代償(つけ)

7月30日

「ここで1ヵ月も暮らせばオレ達みたいな身体になっちゃうぜ。」
アメリカ人に言われた。

ここ数カ月の努力がたった5日でほとんど吹き飛んだ。
一時的に溜め込んだだけですぐに戻ると信じたいけれど…。

昨日姫がムーブを試しながら簡単に登った課題も体が重くて全然歯が立たない。

今朝は朝練を5分延長してみた…。






帰国

7月28日

3泊5日の旅から帰国しました。

出張では役得で何度も乗りましたが↓、プライベートでは初めての事です。
130711(1).jpg 
なんちゃって、フライト遅延で乗り継ぎ便に乗り遅れたら航空会社がVery Sorryって言って替えてくれただけのこと。それより待ち時間のビール代出してくれた方がありがたかったのにな。

欧米ではどこへ行ってもたいがい枕が幾つも置いてあるんですが、ここは8つ。なんなんですかね、 この習慣。一人身にはすっごく邪魔なだけ。 てか、二人でも邪魔でしょう。
130703.jpg 
ちなみにもうちょっと格式あるホテルだと、客が夕食に出かけている間を見計らってベッドサイドに裸足で立てるように敷き布を床にセットしておいてくれます。あとイギリスでは安いけれど昔は領主のお城だった由緒あるホテルで、映画に出てくるような4ポーラーに寝たこともあったっけなぁ。

パジャマを忘れて行ったので浴衣の準備は嬉しかったのですが、冷房が利き過ぎて寒いのでガウン着てました。 
 
初日は15人ほどでダウンタウンの賑やかなカジュアルレストランに繰り出しました。大きな声で注文を叫んでもいいような気楽なお店。着いたばかりで疲れていたのでこういう店で助かりました。

地ビールだけど地ビールじゃありません。
130705.jpg

2晩目はトップエグゼクティブの自宅にお呼ばれして奥様も交えて一杯やった後、山の手にあるレストランで格式高いディナー。さすがの私も写真撮れず、残念です。

最後の晩は本当に親しい人たちだけで郊外の落ち着いたレストランへ。 130706(1).jpg 
3日間違うシチュエーションで食事を楽しまそうという心配り。多分そうだと思うけど。

別れ際に「本当にありがとう。心から感謝してます。」って言ったら「お前だって在職中は良くしてくれたじゃないか。」って。




嬉しかった。

退職祝い∈+α

(Semi-)Retireのお祝いしてやるから来いって。
マジ嬉しかったです。

明日から行ってきます。
宴席はEary Americanとか。
A.jpg 

こういう所の床のきしみがまたいいんだよね。
Misc2020014.jpg 

Misc20Argyle20015.jpg 

American KOBE Beef、田舎だから無理かな。
TOIECの点数恥ずかしくて言えないようなレベルだけど、精いっぱい楽しんでこよーっと。


で、月曜日にはようやくマルチピッチ練習。降るな!!

小川山クライミングキャンプ

 7月20,21日

岩もろくに登らず、
1307OGWYM2.jpg   

買い出しはおろかBBQの準備すら手伝わず、
1307OGWYM7.jpg 

ただ飲むのみ。
M.yumiちゃんの秘蔵ビールやワインを勝手に空けてました。
1307OGWYM12.jpg 

今回は会の初心者グループに入れてもらいました。
とか言っても私が一番下手なんですが。
1307OGWYM14.jpg 

夜が更けるに従っていろいろな人が集まり、最後は20人くらいの大宴会になったとか。
せっかく久々に顔を合わせた方々だったのに泥酔してしまい、お話もできませんでした。
1307OGWYM15.jpg 

翌日は何故か4人だけ。
ブラックシープ(直上:10a)にトライするM.yumiちゃん。毎回上手くなっています。
片や私、数年前にOSしているのですが今回は発進すらできませんでした…。
二日酔いのせいならいいんですが。
 1307OGWYM21.jpg

