補習

10月30日 【皆の者、ご苦労!!】 @湯川
W/横チン、最近妙に登れる、ウッチー

スラブの季節真っただ中。 今でしょ!
小川山左岸スラブの「ジャーマンスープレックス」(10c) をウッチーとやっつけに行くつもりだったのですが、計画書を見た横チン・姫から
「スラブなんかで遊んでる場合ですか! このままじゃ石田登山塾落第なんでしょ。特訓してあげるから湯川行こうよ。」って嬉しいお誘い。

バンパイア(5.21d)
Vampire.jpg 

デゲンナー(5.8)、もう姫は危なげなくリードしちゃうんですが、
131030Yukawa15.jpg 

私は登れる沢屋横チン↓にTRを張ってもらいました。しかしいい季節ですねぇ。
131030Yukawa06.jpg 

デゲンナーでアップが終わった後はみんなはあれこれややこしいルートにトライするのですが…
131030Yukawa10.jpg 

私はひたすらデゲンナーで特訓させてもらいました。TR2回と疑似リード4回。 何度もビレイしてくれたウッチー、親身のアドバイスを送り続けてくれた横チン、姫、ホントに感謝!!!  Photo
photo 2
しかし、絶望的に才能ないな。
リードできるまであと19年と10ヶ月。 (8月に始めた時から見たら2ヶ月進みました。)

最後はコークスクリュー(5.9)を2回。こっちは私に合ってるみたいで、絶対落ちる気がしなくてリードしても多分ラクラクでしょ。

全4回で仮免卒業(デゲンナーRP)が目安の石田登山塾クラックリード講習、来週の仮免検定を待つことなく5回目も予約しておきました。



デゲンナー(5.8) TR:○、○、疑似リード:1テン、○、○、○
コークスクリュー(5.9) TR:○、○

New Ski Quiver

今年のカスタムフェアで見て以来気になっていたDynafit Grand Teton。多分我慢できないんだろうなとは思っていたのですが、やっぱり買っちゃいました。

一目でDynafitと分かるコスメはSteve Romeo Tribute 。でもそれってだれ?
Grand Teton 

2年ほど前にAlmadaがTSTで先鞭を付けたセンター100前後のキャンバー付きフロントロッカーコンセプトは今季追従者が大発生。Dynafitもご他聞に洩れず参入です。評判があまり高くなかったStokeにこのコンセプトと新構造を導入して生まれ代わらせたのがGrand Tetonです。

173cm 129-105-119のプロポーションなのにたったの1670g1540g(10/29訂正)でクラス最軽量はさすがDynafit。ハイブリッドウッドコア(竹・桐・ブナ)+カーボンストリング、ABS製フルサイドウォール構造(それに目的は分かりませんが足元のチタンラミネート)という凝った作りにより、軽さと高いねじれ剛性の両立を狙っています。
ScoopLockerwhithCamber.jpg  

これ1本で厳冬期から残雪期まで対応可能なオールラウンダーだと思いますが、私は厳冬期パウダー用(JJ)とザラメ用(Manaslu)の間をつなぐ板として3月4月のモサモサ雪に使用する予定です。もっともパウダー時期でも体力あり余る人達とのロングルートだったら出動させることになると思います。昨季までこの用途としてはAtomic Suger Daddyを使っていましたが、昔の板なのでロッカーがないのが玉に傷。一度ロッカー味わっちゃうともう離れられなくて。

JJとManasluとこの板の3セットをおみづ工房に頼んでタダでインビス化してもらい、昨季までManasluに付けていたTLT Speed Radicalを使い回すことにしました。 クライミングとキノコ採りで忙しいのに悪りーね、おみづ。

ちなみに、今季まっちゃんもHuascaran、Manaslu、Mustagh Ataの使い分け。ブーツはTLT5でビンディングもOnyxからSpeed radicalにインビス換装( by おみづ工房)。

Be Light & Fast and Earn Your Turn !!
Import.jpg 

続きを読む

最後の家族旅行

10月26,27日【割烹旅館春日楼】伊香保

もうじき家を出て新たな人生を歩みはじめる長女。

春の挙式を待たずに入籍・新居へ入居。
オレにはその辺ちょっと分からないけど、ま、いいか。
P1020374_2.jpg 

今日は四人と一匹揃った最後の家族旅行。
生れて9か月の時におまえとお母さんと、今でも親友のS夫婦とで行った万座プリンススキー旅行が最初の家族旅行。あれからあっという間の28年。

