2013年3月31日 浅草岳 山スキー

3月31日【読図&ハイクアップトレーニング】 @浅草岳
W/M.yumiちゃん 

12/13シーズン滑走24日目
常吉:Sugar Daddy(Atomic),Onyx(G3),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)
M.yumiちゃん :TSTw(Armada),TLT Radical ST(Dynafit),Celeste(Garmont)

********************************

勝手に持ち寄ったらこんな事に…。
もちろん全部なんか飲んでいませんよ。 ただでさえ高脂血症なんだし。
1303Asakusadake0001.jpg 

31日曇り、一時晴れ、後雪、後雨
大自然館P7:35→ヤヂマナ沢左岸尾根→11:10前岳直下(ムジナ沢源頭)11:20→往路戻り→??大自然館P (読図トレーニングのため時間は参考になりません。)


朝起きたら雨…
なんて事をそれぞれ願っていたのですが、なんだかお日さまなんか出てきちゃって残念ながら出発です。
1303Asakusadake0012_1.jpg   

今日の目的はゆみちゃんの読図練習と、キックターンや直登、安全なルート取りなどのハイクアップトレーニング。

最初から最後までずっとTOPに立ってもらってルーファンをしてもらいます。後ろを歩いている私が「今どこ?今どこ?」と聞き続けて煩くてごめんね。 林道終点から主尾根に乗るまではほんのわずかな区間ですが、地形が結構入り組んでいるので私も勉強になります。

しかし思いがけない青空にウキウキです。
1303Asakusadake0016.jpg 

先週は使い物にならなかったゆみちゃんのシールですが、シールワックスを塗らなかったお陰なのか今日は問題ありませんでした。
1303Asakusadake0018.jpg 


それにしてもフロントロッカーの板のテール側にこのカットはないでしょう。G3のシステムで仕方ないのかもしれませんがプロショップとしての工夫足りませんね。有効シール長めっちゃ短いです。
1303Asakusadake0009.jpg 

途中ブッシュを小さく迂回する所が2か所ほどありました。守門大岳は例年以上の積雪と聞いていますが、浅草岳は2年前の4月に滑った時よりは少ない印象を受けました。また尾根上にはクラックが多数走っているので気温が上がった時には乗った雪面の崩落に対する注意が必要かもしれません。

残念ながら天気予報大当り。前岳が見える頃にはすっかり曇ってしまい、風も強くなってきました。
1303Asakusadake0023.jpg 

その10分後のムジナ沢源頭はガス、小雪、強風のそろい踏み。
1303Asakusadake0024.jpg 

今日はムジナ沢を道路まで滑って降りるつもりだったのですが、これでは無理です。

しかたなく往路を慎重に戻りましたが、下部でガスが晴れると雨が降り始めたりして写真なしです。 しかし、今日の目的は果たせたので、まぁよしとしましょう。

ゆみちゃん、パートナー難民に今日も付き合ってくれてありがとう!

今夜は魚沼~

  
moblog_1d11b169_m.jpg

ありがとう!!

3次会

3月29日@宇都宮

キャバクラ2軒目@01:50
AM0150.jpg

別な送別会

3月28日【酔重】@新丸ビル5F

自分の送別会じゃないのについつい真ん中に行っちゃう不埒なヤツ…
Suiju0015.jpg 

割り勘勝ちの世界。
Suiju0001.jpg 

皆がまだビールを飲んでる内から、高い方から順に飲んじゃった。
Suiju0007.jpg 
この店の肴を出す間(ま)が気に入りました。


たった1年でしたがお世話になりました。今後の事、とても感謝しています。
どうか世界一のセダンを創ってください。

明日はオレの送別会No.?th @宇都宮

2013年3月24日 金山沢

3月24日【3隊合同スキー】
W/M.yumiちゃん(ウチの会)、スガー(熊谷山旅会)、藪漕ぎジョニ(←)、ヂュン(群馬BC)、だいすけさん(←)、かっちー夫妻(←)、リュージクン(←)

12/13シーズン滑走23日目
常吉:Manaslu(Dynafit),TLT Speed Radical(Dynafit),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)
M.yumiちゃん :TSTw(Armada),TLT Radical ST(Dynafit),Celeste(Garmont)

********************************

今週も出動できるのは日曜日だけだったのでパートナー難民。あちこち声を掛けまくったところ3つの会から全9名もの大所帯ができあがり、お互い初対面同士が多かったものの、皆さん山滑りの作法をしっかり身に付けた方ばかり。楽しく1日を過ごすことができました。

