FC2ブログ

酒と好事の日々

6月30日
飲みが続いた1週間。
夜のクライミングはもちろん、連日の二日酔いで朝練も土曜日にようやく1回だけ。怖くて体重計乗れない…

月曜日
日本機械学会研究分科会懇親会@KKRホテル東京⇒ニュートーキョー
立山ヒルクライムで女子招待選手を何人も抜き去ったT大T先生とトレーニングの話や山スキーの話。北陸の某有名山スキーヤーから挑戦状を突きつけられているという乗鞍HCも是非頑張ってください!

そして大御所先生グループと若手研究者グループに何となく分かれた2次会、いつの間にか年寄りグループが自然の自分に気が付いた。時代は回る。

火曜日
ヒミツの会合@木曽路鶴見寺尾店
日本中の自動車メーカー・大学の研究者が足げく通う小さな小さな町工場。日本の誇り。
そこのオヤジに呼び出されて、ヒソヒソ話。さてと、どうするかなぁ…。

木曜日
クジラ尽くし@下の一色(名古屋鶴舞)
日頃から「常吉一色」と仰って憚らない先生。遠くない将来、私が消え去った後もこれまで通りの関係を維持していただくためのご相談。今週の仕事のハイライト、首尾上々。
20130628070707.jpg 

土曜日 
きょうこちゃんご成婚祝い@rikyu新店舗(店名忘れた)
ツヨシがカラビナで作ってきたです。↓ 環付きなので生涯外れません。
20130630073059_1.jpg 
バックカントリー&クライミング仲間のアイドルきょうこちゃん。ホントにお似合いのホンワカカップルの誕生をツヨシ、しょうた、ぢゅんとお祝いしました。もっともぢゅんは泣いてたかもね。

ツヨシは第2子誕生、しょうたとぢゅんは新築祝い、rikyuさんは新規開店と若い仲間達は人生着々。まぶしいなぁ。




いい1週間だった。

新緑デート

6月23日【ゲレンデマルチピッチクライミング】@三つ峠山屏風岩
W/もも 

すきだぜー! 違った。大好きだぜー。  いえいえ、クライミングの事ですよ。
P1010488_1.jpg  

この日はウチの会の4P全16名が三つ峠でたまたま一緒になりました。
他の人たちは秋のビッグウォールに向けた人工登攀の練習とか夏の本チャンに備えたマルチピッチトレーニングとか真剣。我々も一応秋口に向けてのトレーニングという名目です。

すっかり雪女になってしまった彼女が半年ぶりのクライミングだったので、まずは慣れた中央カンテ(Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ+,Ⅳ)を登ったのですが、これが大失敗。
先行の3人P+2人Pが全く進まず。登れないのは仕方ないとしてもその手順はないでしょう。
各ピッチで待たされる待たされる。 どっかで追い越したカオリンたちはまだラッキー。後ろから登ってきたおみづ、怒る怒る。

おーいアカ白~、がんばれ~。 そのくらいしかする事ありません。
P1010486.jpg 

ここまで4時間っす。お腹すいたよー。
P1010490.jpg 
ま、いいんですけどね。デートですから。

遅いご飯を食べた後はトップロープが簾のようにかけられっぱなしの右岩壁の間隙を突いて、一般ルート右(Ⅲ+)からクーロアール(Ⅴ)。
クーロアールはちょっとだけ難しいので私がリードしたのですが、今回はヒヤヒヤでした。濡れていた事もあったのですが、やっぱやってないとダメですね。

これでもう16時。
ま、いいかぁ、ももと半年ぶりにお話できたし。
緑と春蝉の山、とても気持ちが良かったです。
 

池田屋の密会

6月21日【Winebox Barco】@池袋

どっちもそんな野暮じゃないです。
Yシャツかわいいとか、ユニクロですけど。
20130622054929.jpg 20130622054956.jpg

TOEIC900点台 Vs 言えねぇ言えねぇ。
英会話学校行こうかなぁ…。

話変わるけど、滝男君、
全日本ロード出場おめでとう! 蹴散らせプロ選手!!!
凄すぎだぜ。元13クライマー。

今気が付いたけど輪友DHカトーと併せりゃ加藤滝男じゃん。これまた凄すぎ。

いろいろあります

 【最近の頂き物】

★東肥一本槍 刻(とうはいっぽんやり とき)
オーク樽とシェリー樽で長期熟成させた原酒を使った、ほのかなバニラ香がする麦焼酎。とても上品なので芋焼酎のように美味しい肴を邪魔しません。最近では珍しい40°。娘が父の日のプレゼントに買ってきてくれました。

★獺祭(だっさい) 純米大吟醸 遠心分離 磨き二割三分
獺祭の最高峰である「磨き二割三分」の遠心分離バージョン。酒粕を分離する時の布やゴムパッキンの臭いが移るのを避けるために遠心分離法を使ったというこだわりの逸品。拘っただけあってめちゃくちゃ香りがいいです。娘より少し歳上の女性から口封じのプレゼント。 はい、毎シーズンお願いします。
Iroiro.jpg

いいでしょ!