あの日初めて掴まり立ちしたんだったよな。 
小さい頃はホントにお父さんっ子でいつもまとわりついてたよな。
お父さんはオマエを怒った記憶、ほとんどないな。

どこに出しても恥ずかしくない誇りの娘。
P1020365_2.jpg  

20年一緒に住んできたおばあちゃんも幸せそう。
お父さんはいつもに増して酔っ払いました。
P1020369_1.jpg  

これは娘が生まれた年の米国出張で自分土産に買ってきた品です。
娘が結婚する時に栓開けるって冗談言ったんだけど、いよいよ来春開封。
WeddingBell.jpg 

幸せな人生を!! 
P1020357_1.jpg

ダンナ、
大事な娘、頼んだぞ!!!

Ecailler JP (Jack Pot)

某月某日【デート】@エカイエJP 新宿3丁目
W/長女より少しだけ年上の子(いいでしょ!)

前回はちょっと良すぎるトコ連れてちゃったんで、今月は大衆オイスターバーエカイエJPに付き合ってもらいました。前から気になって 一度は行ってみたかったお店です。

入口の上にあるデコボコはホールドじゃなくて牡蠣殻のオブジェ。
écailler JP 

隣にある姉妹店のOyster Bar Jack Potはテーブル席だそうですが、欧米にある下町のオイスターバーをイメージしてこっちにしました。狭ーいカウンター席はすぐに満席。店の人から早い時間に来ないと満席ですよって言われてたんですけどホントでした。 ちなみにエカイエって牡蠣剥き係の事だそうです。

5-7時はハッピーアワーで生牡蠣2個と好きなドリンク1杯でたったの1000円。
Oyster.jpg 

ハッピーアワーの後は生牡蠣、牡蠣の燻製、牡蠣ときのこのアヒージョ、中はまるっきり生同然の絶品サバ燻製、バーニャカウダー風野菜とかとかと、生ビールと白ワインボトル2本取って一人6,000円ちょっとでコスパ抜群。色々な種類の生牡蠣の中でも昆布森は超濃厚で美味かったよー。

カメラ忘れてきたので代わりに撮ってもらったんですが、アタシはいちいち写真撮るのキライってことで写真は上の2枚だけ。エンジニアにとってのディベート否定論とかマジな話で盛り上がりました。カッコいいお尻の形の話とかもしたけど。

しかしここはいいわ。今度また行きます。

2軒目もいい店当りました。
2ndParty_O.jpg

【タイトル変更】松茸三昧ハイキング

10月19,20日
W/会の人たち7名

今週は南沢山と横川山という山にハイキングに行ってきました。 Photo けいこさん
S1.jpg 
山岳会メンバーのくせに登山靴持ってなくて運動靴で来たヤツ ↑ (沢一筋)

何か見つけちゃわいわいがやがや。      Photo 姫
CIMG2816.jpg
   
今度は何んでしょ?                   Photo 姫      
CIMG2851.jpg 

P1020314.jpg
まったく緊張しないハイキングって楽しいね。
一体どこに行ったのか今でも全く理解していないのですが…





そんなことはどうでも良くて、お目当てはここでの贅沢三昧。
P1020321.jpg 

写真じゃ何でもなく見える付きだしですが、口に入れたら今日のお料理への期待がフツフツと…。
P1020327.jpg
  
とりあえず生で乾杯だけど、              Photo ご主人
S2.jpg 

美味しいお料理にはこれでしょ。                       Photo たけちゃん
DSC00541.jpg 

持ち込み自由なので、各自思い思いに…。
P1020329.jpg

ローストホース!! 
黒胡椒が利いて馬刺しよりもしっかりしたコクのある味。
P1020333.jpg 

イワナじゃなくてアマゴ(サツキマスの陸封型)です。もちろん養殖だそうですがイワナより美味しい気がしました。この時点で既に酔っていたので当てになりませんが。
P1020338.jpg

そしてメインディッシュの松茸鍋~~。ご主人が山で採ってきた松茸だそうです。
私は今年2回目だけど美味しいねぇ。  Photo Ayako
DSCN1231.jpg 