********************************

自然園9:00→ハクノリ基部10:10→11:00ハクノリ山頂(休憩)→白馬大池付近11:40→12:40船越の頭手前の小ピーク13:10→14:10白馬大雪渓出合→堰堤(大休止)→15:50二俣

前夜祭(5名)
チームブルクリとか、若いBC大所帯とか、外人さんとかで大盛況だったきっちょんちょん。このメンバーとは初対面ながらyumiちゃんすぐにモテモテ人気者になっていました。 
1303Kanayamasawa04.jpg

そして明日のスキーも忘れて大盛り上がり。  閉店で追い出されるころには記憶がありません。 (電話魔常吉、同い年の伝説の某クライマーI氏にまさかのいたずら電話したそうな。もし本当なら大変失礼しました。 )
1303Kanayamasawa05.jpg 

24日快晴
深夜到着した4人が合流して全員集合。

下山場所となる二俣に車をデポしてから栂池スキー場のゴンドラとロープウェイを乗り継いで自然園からの出発です。滑り手が揃った群馬BC5名は小蓮華直登ルンゼ、ウチの会と熊谷山旅会の合同Pは金山沢狙い。
1303Kanayamasawa07.jpg 

おーすけさん・しょうこちゃん・ひろみっちゃんの初滑降トリオがいました。こちらは今日も某ルンゼの初滑降狙い。私らおちゃらけチームと違ってピリピリした雰囲気が伝わってきます。
1303Kanayamasawa06.jpg

「TSTなんて重いから履きたくなぁい。」
天狗原への急登が始まるなり私からManasluを奪い取って歩くワガママyumiちゃん。
1303Kanayamasawa12_1.jpg   

いえいえそうじゃなくて、G3のシールが何故かスリップしまくって登れないのです。そんな訳ないだろうと私と板を交換してみたのですが、私が履いてもスリップしまくり。これじゃ怖くて仕方ありません。

ICI新宿店でやってもらったというシールのカット長自体そもそも疑問ですが、同じ店で勧められたというシールワックスが悪さをしているのでしょうか。 来週シールワックスなしで試してそれでだめならお店にクレームする事にしました。

そのまま私が履いてハクノリまで登りましたが、クトーを付けていてもスリッピーでヒヤヒヤ。あんなシールじゃ初心者はとても登れたもんじゃありません。
1303Kanayamasawa17.jpg 

砂糖にたかるアリの群れという表現がぴったりのハクノリ。ヘリで上がって天狗原にデポしてきたのかアイゼンなし・完全空身の若いボーダーグループとか、滑って下りられないのか天狗原の斜面を板を持って尻モチ付きながら下山しているスキーヤーとか、そうだとしたらヘリスキー運営甚だ疑問…。
1303Kanayamasawa19.jpg 

群馬BCのナイスガイ、だいすけさん。私と同じく今季からBCAフロート32を使用です。
1303Kanayamasawa23_1.jpg 

待望のTSTを手に入れたワタクシ… 。登りだけですけど。しかし一度Manaslu履いちゃうとTST+TLTすらえらく重く感じてしまいます。 yumiちゃん、買っちゃえ買っちゃえ!!
KNYMP1050857.jpg

強風のハクノリ山頂で岩陰に隠れての休憩の後、白馬大池に一旦降りて船越の頭へ登り返します。 喧噪のハクノリとは対照的にひと気がありません。 ようやく山スキーの雰囲気が楽しめるようになりました。
KNYMP1050862.jpg 

スケール感が掴めなくて標高差があるような印象を受けましたが、ほんのひと登りでした。
KNYAMP10.jpg 

ハクノリ山頂は時折倒されそうになるくらいの強風でしたが、こちら側はなぜかほぼ無風。だから気分ものんびりです。
1303Kanayamasawa27.jpg 

二つ先の小ピークが船越の頭、奥のピークが小蓮華岳です。小蓮華まではまだ時間がかかるので群馬BCも同じく金山沢を滑る事になりました。
1303Kanayamasawa33.jpg 

と言っても9人が一つのパーティになって滑ったのでは時間がかかってしまうので、我々はこの先のコルから、群馬BCの5人は船越の頭まで行ってエントリーする事にしました。
KNYMP1050872.jpg  