友が皆我より…

6月16日【みんな仲間】Base Camp@入間
W/、 他ウチの会大勢とか知り合い大勢とか。 
  
山スキーが終わっちゃったので夏に向けて始動しました。

才能のない私が下手なクライミングを何とかするには減量しかありません。
4月からの減量経過↓。一応2.5kg落しました。食事の種類には気を使っていますが、基本的にはチャリトレで落としているので来季に向けた全身持久力向上と一石二鳥になっている筈です。爺さんクライマーですがまだ努力は怠りません。
4-6推移1   

てなことで満を持して臨んだんですが、姫には…
Hime_P1010478.jpg 

Hime_P1010479.jpg
参りました。

姫の本日の戦果。
11aOS
11bOS
久々に一緒に登ったんですが、登りはもちろんレストとか戦略が上手くなってた。写真の11aの方はまぁ甘くて私もOSした課題ですが、11bは短い足が届きません。

姫もカオリンもうっちーもどんどん背中が見えなくなっちゃうよー。
でもクラックは13クライマーのグッチーに勝ったぜぇ。えーへっへっへ。空しい…

Best体重まで後1kg。
クライミングはがんばれないけど、力石になるまで減量して成果上げるぜ!!

Kちゃんのサービスショットです。(怪我でクライミングしてなかったはずなんだけど、さすが芸歴が長いだけあってまだ私より上手かった!) また一緒にやろうね。
Kiyo_1.jpg 

私は全く成果なかったけど、会の新人2人に始まって13クライマーまで、それにJECCやら元OACやらあれやこれや大勢があーだこーだと和気藹藹。陽気な姫のお陰もあって、とってもいい雰囲気で楽しめました。今これを書きながら余韻に浸ってます。

それと、バックカントリー&クライミング仲間のきょうこちゃん。とってもいい人つかまえて良かったね! みんながうらやむホンワカ夫婦!! 今日は我が事のようにうれしかったし、爺ちゃんは安心したよ!!! 

ICIカスタムフェア

6月14日【ICIカスタムフェア】@ベルサール汐留

行くといろいろ欲しくなっちゃうのでどうしようか迷ってたんですが、結局行っちゃいました。

ArmadaがTSTで先行したセンター100mm前後のキャンバー付きフロントロッカーが今年は全盛でした。センター100mmオールラウンダー説は、5,6年前まだこのサイズでもFAT Skiと呼ばれていた頃から私が主張してた持論ですが、これにロッカーが付いたらもう鬼に金棒。11月から6月までこれ1本で乗り切る事も十分可能です。もちろん妥協の産物ではありますが。

大手がこのジオメトリーに参入してきたので値段もずいぶんこなれてきました。私はパウダーとザラメの端境期用にしているAtomic Sugar Daddyの後継に考えています。

会場で気になった板。
DynafitのGrand Teton(上)とCho Oyu(下)。 
dyanfit-skis.jpg
Cho Oyuの軽さは衝撃的。それでいてしっかりした張りで滑りはManasluをしのぐとのこと。1泊2日黒部横断のようなFast & Lightや春の長期縦走などに最適と思うのですが、ディメンジョンがManasluとかぶってしまうのが残念です。こういう板が出てくると70歳になっても山スキーができるのかも。

Grand Tetonは最初に書いた今年のトレンド板の内の1本ですが、多分クラス一の圧倒的な軽さでしょう。 四の五の言ってても多分買っちゃいそうな予感です。

それと喜ばしい情報をひとつ。
海外サイトを読んでいて「もしかしたら13/14からTLTのブレーキが交換可能に戻ったんじゃないか」と感じていたのでそれを聞いたところ、アクタスさんも最近それに気づいたとのこと。(本職より情報が早い常吉です。)来季からOnyxをやめてTLTをインビス化する予定なのでこれは朗報でした。

