽しみ。
一昨年2月に何も見えないガスガスの中で滑ったリベンジです。
Ototsuma25.jpg 

残念ながら滑り始めはパウダーならぬウィンドパックで不評でしたが、ゲレンデの圧雪のように滑りやすい雪で私は楽しめました。
Ototsuma26.jpg 

2ピッチ目から下はそこそこのパウダー。
Ototsuma31.jpg 

広くて長い斜面はお絵かき自由。

雪が少ない今年は広大な一枚バーンの印象はありませんでしたが、代わりに地形の凹凸を使ったジェットコースターが楽しめました。
Ototsuma42.jpg 

Skier ヂュン
Ototsuma39_1.jpg

Skier 常吉 Photo まっちゃん  
MTDR_P2012594_4.jpg

今日はハイクも滑りも厳冬期とは思えない穏やかな雪山を満喫。 
ところで、JJを使い始めて早4シーズン目。今日初めてパウダー以外の雪を滑ったのですが、ウィンドパック、プチパウダー、佐渡山の激モナカ、どれもしっかり対応してくれてJJの真価を実感できた1日でもありました。JJ素晴らしい。

北陸のマッチョ系ワンデイ山スキー大御所が「日帰りには気力と体力が必要。」とHPで評し、私自身も2年前にはそれなりに構えてかかった乙妻山厳冬期ワンデイ、今回は特に達成感も感じることなく極ごく普通のルートになっていました。もちろんそれなりに疲れはしましたが。
Ototsuma58.jpg 
まっちゃん始め強力メンバー達にラッセルをしてもらったことや、JJのビンディングをONYXからTLT SPEEDに替えて軽量化した事などがその理由と思われますが、最近固定ローラトレにソリア(最大心拍数の85-90%)を取り入れた効果も幾らかあったのではないかと信じたいところではあります。

夜は山荘でシーハイル、新潟稜友会、RSSA、山登魂、それに京都から来たのーきょーさん達京大山岳部OB・OGのご一行と宴会やスライドショーで盛り上がり、皆さんの成果にインスパイアーされました。ちなみにおーすけさんたちは今日九頭龍山南面ルンゼの初滑降に見事成功したそうです。

私にはそういう成功体験はありませんが、今回史上最強女子あっこさんのメアドゲットには見事成功しました。 へっへっへ

Photo ひろみっちゃん
2014-02-01 19_35_16

翌日は黒姫山東尾根のパウダーツリーランの予定でしたが、残念ながら雨。のんびりと戸隠蕎麦を食べて帰宅しました。

今回のルート(赤:ハイク、緑:滑走 ただしGPSデータでなく、記憶頼りのいい加減です。)
Route_Ototsuma_1.jpg