広い広い金山沢源頭部。お好きな所をどこでもどうぞ。

コルからの斜面は30度と少しくらいでしょうか。私がトップで滑らせてもらいましたが、サンクラストした雪がスラフになってバラバラと追いかけてくるので最初はちょっと緊張しました。

安全なリグルーピングポイントが少ないので稜線からここまでの長い1ピッチになりましたが、雪が良かったので止まるのが惜しいくらいいい1本!
1303Kanayamasawa36_1.jpg 

稜線から何ターンかすると雪が緩んで滑りやすいザラメの滑走が楽しめました。
1303Kanayamasawa45_2.jpg 

1枚バーンの下部を少しスキーヤーズレフトライトにトラバースすると沢形がはっきりしてきました。ホワイトアウトの時は入口のルーファンが難しくなると思われます。雪がちょっと重くなってきましたが、斜度がそこそこあるので滑るには支障ありません。   
1303Kanayamasawa51.jpg

途中2か所ほどデブリがありましたが、特に問題なく脇を通過。

白馬大雪渓からの沢との合流地点。ここまで来ればほぼほぼ終了。下部はかなり重い湿雪でしたが、山スキー虎の穴で積んできた練習の効果が表れたのかもしれません。錯覚かな?
1303Kanayamasawa71.jpg 

堰堤の脇で群馬BCの5人を待ち、あとは長い林道をショートカットを交えながら二俣までボーダーには試練の滑走。と思ったのですが皆さん百戦練磨なのでスキーヤーと同じペースで降りてきました。

ご一緒して頂いた皆さま、ありがとうございました。
今回は宴会できなかっただいすけさん、かっちー夫妻、りゅーじクン、次回楽しみにしています。これからもよろしくお願いいたします。

今夜は白馬~


還暦祝いその2

3月22日 【皐月】@和光市

同じ課の同僚達から。
P1000408_1.jpg 

ありがとう!!


酔いどれ娘に完敗

3月17,18日【伊豆城山クライミング】W/かおりん、うっちー(18日)

移動性高気圧に包まれた先週末、天候を見定めていたまっちゃんPも、 おーすけさんしょうこちゃんPもそれぞれのルートで黒部横断に成功! 更に、今週末は女性Pが横断予定。

私はと言えば…
3月4月は平日の予定が立て込んで、今季は端から不参加表明…。
今年は仕方なしとあきらめ、会社を休んでかおりんと城山へお気楽フリーに行ってきました。
 
以下、余りに低レベルのためクライマー諸氏はこの先侵入禁止です。

********************************

初日はチューブロックとワイルドボアゴージ。

イスタンブール5.8) かFL    常①1テンTO、②○(再)
椿の森の中で5.9) かMOS  常1テンTO
ワイルドX(10a)    かMOS  常○(再)
城山物語(5.9)    かMOS  常FL
ストーンフリー(10c) か×(あと一手であわやOS…)  常 怖気づいてDNS

ジムすらなかなか行けない上に今季初外岩だったので登れないとは思っていましたが、ここまでとは…。怖くて足が信じられません。
それに比べてかおりん、朝から酒臭いくせに全くもー。

OSトライのストーンフリーをガシガシ登る酔いどれかおりん
1303Jyoyama06.jpg

夜は海鮮鍋でOS祭りだったかおりんのお祝い。
夜遅くウッチーが到着した時にはいつも通り私はもう落ちていました。
1303Jyoyama09.jpg 

伊豆なのに鮟肝どっちゃり。
1303Jyoyama13.jpg

翌日は3人でクッキングワールドへ。
このエリアは甘い甘いと聞いていたのですが、

始の辣韮漬け5.9) かMOS う①×、②○(TR) 常①×、②TO(TR
トマッテーナ5.10b) かOS  う①×、②1テンTO(TR) 常①×、②1テンTO(TR
蛸焼き~な(10d)  か(疑惑の)MOS う(疑惑の)FL 常 怖気づいてDNS
焼きビーフン(10a) かMOS うFL 常FL

5.9に戸惑う11cクライマーの屈辱。
1303Jyoyama15.jpg

昨晩2時まで飲んでいたというかおりんに今日もやられっぱなしでした。
ジムではイレブン中後半をやっているうっちーは本気でリベンジ挑戦状を叩き付ける始末。 
 
トマッテーナ(10b)
1303Jyoyama19.jpg 

この先の乗っ越しが核心。
かおりんには分からなかったでしょうけれど、私とうっちーはルート名を実感しました。
1303Jyoyama22.jpg 

かおりん、参った!!!