他に気になったのはHaglofsのワンピース。すっごくカッコいいし、まだ日本で10着も出ていないという言葉に一瞬血迷ったのですが、所得税2500円の身で6桁のウェアなんかに手を出しちゃいかんと自粛しました。ヤバイヤバイ。

庵JUJU

6月13日【庵JUJU】@津

今夜も津で独り飲み。
尾鷲の魚が自慢という庵JUJUに入ってみました。
6時半でほぼ満席。流行ってます。

何度写してもピンボケになっちゃいました。尾鷲特産のクモエビって言うそうです。
20130613205459.jpg 

ノドグロのお造りがメニューにあったので、「尾鷲でも獲れるんだぁ」って言ったら意味分からなかったみたい。「尾鷲は底引きやってますから。」の一点張り。たまたま聞いた店員さんによるんでしょうね。

ノドグロお造り
アオリイカお造り
クモエビから揚げ
マメアジから揚げサラダ
寄せ豆腐
鯖燻製
生中1
赤兎馬ロック4

寄せ豆腐絶品。お勧め!
鯖の燻製美味い。また食べたい。
アオリイカまぁまぁ。

そんなトコかな。

来季への備え

【12/13TLT5, 12/13Super Light Mitt, 13/14常吉】 

TLT5 Mountain TF-X 10/11 model
体力のない私のハイクアップと下手な滑りの両方をカバーしてくれる、私にとって必要不可欠のスキーアイテムです。私が買った頃はギミック的に見られていたようですが、その良さが浸透し今や普及率はかなり高くなってきました。
For_13_140004.jpg

導入以来3シーズンで約110日使用。未だ具体的な不具合はありませんが、来シーズンにはインナーのヘタリが感じられそうなイヤな予感がします。
何より、黒部奥地で私を熊から守ってくれる雪豹の影が薄くなってしまいました。
For_13_140003.jpg 

で、
TLT5 Mountain TF-X 12/13 model (左) ご購入です。
For_13_140001.jpg 

来季はTLT6に変わるとかで格安にて購入。TLT6に魅力を感じない私にはとってもいい買い物となりました。10/11 model は富士山専用として今後も活躍してもらいます。

Mercury Mitt 07/08 model(-29°c対応)
07Glove4-s1.jpg 
2006年に負った凍傷の後遺症で未だに両手の指が超弱点。2007年当時Black Diamond社で最強だったこのグローブ+ホカロンで何とか凌いできましたが…

6シーズン使用後。
明らかに保温性が落ちただけでなく、幾ら手入れをしても革が保水するようになってしまいました。
For_13_140006.jpg 

で、
Super Light Mitt 12/13 model (左)ご購入です。
For_13_140005.jpg 
これもシーズン終了後のバーゲンで格安購入。
使用限界温度-31℃、たった2℃の違いですが手を入れただけでその違いが分かります。しなやか・軽量なので使い勝手は格段に良さそうですが、耐久性はどうなんでしょうか。

長すぎるストラップと調整が必要だったリストループが、短くかつゴムの伸縮式になったのもGoodです。
For_13_140007.jpg 
Mercury Mittのア ウターはさすがにもう使えませんが、インナーはまだ全く何ともないので他のオーバーミトンと組み合わせて予備グローブとして活躍してもらう予定です。

三浦雄一郎さんに感化されたわけじゃなくて…
Gearmax.jpg 

今年はオフシーズンのトレーニング不足と3月4月の送別会の嵐や海外出張が重なって、GWの長期縦走時に体力に自信が持てず消極的になってしまいました。来季はその轍を踏まないためにオフトレをしっかりやるつもりです。

そんな話をしてたら昨日カオリンがくれました。

常吉は13/14モデルでFMC(フルモデルチェンジ)予定です。

富士山小御岳流しスキー

6月8日【12/13シーズンファイナルラン】富士山小御岳(こみたけ)流し
W/(L)おーすけさん、まっちゃん、おみづ(以上ウチの会)、まっきー(熊谷山旅会)、豊さんしょうこちゃん(以上RSSA)、あきこさん、まちゅらおさん(以上シーハイル)

常吉:Summit 8611(K2),Onyx(G3),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)
(8人中6人がTLT5所有、今日は4人が使用していました。)
12/13シーズン滑走37日目