お鍋に入れる肉は贅沢な信州牛の厚切りが一人3枚も。
余り強い霜降りでないのがいいですわ。
P1020337.jpg 

そして、みんなが狂喜乱舞した炭火焼!!
ハイソ(セレブを指す昔の言葉)で上品がウリのこのブログの品位を落とすのでとても写真は載せられません。  Photo Ayako
P1020342.jpg 

七輪にもこだわりが。  Photo 姫
CIMG2868.jpg 

いやぁ、松茸三昧。                                           Photo Ayako
DSCN1251.jpg 

面白い写真がたくさんあったのですけど仲間内だけ。
P1020347_1.jpg

これは手間暇かけた翌日の朝食。
これが夕食でも文句ありません。ホントに美味しい!!   Photo Ayako
DSCN1259.jpg 

気の置けない仲間達との楽しいハイキング。
加満屋さんの美味しいお料理と細やかな心遣い。

大満足の二日間でした。みなさん、ありがとうございました。

ご利用は計画的に

10月18日【石田登山塾クラック講習3回目】@湯川
W/石田イントラ、YMZKさん、INMRさん

金曜日に石田登山塾のクラック講習(3回目)に行ってきました。

疑似リード(カムセット)中のYMZKさん(祝!! 本日デゲンナー&台湾坊主連続RP) 。この後石田さんが登って講習性がセットしたカムを一つ一つ講評してくれます。
ICDP1020289.jpg 

3回目の今日の私のお題は疑似リードでのカムセット練習。ボルトルートならトップロープとリードの主な違いは恐怖心の有無ですが、自分でプロテクションをセットしなくてはならないクラッククライミングは大違い。片手だけでジャミングを決める技術に加えて、確実なカムセット(グラウンドフォールしない間隔でのセット、墜落を確実に止められるセット)技術が要求されます。

登る前に最初はあそこにセットして、核心部ではあの辺にと計画的にセットしなければならないのですが、私はまだジャミングに余裕がないので予定した位置まで上がってもセットできずに追い上げられたり、セットできても何個かに一個は墜落を止められない不適切なセットになってしまいます。

この状態でリードして落ちたら地面に激突。あー、恐ろしい。

①デゲンナー下部で脱力できるまでクラックボルダー  ←腕プルプル取れるまで。
②デゲンナー(5.8):TR○、疑似リード(3テンション)、回収便(1テンション)
③台湾坊主(5.9):疑似リード○、回収便○
④北風小僧(5.9):疑似リード○
計6本 (とボルダー限りなく)。

デゲンナーでのカムセットは仮免合格だそうですが、登りは全然ダメ。Trなら安定して登れるのですが、疑似リードではカムセットで消耗してしまいます。リードまで後19年11カ月。
台湾坊主なら多分落ちることはないと思いますが、カムセットが怪しいので万が一落ちたら大墜落かも。
前回パンプしてしまった後の7本目に登ってテン山だった北風小僧を今回6本目に疑似リードしてノーテントップアウト。ステミングから足を上げる時の手の使い方を教わったお陰でパンプしない登りになってきているのかもしれません。

オレは何ごとも人の3倍やってようやく人並み。
逆に言えば3倍やれば人並みにはなれるってこと。

姫、しばらくそこで待っててくれよ!!

キノコ不作なれど、宿題終了

10月12,13日【キノコ狩りとクライミング】@小川山
W/おみづ、おかもっちゃん、ミヤ姉ちゃん 、他会5名

時候坊(ハナイグチ)
1310Ogawayama03.jpg
  
相当期待して行ったんですが、今回は全然ダメでした。
4人で1日かかってたったのこれだけ。
 「針葉樹のキノコにも幅を広げたい」って沢のキノコ名人ミヤ姉ちゃんがわざわざ参加してくれたんですが、地面カラカラ。
1310Ogawayama05_1.jpg 
仕方ないのでクライミングなんかしちゃいました。少しだけですけど。