********************************

エキストリーム滑降できない、担げない・歩けない・気力ない、怖い、岩登れない。

できない事をいつもいつも気にしてがんばるのもしんどくなってきました。山スキーもアルパインクライミングももう高望みなんか捨てて入門グラビアルートで満足しなきゃいけないかなぁ。 黒部横断に私独り取り残されてしまったせいか、前が向けません。

今夜は伊豆~


かおりん、オンサイト祭り~

山の恵み

3月16日【ふきのとう】

知り合いの農家のおばあちゃんが今朝採ってくれたふきのとう。 
P1000375_1.jpg 
緑鮮やか、ほんのり苦み。
てんぷら、ふき味噌、春だねぇ。

 

BⅡ 要二次検査

3月14日【健康診断結果】

()内は昨年同時期の結果
体脂肪率 14.7(11.7) 基準値14-25%       : 26%増
中性脂肪 89(57) 基準値30-149           :56%増
HDLコレステロール 86(89) 基準値>40       : 3%減 (多い方が良い)
LDLコレステロール 165(127) 基準値65-139  :30%
γGTP 79(38) 基準値0-80             :108%増

脂質の数値は全て悪化していましたが、中でもLDLの165はちょっとヤバイ数値。ウチの会社では採用していませんが、最近はLDL/HDLが重視されているらしいので、それで見てみると

LDL/HDL=1.92(1.43) 望ましくは1.5以下     ;34%増

HDLの高さで多少救われていますが、それでも血管内一面にコレステロールが堆積しているという2.0をかろうじて切っているレベル。(2.5以上は投薬レベル)

脂質や肝機能の悪化は予想していたので、結果を待つまでもなく検診日当日から早速
①平日の晩酌自粛(外飲みと週末はOK)
②朝練再開(固定ローラー7%登坂30分)
③昼飯を低カロリーメニューに限定
④昼食後のお菓子じゃんけん廃止、ウィンナーコーヒーを普通のコーヒーに変更
を実施してきました。って言ってもまだたった2週間ですけど。


絶対戻す!!
Yes, I can !!!!

閉店

3月13日【Rikyu】川越

Rikyu_P1000367.jpg 
プロ競技スキーヤーがやっている世界のビールが飲める大人の隠れ家。
寂しいなぁ。
でも酔ってしまえばそんなこと忘れて隣の隣に座った美人二人と盛り上がった。

土曜日には不肖の弟子が行くとか。
内緒&連絡先よろ。


2次会「基(もとし)」 
打合せのはずだったんだけど記憶が…。
Rikyu_P1000371.jpg

2013/03/09鍋倉山スキー

3月9日【奥利根ツアー転じて…】W/M姉さん、Ms.まさみちゃん
12/13シーズン滑走22日目
常吉:Manaslu(Dynafit),TLT SPEED RADICAL(Dynafit),TLT5 Mountain TF-X(Dynafit)

巻機山山頂にベースを張って奥利根の沢や牛が岳北面などを滑りまくろうという昨シーズンから暖めてきた計画でしたが、前夜になって稜線上は25m/s以上の強風が土日共吹き荒れると天気予報が急変。前夜我が家に集合してから転進先を検討し、標高も低く樹林の中での行動となる鍋倉山での宴会山行に変更しました。

130309Nabekura_0002.jpg

ここで快適な宴会になるはずだったんですが…。 顛末はあとで。
130309Nabekura_0003.jpg 

ぶな太郎見学ツアーなので今回も巨木の谷左岸尾根を登ります。安定したザラメの今日は急斜面もラクチンハイク。
130309Nabekura_0008.jpg

巨木の谷入口に立つ枯木の大木。たぶんこれがぶな姫でしょう。
130309Nabekura_0010.jpg 

130309Nabekura_0011.jpg 

これがぶな太郎?? M姉さんは夏に見ているのですが、太い幹の部分が雪の下に埋もれているので良く分かりませんでした。

時間もたっぷりあるのでこの木の脇に座り込んでしばしティータイム。本当にいい時期になってきました。

しかし、谷川連峰は本当に強風が吹き荒れているんでしょうか。余りに暖かく穏やかな天候に転進は早計だったんだろうかと気になってしかたありません。
130309Nabekura_0012.jpg