お会いした方々
滝本さん、えりこさん、きょうこちゃん・ダンナ、OhMy夫妻、他当会3パーティー。

涼しい~


さよならAirwave

 
2005年9月19日以来約8年間私の山行を支えてくれたAirwave。
Airwave13.jpg

7年10ヶ月で18万km弱走りました。
Airwave14.jpg 

上の写真を撮った後更に1週間乗ったので、最終的には179,673kmでした。
Airwave_Final

8年18万kmの間にバッテリーやドライブシャフトのベアリングなど消耗品交換以外のトラブルは一切なく、至って快調でした。 現在併有している'07オデッセィも10万km弱走って完全ノートラブル。以前乗っていた'98アコードは14.5万kmでATトラブルシグナル点灯、'96オデッセィは14.5万kmでピストンスラップ音過大で嫌気、'88シビックは17万kmでマイナートラブル散発、等々を考えると会社が重点を置いてきた信頼性の向上は着々ですね。

FIT譲りのセンタータンクレイアウトと4:3分割リアシートのお陰で板を中積みしても4人でスキーに行かれます。大人5人がストレスなく宴会でき、ちょっと我慢すれば3人でも寝られる広大なリアスペースは私の山行スタイルになくてはならない物でした。
Airwave2.jpg 

で、低燃費。1人乗りなら燃費はこの位↓が普通。
排気量が小さいので同乗者数や積載量の影響が大きいのですが、
「そんな安いの!?」
ガソリン代の割り勘でよく驚かれました。
Airwave16.jpg 

トルコンレスのCVT(無段変速機)だったので購入当初は発進が不満でしたがすが、慣れてしまったら気になりません。ちょっと踏み代大きくすればおんなじです。

パドルシフトの7速MT(or 7速AT)モードも選択可能。大多数のユーザーは使う事がない不要装備と思われますが、雪道走行の多い私はずいぶん重宝しました。
Airwave15.jpg 

VTEC Inside !!  A few of  PATs. invented by 常. 
だから大衆車の割には踏めばそこそこ…。
Airwave10.jpg 

山スキーヤーの証しはプライベートオプション。
Airwave7.jpg

長い間の雪道走行のせいなのかアルミブロックの表面はこんなになっていましたが、これはアルミの自己防衛。この皮膜が大事なんです。
Airwave11.jpg 

不満だったのは
①時計がない(NAVI画面の端に年寄りには厳しい小さな表示のみ)
②フロントワイパー氷着防止用の熱線が非装備
③車検証入れが小さい
くらいでしょうか。

消費税増税の前にと思って買い換えたのですが、ちょっと早まっちゃったかなぁ。

札幌・旭川・富良野グルメツアー2

北海道二日目・三日目 

雨の旭山動物園、楽しみにしていたシマフクロウは巣穴から出てきませんでしたが、気高いオオカミが間近に見られて満足でした。この動物園の努力素晴らしいですね。 冬に来たらスキーばっかりしてないでもう一回訪れてみたいと思いました。

この方にはいつもお世話になってます。
AsahikawaFurano35.jpg 

お昼は市内に戻って札幌名物のスープカレーを食べました。
スープカリー専門店「木多郎」旭川店。

数量限定生ラムステーキカリーが大正解! 玉葱が入ったデミ風のコクのあるスープと甘みのあるラムステーキのマッチは今回の旅グルメの最高得点です。 AsahikawaFurano48.jpg
下から2番目の辛さを選びましたが、それで普通のカレーくらいの辛さ。このコクを味わうためには無用に辛いのは避けた方がいいと思います。

牡蠣のスープカリー。こちらはあっさりサラサラ系スープですが、こっちも美味い!
 AsahikawaFurano50.jpg

「北海道に来たんだから」と半ば義務的に入ってみたのですが、大当りでした。この店、お勧め!! (旭川店の他に岩見沢店と、網走に2店舗)