おーすけさんのお誘いで富士山での板収めとシーズン振り返りのスライドショー大会に参加してきました。パウキャンならぬザラキャンかな。

快晴(山頂付近はホワイトアウト)
スバルライン5合目P6:50→11:50山頂→吉田大沢ドロップ→12:55小御岳流し13:25→お中道→14:15スバルライン5合目P

130608Mt_Fuji47_1.png

元々風当たりが強い上に世界遺産登録も相まって来年からは滑降禁止が囁かれる富士山スキー、5合目駐車場では何を言われるかとビクビクしていましたが、何事もなく無事出発。

シーハイルの超強力ペア。                   Photo SHO 
_G9A3701.jpg

おーすけさんを始め、日向ゲートから針の木岳・黒部湖を越えてその日の内に室堂に到達してしまったまちゅらおさんとか健脚揃いに付いて行こうなんて大それた考えは端から頭にありません。体調イマイチだったしょうこちゃんをケアする振りして二人でデート登山としゃれこもうと思ったのですが、お邪魔虫のおみづがぴったりくっついて離れないので仕方なく3人でビスターリ登山。

さすが富士山、日本晴れ!                 Photo SHO
_G9A3710.jpg 

金曜日に降った雪ですっかりきれいになった吉田大沢。 お天気はいいし最高の板納めの予感にいやが上にもモチベーションが上がります。
130608Mt_Fuji07.jpg 

打って変って8合目から上は雪山登山。この日TOPを歩いた人は一部脛ラッセルだったことがトレースから伺えました。アプローチシューズが痛むのを嫌ってツルツル底のタウンシューズで来た私は一瞬不安がよぎります。130608Mt_Fuji08.jpg 

山頂到着は健脚組に1時間遅れの5時間ジャスト。でもトレーニング積み倒して来シーズンはオマイラ全員に勝つ!!!



かも、しれませんです。
130608Mt_Fuji09.jpg

滑走を始める頃には生憎のホワイトアウト。富士山に精通したおーすけさんのガイドで吉田大沢から滑降とトラバースを繰り返してドンピシャ小御岳流しのDPへ。数ターン先も見えないガスの中での見事な誘導、さすがです。
130608Mt_Fuji10.jpg 
岩に囲まれた斜度40度チョイのルンゼが小御岳流しのDP。滑落や岩への激突に十分気付ける様おーすけさんから注意がありましたが、雪もよく雪面もフラットで飛ばしたい気持ちを抑えるほうが大変。

ルンゼを抜けるころにはガスも晴れ、下にはゲレンデのようなフラットバーンが末端まで続いているのが見えました。
130608Mt_Fuji14.jpg 
しょうこちゃんとまちゅらおさんが先行して下でカメラを構え、一人ひとりの滑走を撮影してくれたのですが、元レーサーだったあきこさんの攻めの滑りに感化されたみんなが飛ばす飛ばす。山スキーでこれだけ不安なく飛ばせるシーンはそうそうあるもんじゃありません。真似した私はスピードに負けてリカバリーができずコケてしまいました。でもおーすけさんから上手くなったんじゃない?と言われてちょっとうれしかった。 

Photo SHO
_G9A3726.jpg  

おーすけさん                          Photo SHO
_G9A4176.jpg   

攻めのテレマーカー、まちゅらおさん。
130608Mt_Fuji31_1.jpg 

この写真を見て来季の精進を誓ったワタシ。       Photo SHO
_G9A4171_0.jpg 

トータルコーディネイトがさすがのしょうこちゃん。一体どんだけウェア持ってるの?
130608Mt_Fuji28_1.jpgと  

核戦争後の軽井沢プリンススキー場。
130608Mt_Fuji35.jpg 

雪渓末端。
130608Mt_Fuji37.jpg 

標高差1000m弱の大滑走を満喫しきって満足の下山です。下に見えているのがスバルライン5合目駐車場。   Photo SHO
_G9A4603.jpg

上機嫌で駐車場に戻り、旅館「溶岩温泉」で5時からの宴会と延々0時過ぎまで続いた今期のスライドショー。 いやー、盛り上がりました。 Photo SHO
_G9A4621.jpg 

どうしても女性とお話がしたい常吉と、どうしてもインターセプトしたいおみづの図。 Photo SHO
_G9A4661.jpg 

冨士の溶岩焼き。溶岩は熱容量が大きいし、多孔質で表面に脂が溜らないので霜降りステーキには最適です。とっても美味かったです。
130608Mt_Fuji42.jpg