巨木の谷から左岸尾根に戻ってもなだらかなブナ林が続きます。

毎週毎週厳しいスキー山行を続けているMs.まさみちゃんをこんな安易な山に連れて来てしまってちょっと不安だったのですが、彼女もエンジョイしてくれた様子でホッとしました。
130309Nabekura_0019.jpg

ホワイトアウトだった前回とは一変、360度見渡す限りの山々。あろうことか谷川連峰もはっきり見えやがってもー、またもや未練が頭いっぱいに広がりました。
130309Nabekura_0023.jpg 

さて、気を取り直して滑走です。
こんないい日だというのに北東斜面はノートラック! 滑りやすい締り雪に歓声が上がります。
130309Nabekura_0025.jpg

樹林帯に入っても樹間が広いので大小好きなターンを楽しめます。
130309Nabekura_0027.jpg

950コンターがかかる沢床まで約340mの快適滑走を終えて山頂へ登り返し。今回はブナに囲まれたなだらかな沢を詰めて黒倉山とのコルへ出てみましたが、これが一番快適で効率的のようすね。
130309Nabekura_0031.jpg

帰路は雪のいい北東斜面をもう一度降る手もありましたが、同じ所を滑って帰るのもつまらないので巨木の谷の右岸尾根を滑って帰る事にしました。南斜面の雪はもう重くなっていましたが、それなりに楽しんで滑る事ができました。
130309Nabekura_0035.jpg


130309Nabekura_0040.jpg

ご機嫌でテントに帰着。

ところが、下の田圃から小屋の上流100mほどは小屋の私有地なので今すぐテントを撤去するようにとの小屋から顔を出した方からの怒りの言葉。
その物の言い様にも表情にもかなり戸惑いを覚えましたが、悪いのは私有地に勝手にテントを張った我々です。急いで撤収、挨拶をして雪のない地方に場を移して宴会しました。
130309Nabekura_0042.jpg 


本当に楽しみにしていた五十沢、ブサの裏沢、上トトンボ沢、ノミオ沢などの滑走…。今年は日程的にいろいろあってもうあきらめざるをえません。あーあ。
結果的に土曜日の谷川エリアはそれほどの強風ではなかったようですが、慎重すぎるのが私の身上。これはこれで良かったんだと自分に言い聞かせています。

感謝をこめて

3月7日【みやび】宇都宮駅東口

今思えばパワハラだったよな。
ε_16_3 

Contemporary

【Y40th】

Y40th.jpg 

同時代、同学年。

春になると国労が順法闘争とか合理化反対とか訳の分かんない事言ってみんなに迷惑かけてた頃。そんな日は大学に行かれないので小田急線で箱根に遊びに行くのが当時付き合っていた彼女(=今の家内)との習わし。 後に、ユーミンも彼氏とおんなじことしてたってラジオで聞いてその素人っぽさに親近感が湧いた。

ユーミンファンだった友人カップルに誘われて4人で山手のDolphinに行ったこともあった。
時に中央フリーウェイ聞きながら当時まだ東松山ICが終点だった関越で苗場に通った。

********************************

当時から深南部地域のブルース(Mississippi Delta Blues)ファンを気取っていたのでこうしたジャンルの曲にはほとんど興味がなかったんですが、このアルバムの中で中学生の頃好きだった「青い影」をご本家プロコルハルムと競演しているという事を知って先日貸してもらいました。

いいじゃん ! Yumin ! 
知らず知らずの内に40年の想い出がいっぱい重なっていました。

金沢プチグルメ旅

 3月1,2日【金沢旅行】 W/家内

昔は日本で一番美味しい街は富山だと思っていたのですが、その後は仙台、最近では金沢が一番だと思っています。 「たまには私も美味しい物食べたい!」と家内が言うので、その金沢に行ってきました。

雨の兼六園。
Kanazawa0012.jpg 

雪景色をイメージしてきたのですが、そういうシーンは希だそうです。
Kanazawa0005.jpg
カラスの大群が異様な大騒ぎしていたので何か猛禽類がいるのかなと期待していたのですが、やはり大きな鷹が森の上空に姿を現しました。(トンビかどうかはすぐに分かるんですが、タカの種類は区別がつかないのが残念です。周囲の環境からしてノスリかなぁ。)しかしこんな都会の真ん中で素晴らしいですね。