夜は富良野の大衆系大手リゾートホテル。
行く前から目星を付けておいた街中のレストランは何故か電話が繋がらなかったので、つまらないけれどホテルのメインダイニングでのディナーにしました。
8時半からの予約しか取れなかったので、それまで最上階のバーでだんだん暗くなる景色を肴にチビチビと2時間。

私はソルティドッグから始めて、
moblog_1ae76155.jpg 

ブラッディーメアリーとか、とか。
途中から独りになりましたが、こういう静かなひと時は大好きです。将来の事やあれやこれやと物想いに耽って、2時間の暇つぶしも全く苦になりません。
AsahikawaFurano92.jpg 
しかし残念な事に酔っ払いのおっさん・おばはん軍団が下品な話題で大盛り上がりしながらやって来て折角の気分が台無しです。こういう所は静かに飲む所だって小学校で習わなかったのでしょうか。

予約時間が過ぎてようやく席に案内されました。
AsahikawaFurano96.jpg 

デザートを食べ終わったのはもう11時半過ぎ。久々に2時間半越えのディナーでしたが、ワインを含めて心に残る物は何ひとつありませんでした。ついでに財布の中に残る物ももうありません。

それと王子様系のこのホテル、やっぱだなぁ。
お客に尽くそう、自分の努力でより快適に滞在してもらおうっていう従業員の方には一人しか会えませんでした。極端に言えばお客をこバカにしてる感じ。今時のビジネスホテル見習ったらと思っちゃいました。

翌日は風のガーデンとか北の国からとかいうのを見物しましたが、TVを見ない私には何が何だか… 。でもイングリッシュガーデンは心が落ち着いていいですね。
AsahikawaFurano111.jpg

花より空弁。雲丹、うめぇ~けど、たけぇ~~。
AsahikawaFurano115.jpg  

来週は海外グルメツアー。 つてがないと入れない会員制レストラン…。

札幌・旭川・富良野グルメツアー1

 7月9日 【根室花まる(札幌)、天金(旭川)】

モノクロームの世界しか見た事がなかった美瑛や富良野の鮮やかな景色を堪能してきました。

ファーム富田
AsahikawaFurano73.jpg

昨年の長雨で 残念ながらラベンダーは壊滅状態とのことでした。
AsahikawaFurano74.jpg

どうしても行っておきたかったマイルドセブンの丘。 ここを滑って無聊をかこったある山スキーヤーを偲んで…
AsahikawaFurano61.jpg 

パッチワークの丘はイギリスの田園風景そのもの。
あの木立の中でキラッと光ったドイツ軍の銃剣。そんな感じ。
AsahikawaFurano54.jpg 

女の子のブログじゃないんでメルヘンはこのくらいにして…

初日は新千歳でレンタカーを借りてまずは札幌駅JRタワーにある回転寿司「根室花まる」に直行。噂通りの行列で、お昼の時間を過ぎていたのに30分ほど待たされました。

考えてみれば当たり前ですが期待の「時知らず」はあっさりし過ぎてあまりピンときませんでしたが、本マグロ赤身と生ホタテが絶品でした。生まれて初めて食べたホタテがこれだったら好きになっていたのになぁ。夜の事を考えずにあれこれお腹いっぱい食べてしまいました。

で、本日のメインイベント。
このお店を目当てに旭川へ移動しました。
AsahikawaFurano11.jpg 
念のため1週間ほど前に予約を入れておいて良かったです。
店内は地元の人たちでいっぱいでした。

生ものはお昼に堪能してしまったのでそれ以外の物を中心に。

今夜出会った逸品は、絶妙の塩味のベーコン。これだけでもう大満足、先日鶴舞で食べたベーコンがすっかりかすんでしまいました。
AsahikawaFurano15.jpg  

びっくりするくらい太ーい笹竹はホックホク。人間の大好物はヒグマも大好物なんでしょうね。本州と違って採りに行くのは命がけ?   
AsahikawaFurano18.jpg