旬ですね。
130608Mt_Fuji43.jpg 

溶岩焼きだけじゃなくて温泉は富士溶岩湯、テーブルのお水は富士溶岩入り、お土産も富士まりも溶岩。 溶岩づくしです。

素晴らしい仲間達と最高の板収めができた日。企画は元より先週は小御岳流しの下見滑走までしておいてくれたおーすけさん、本当にありがとうございました。

今夜は吉田口~


松坂牛ホルモン

 6月6日松坂牛ホルモン【まつや】@津駅前

20130606202203.jpg 

東海地方にある独立行政法人三×大学で内燃機関の講座を持つように会社の上層部から命ぜられて早10数年。
講義の前の晩にここで舌鼓を打つことが本当に楽しみです。

昨年下衆なヤツから痛くもない腹を探られてすっごく嫌な思いをされられたので、こんなんもう放っぽり出したろうかと思ったのですが、 そんなんに負けちゃいかんと会社から慰留されて今年もやってきました。
僕らの世代は「お天道様が」って教わって育ってきたんだよなぁ…。
そういや「7年殺し」ってぇのも流行ったよなぁ…

私は既に隠居の身、この仕事を私に命じてくれた役員さんも今月ご定年。
誰か信頼できる後進に譲って今年でもう終わりにするつもり。
20130606202139.jpg 
左端なんてったっけ?脂ギトギトの松坂牛の膵臓、絶品でした。
他に、上品なスーパーホルモンはあえて頼まずにただのホルモンとマルチョウ、最後は脂落としにさっぱりレバー。
レバー以外はどれもギトギトなのでキムチ一皿じゃ足りませんです。

やっぱ来年もやろうかなぁ。

鶏椀

6月4日【鶏椀】@伏見
 
何回も書いてるんですが名古屋の食文化は私にはどーしても合いません。
2か月に1回くらいの頻度でもう何年も来てあちこちずいぶん探検したけど、このブログにも載せた2軒を除いて私にはダメダメ全然ダメダメ。で、その2軒も元々名古屋の店じゃないし。

不味いんじゃないと思います。ただ文化の違い。
とか思ってたんですが、今日たまたま入った店、よかった~。

熊本の極上赤身馬刺し赤霧ロック
1時間たっぷり汗を流した後って事も相まって、とってもしあわせに浸れました。
20130604213953.jpg 

新ごぼうの一味焼き
これはもう絶品、とても名古屋の食とは思えません。
やられました。ひさびさのノックアウト。
20130604213849.jpg 

店名通り鶏料理のお店です。
名古屋コーチンの手羽先にやられてどうしても食べたい気持ちが抑えられずに最後に手を出しちゃいました。
絶品名古屋コーチンの親子丼」。減量中だってーのにね。
20130604213752.jpg 
でもどんなに美味くても所詮親子丼は親子丼。お酒の友にはならないと痛感しました。

他に冷やしトマトと生中1杯と赤霧ロック3杯。
それで5000円とちょっと。
めっちゃお勧め。

富士山仏石流し

6月1日【ジョニ正解!!】
W/Lスガー(熊谷山旅会)、まっきー(←)、M.yumiちゃん (ウチの会)

須走り口で目覚めて全員唖然。写真では判りませんが、少ないわ汚いわで全く滑ろうという気になれません。
1306Mt_Fuji01.jpg 

北面ならばとスバルラインに車を走らせました。(帰路御庭から撮影)
 1306Mt_Fuji26_0.png

アップで見てみると…
少ないけど、まぁ行ってみますか。
1306Mt_Fuji26_3.jpg

ちなみに昨年6月3日におーすけさんが滑った時の写真。 (無断借用ゴメンなさい。) さすが富士山という大斜面を標高差1000m以上滑れたそうです。
20120604233143b16.jpg 

野越え、山越え、艱難辛苦…。
核心部は写真撮る余裕すらなし。久々に藪ヤマンの血がたぎったぜ。。  
1306Mt_Fuji08.jpg 
単に誰もルート知らなかっただけの事なんですけど。

が、しかし、…。
1306Mt_Fuji16.jpg 

まっきー、何よこれ!
1306Mt_Fuji15.jpg 
ウソウソ、そんな事言う人じゃありません。

拡大してもこんなもん。
1306Mt_Fuji16_1.jpg 

すたこらサッサ。
1306Mt_Fuji21.jpg

河口湖でほうとう喰って帰りました。
皆さん、お疲れさまでした。

懲りずに今週も行きます!