無名ルート:1テンTO
甘食(10b):再登
スラブの逆襲(11b):全然ダメ

ナナーズで買ったキノコでかさ増し鍋。
1310Ogawayama07.jpg 

今夜はおみづの知り合いの山スキーヤーの別荘に泊めて頂いて宴会と、
1310Ogawayama15.jpg 

酔っ払った果てにトレーニング。

ヒールフックとか、
1310Ogawayama08.jpg 
  
1310Ogawayama12.jpg

1310Ogawayama18.jpg

変な器具使った前腕トレとか。これ、キツイっす。
1310Ogawayama16.jpg 
大してクライミングなんかしないのにね。

翌日は北面に期待して川向うに行ったのですが、ここも全くダメ。
仕方ないのでおばさん岩で宿題になっていた晴登雨読(10c)にトライ。
木曜日に晴耕雨読をたくさん飲んでおいたお陰か、本日1便目(通算6便目)でようやくRPできました。TRでトライしたミヤ姉ちゃんは榊原郁恵のピーターパン。賑やかで楽しそうでしたねっておばさん岩上部にいたクライマーから後でメールもらっちゃいました。

午後はかすかな期待を抱いて4峰へ向かったのですが、クリタケのシロを見つけて少し採れただけ。 先々週あれだけ採れたのにどうしちゃったんでしょうね。
1310Ogawayama20.jpg 

ノイズイノ(10b)でみんなで遊んでおしまい。
1310Ogawayama25.jpg 

お会いした方々
ウチの会のメンバー:大勢
ベースキャンプ常連さん

来週は天然松茸の予定です。 採れてるんだろうか?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
出発前夜、『冬は(私よりずっと滑れる)山スキーヤーで、夏は(私よりずっと登れる)クライマーで、最近クラックにはまって、石田登山塾出身で、JANで雪崩習って、しょうこちゃんの知り合いで、鎌高の後輩で、今週末も小川山で、…』と共通点がめちゃくちゃ多い女性とネットで知り合い現地でもメールのやり取りをしていたのですが、日曜日は同じ時間におばさん岩上部を登っていたとか。
Jちゃん、車見たよ、その内会えるね!

ジビエ@宇都宮

9月10日【居酒屋 日本一】@宇都宮

Celebration5.jpg 

いっときは外されちゃったのかと心ある人間は残念に思ってたんだけど、数百人に1人しかなれないポジションまで逆転出世した後輩のお祝いの為に宇都宮へ行ってきました。

宇都宮くんだりまでわざわざ奢りに行くにはそれなりの下心ありありありありありあり、あり過ぎですが、大人の世界の事なのでここではそれを置いといて…。

宇都宮での単身赴任時代に一番お世話になった居酒屋日本一。オヤジさんは鉄砲撃ちで季節毎の山菜、キノコ、ジビエ、それにこだわりのお造りがウリの大衆居酒屋。このブログにも何度も珍しい山の幸が出ています。

今日の突き出しは春に採って冷凍しておいたコシアブラの油炒め。
Celebration2.jpg 

そして本日のお勧め、イノシシのモツ煮。
一般的には臭くて嫌われるそうですが、獲ったその場で丁寧に下処理すれば臭みも全くなく美味しく食べられるそうです。その言葉通り手間暇かけただけあって全く臭みのない逸品でした。
Celebration3.jpg 

メインディッシュはここでの定番、鹿ルイベ。
業務用冷凍庫で一晩以上凍らせるので寄生虫の問題はありません。
なんも言ってませんでしたが、多分卵もこだわり卵と見た。
Celebration4.jpg 

しかしなんとM君はこうしたジビエが苦手だったそうで…。 ゴメンね。
代わりにオヤジこだわりの美味しいお造りを頂きました。で、今週末こそ小川山の晴登雨読(10c)をやっつけるつもりなので、お酒はもちろん「晴耕雨読」。

で、会談成功。大人の世界の目的達成。

M、役員まで上がるつもりでがんばってくれ。歳とか言うな!
絶滅危惧種の輝く星となってくれ。  オレ、マジ期待。


インドアムーブ講習

10月9日
【石田登山塾ムーブ&ロープワーク講習】 ランナウト@西国分寺

ホントは湯川でクラック講習の予定だったんですが、台風通過に生徒二人が日和ってインドアレッスン。 行けば登れたようだったんですが読み外し。

講習会先輩のYMZKさんの登り。
Y_P1020256.jpg 

13時から19時15分(最後の15分はおまけ)までのレッスンの中で休憩はたったの5分×2。喉を潤おしてトイレから帰ってきたらもう次が始まっちゃうんですから。いやぁ、みっちり。