写真では判りませんが、ぶっとい焼きタラバ。ほんのり甘くておいし~い。ちょっと値は張りましたが頼んで良かったです。カニ音痴でどうでもいい私ですら美味しく頂きました。
AsahikawaFurano16.jpg

他にもいろいろ食べましたが、〆に食べた尻尾の先までウニが詰まった雲丹手巻きには感激。やま山葵巻きには涙が出ました。辛くてですけど。
AsahikawaFurano22.jpg
こんなお店にいつでも行かれる地元の人が羨ましいです。

地(じ)の物と時(じ)の物に大満足して帰ったホテルの部屋はわざわざ1000円増しのポケモンルーム。ベッドだけでなくタオルもカーテンもグラスも何から何までポケモンでしたよ。
AsahikawaFurano9.jpg 

単に普通の部屋がいっぱいだっただけの事ですが…。

今夜はメンダイ~


ケンメリの木見て来た。

今夜は旭川~


ポケモンルーム


夏に向けての慣熟登攀

  7月6日【岩トレ】@某岩場
W/杉さん、M.yumiちゃん、他6名

この日下界は35℃越えの猛暑だったとのことですが、Tシャツだと肌寒いくらいの快適な岩場でクライミングを楽しんできました。

本チャンデビューを目指す若者二人はマルチの練習。岩登りは上手いし、プロに教わっているマルチの手順もしっかりしているようです。
23266228_1964618415_67large.jpg
 
私はと言えば、いつものように怖い怖い病でトップロープで遊ばせてもらいました。8,9本登った内のリードはアルパイングレードが付いたルート(Ⅴ?)2本だけです。夏に向けて身体も絞れてきたし、ま徐々にね。
1307137.jpg

この日岩場に案内してくれた杉さん。相方が多忙で遊んでもらえない私はその間こちらの仲間に入れてもらう事にしました。
13071315.jpg

登るM.yumiちゃんシリーズ。

アンダーホールドを使った小ハング越え。
13071313.jpg  

レイバック。
1307132.jpg

スラブ。
13071316.jpg

外岩3回目だそうですが、センスいいのですぐに上手くなりそう。
慣れてリードできるようになったら一緒にマルチもやろうぜ!

黒と言ってもいいほどの濃紺の空、ハイマツの緑、そして白い雪渓。今年の夏も大好きな剱に身を置いて簡単な岩登りと山の生活を楽しんでくる予定です。

オレも潮時…

7月3日【ちろり】@大宮
IMGP1121.jpg 

今の私があるのはこの方のおかげと心から感謝している恩人の送別会。余りに大物すぎて会社ではお会いする機会もないくらいの雲の上の方。IMGP1187.jpg 
 
毎日どこかしらで開かれている盛大な送別会じゃ私なんか近寄る事も出来ないので、未だあんまり偉くなかった15年以上前にお世話になったプロジェクトチームでこじんまりとお祝いさせてもらいました。↑は後に業界をアッと言わせてヨーロッパエンジン・オブ・ジ・イヤーを取った誇るべき開発チームの発足当時の面々。

花束は私が心をこめて選んで買ってきました。 Nさんの時もだけど、これだけは譲れません。

あれー、らしくないっすよ…。
「できないんなら辞めろ、辞めろ、**と代われっ」って新幹線の中でずっとオレに言い続けたじゃないですか。あん時きゃマジ辛かったっす。最後はくじけないけど。
IMGP1162_1.jpg 

こんな私まで長い間分け隔てなくありがとうございました。
心から感謝しています!


もっと面倒を見て頂いた一番の恩人も駆け付けてくれました。
IMGP1175.jpg 

こうしてお二人をお送りできたし、オレももういいかなぁ。
帰りの電車の中でこの30数年を振り返ってカッコ悪いけど涙が出ちゃいました。ちょっとだけどね。