適当に時間をつぶして、お目当ての店へ。昨年9月に上司と入って感激した店です。
Kanazawa0020.jpg
 
付きだしの小梅貝。この時点でもう家内感激。
Kanazawa0022_1.jpg 

家内はまず天然の寒ブリ。
私はあの脂と臭みのためにブリは苦手なのですが、これが本日一番の絶品でした。脂が乗っているのに全くしつこくありません。ブリがこんなに旨いとは…。絶品とはまさにこの事。私が今まで食べていたのはブリじゃなかったんですね…。 カツオほど美味い不味いの差が大きい魚はないと思っていましたが、それ以上です。
Kanazawa0023.jpg 

私は昨年ノックアウトされた〆鯖から。もちろん美味しかったんですが、寒ブリを前にしてすっかりかすんでしまいました。
Kanazawa0024.jpg  
 
本ズワイにはとても手が出なかったので紅ズワイです。驚きの1300円! 私は蟹に執着がないのですが、家内がいいから食べてみろというので一本食べてみたら…。いやぁ美味かったぁ。蟹自体もいいんでしょうが、茹で方や絶妙な冷やし方もあるんでしょうね。 結局私が半分食べちゃいました。
Kanazawa0025.jpg

白子のテンプラはイマイチかな。真鱈だと思うんですが、私はやっぱスケソーがいいな。
Kanazawa0026.jpg

石川に来たらノドグロは外せません。 あっさりした上品な煮付けは家内好みとか、一瞬で骨になってしまいました。
Kanazawa0033.jpg 

この人が名物大将。
予約必須の人気店ですが、大将も板さんも店員の女の子も皆さん一生懸命。見ていて気持ちがいいし、とても気分良く 飲ませてくれます。
Kanazawa0037.jpg

ごちそうさまでした。他にも食べたい物は沢山あったんですが、もうお腹いっぱい。ここに来る前に小腹が空いて、生中飲みながら小籠包とか餃子なんかつまんできちゃった事を後悔しました。
Kanazawa0035_1.jpg
他にお茶漬けと生中3杯と地酒3合頼んで支払いは会社の一般的な飲み会の会費未満。金沢、美味いだけじゃなくてお値段も感激! 
 

翌日は東茶屋町をぶらついた後、近江町市場へ買い食いに。

一見さんお断りの老舗の茶屋街です。
Kanazawa0040.jpg 

近江市場のちょっと奥まった所で見つけたお目当の焼き牡蠣。安芸の宮島のようにしっかりとは焼きません。海水の塩味が利いているのでレモンを絞っただけでツルっと一口。
しっかし、朝からビールが美味いぞ!!
Kanazawa0046.jpg 

泥鰌だとかツブ貝だとかの串焼きを頬ばりながら石川産の本ズワイ(高くて今日も手が出ませんでした。)を冷やかして回った後は市場の中の回転寿司屋へ。

ノドクロ炙り。いいねぇ。    
Kanazawa0049.jpg

「さわらそで」って関東じゃ知ってる人は少ないと思います。あの鰆じゃなくてカジキ(さわら)の腹身(そで)をそう呼ぶそうです。マグロのようにしつこくなくて、ほのかな脂。私はこれが気に入りました。
Kanazawa0050.jpg

地の生鯖。
Kanazawa0051.jpg

まだ昼前だというのに地酒・地酒。加賀鳶と黒帯の悠々を。
Kanazawa0052.jpg 

少食の2人がこれだけ食べてしまいましたよ!  つい3時間ほど前にホテルの朝食バイキングをしっかり食べて出てきたのに…。 (もっとも回転寿司なのでお酒やみそ汁の分のお皿も入っていますが。)
Kanazawa0055.jpg 
シャリが美味しい上に小さいのがとっても良かった。(私の地元の鮨屋はどこもシャリがデカ過ぎ!!)

なんか胃にスイッチ入っちゃったんでしょうね。普段甘い物なんか食べないんですが、食後のコーヒーに入った店でこんなのまで食べちゃいました。
Kanazawa0056.jpg 


1日
昼:越後湯沢駅 いくらタラコ弁当 ☆☆ 缶ビール
夕方:近江市場前 生中2、餃子、小籠包
夜:香林坊いたる本店 ☆☆☆
2日
朝:金沢都ホテル 朝食バイキング 
ブランチ:近江市場 買い食い ☆ 缶ビール
昼:近江市場内回転寿司 ☆☆ 生中1、地酒2
  コーヒー屋 ミルフィーユ 
夜:地元ファミレス 和牛ステーキセット


おかげで今お腹痛いです…。

今日は金沢~


はくたか8号金沢行き