でもその6時間で登った課題はたったの2ルートでした。インドアなら最近またイレブンに戻った私ですが、今日は5.7を1000回と、最後にお楽しみで10bを1回だけ。

ちゃんと自覚はしていたので修正を意識して登ったのですが、1回登っただけで見抜かれちゃったのが「レスト下手」。ってことで、一手毎にレストを入れて登る練習を延々と。これだけやらされたらいくら不器用な私でもレスト姿勢が少し分かってきたような気がします。

理解が遅い、教わってもすぐ忘れる。そんな私にピッタリの反復練習でした。
今までレストなしで登ってきた私がそれ覚えたら強いぜぇ~。

これは先生。
I_P1020257.jpg 

最後の1時間はロープワーク。
最終形は分かっている事ばかりですが、その手順がずいぶん違ってたなぁ。これもしっかり身につけて安全確保や本チャンの時間短縮に磨きをかけたいと思ってます。

今後間違えなく落ちる一方の筋力と増える体重。力を使わない合理的な登り方を身に付けるために今後はこの講習も続けたいんだけど、平日夜に西国分寺はちょっと無理かぁ。

これもすごい!

10月7日
【The King of KINOKO】ふじわら@栄

こんなのが何本かあったよ。
Fujiwara2.jpg 

大きさ分かるように。
Fujiwara3.jpg

肉もお酒も絶品でございました。
Fujiwara1.jpg 

超大御所先生とオレのサクセッサーの顔合わせ。
今夜もよく飲みました。

これはすごい!

凄すぎ。 ぶっとんだぜ!!


このすっげぇボーカルのおっさん誰?
白人だけどこれならブルースって言ってもいいんじゃないの。
このDVD 欲しいーーーーっ。

それとデレクトラックスの熱演、イメージ違うなぁ

深谷クライミングビレッジ

10月5日【新装開店】@深谷クライミングビレッジ
W / 翔た

10/6 追記あり
雨の入間ベースキャンプは激混み間違えなし。
この秋大幅拡張して生まれ変わった深谷クライミングビレッジに山スキー仲間の翔ちゃんと行ってみました。
Fukaya2.jpg    
 
いやー、さすが北関東最大級と銘打ってるだけあって広いわ。
課題はベースキャンプと同様見やすいホールドの色分けです。
オートビレイ機も4,5本ありました。
Fukaya3.jpg

4段ハングとか2段ハングも。 4段ハングはそのうち反対側の壁とつなげてアーチにするのでしょうか。
Fukaya4.jpg 

結構被ってます。場内はまだまだ拡張の余地がいっぱい。
Fukaya5.jpg

ボルダーも充実。
Fukaya6.jpg 

Fukaya7.jpg 

ボルダーは終了点タッチしてもまだ終わりじゃありません。
マントル返して頂上に立ってから通路を通って降りてくるというユニークな設定。
つまり外岩ライク。
Fukaya10.jpg

これは以前からあったエリア。
Fukaya8.jpg

今や狭い前室的位置付け。誰もいません。
Fukaya9.jpg 

水曜日の湯川クラックボルダーとTR7本の疲労を引きずっていたので今日は控え目に。
5.9 OS            えっ、これって5.9?
10a OS            10aにしちゃ意外に面白いジャン。
10b OS            や、やばい。ガンバ!! 
10c OS            Just 10c。
4段ハング10d FL      10c ??
カチカチ10d OS      10c プラス??。
10a OS          なるほどその通り。
ボルダー水色(5,6級)    6級未満。

今日登った範囲でのグレーディングの印象はベースキャンプと比べて10b以下は癖があって厳し目、10d以上はあきらかに甘め。次回OS狙えそうな11aが何本かありました。ベースキャンプの垂壁~薄かぶり壁にある曲者系の10d,11a課題(バランシー、カチ、ジブス、スローパー)が好きなんですが、そういう面白さを求めるのは無理かもしれません。(アップのつもりで登った5.9~10bはどれも結構なハイステップを要求する曲者系で心が折れましたが。 )

雨の土曜日にボルダラーとクライマー併せて10人くらい。 18時前にはたったの4人。 ストレスフリーというか寂しいくらい。何より家から近いし、これからちょくちょくお邪魔します。

明日も行くかな。

***************************************************************
10月6日 追記

今日は一人でボルに行ってきました。
A,B,C,D壁(スラブ~薄かぶり)を主に登ったのですが、水色(5,6級)は簡単すぎてアップになるかならないか。でも赤(3,4級)になると途端に難しくなって、2本しか登れませんでした。全然無理。印象としては水色は6級以下、赤は確かに3,4級でしょうか。(私が登れた2本の課題は5級かな。)

今後一人で来て遊ぶ機会が増えると思うのですが、ちょっと困ったなぁ。
ふと思い立って以前からあったエリアに行ってみたら、赤は2撃できたのが何本か。グレーディングは別として、私が遊ぶには丁度いいレベルの課題がありました。

オートビレイもやってみました。11aはOS用に取っておきたかったのでポケットが連続する青色11cにトライ。人生初の11cチャレンジでしたが、あえなく敗退。75歳までにはなんとか陥したいと思います。

支援

10月4日 【もつ焼き かまや】@池袋

同僚の大学院博士課程入学祝い。
学費も仕事との両立も大変だけど、3年間がんばってな。

右から、レバ刺し、タン刺し、ハツ刺し、鶏刺し。
Kamaya0003.jpg 

こういう店はキンミヤがいいんだよってオレが言ったのに、
Kamaya0004.jpg 

みんな贅沢。
Kamaya0002.jpg 

うれしいね。
オレは額面年収の1%寄付を続けてきたんだけど、定年退職を機に止めちゃった。
Kamaya0005.jpg 



支援違いだけど、
自分の人生切り開いていく気概のあるヤツにはこれからも応援は続けたい。あっと違った、せいぜい声援か。

間違えなくウチにも押し寄せてくるだろう労働者受難時代、慣性の法則じゃ生き残っていけないと思うんだがなぁ。

石田登山塾2回目@湯川

10月2日【クラック講習会】@湯川
W/石田ガイド、他講習生1名(YMZKさん)

朝から青空ものぞいて、
IshidaNo_2_06.jpg

岩も乾いてました。
なんせ、晴れ男ですから。
IshidaNo_2_07.jpg 

先週金曜日に引き続いて今日も石田登山塾のクラック講習会です。
今日もまずはジャミング練習から。
IshidaNo_2_01.jpg
↑ ボトミングに入れた場合。

同じシンハンドサイズでもクラックがフレアしてるかボトミングかで入れ方を変えると利きが全く変わります。

↓  フレアに入れる場合。
IshidaNo_2_02.jpg 

これじゃ利かないフィンガージャムも…
IshidaNo_2_03.jpg 

こうすれば…。
IshidaNo_2_04.jpg   

私が考えたこれも利いていますが、身体を持ちあげた時には外れるかもしれません。
(利かせるために上の写真とは身体の位置を変えています。 )
IshidaNo_2_05.jpg 
なんにしてもフィンガージャム自体はボトミング勝負。


今日の講習。
①デゲンナー下部でクラックボルダリング。何度も何度も。
今日も最初の数本は怖くてガチガチ、全く脱力ができませんでしたがやってる内に…。
②デゲンナー5.8(TR2回):いずれもテンションなしでTO。
練習のため手はクラック限定にしてみましたが、かなり安定してきたのが自分でも分かります。
③台湾坊主5.9(TR4回):練習のためにステミング多用してみました。疑似リードを含め3回目まではテンションなしでTO。最後の回収便はフィニッシュで汗で濡れた指が滑って、フォール。
④北風小僧5.9(TR1回):もう疲れ切った本日の最終便。核心のハング越えで決心が付かず、テン山。筋トレのつもりで取り付いたからいいんですが、次回疲れていない時だったらどうなんだろ。

朝8時半から17時まで丸々8時間半、ボルダリングを5,6本と、TRを7本。 合間の回復待ち時間はカムセット練習。生徒二人だと休める時間が少なくて体力的に結構厳しかったですが、その充実感は言うまでもなく。

Memo
・Camセットはよくオブザベして戦略的に。
 行き当たりばったり、できないできないで追い上げられる人間は死ぬ!!
  -墜落距離を把握してランナウトを決定。


帰路の車中、充実感と心地よい疲労の中でTim Carmon (Clapton Friends) のオルガン演奏が身体中に浸み入るような表現できない不思議な感覚を経験しました。

「ClaptonもCarmonもやり過ぎ。これじゃ演歌じゃん。」って馬鹿にしてたんだけど。


来週も。