ONYXに致命的トラブル発生!

 1月29,30日【パウダーキャンプ】中妻山、佐渡山

山スキーの著名人が年に一度戸隠の山荘に集うパウダーキャンプ。今年も参加させて頂きました。 顔面パウダーと大宴会の楽しい様子をアップしたかったのですが、それどころではない事態が発生したので緊急告知いたします。

30日のハイクアップ中に私の友人のG3 ONYXが誤開放。ほとんど平坦に近いような場所をただ歩いていただけなのに不思議だなぁと思ってよく見ると、 フロントピースの片側のピンが折れて無くなっていました。G3 ONYX 致命傷

Tech Bindingはこの2本のピンでブーツのトゥを支持しているのでこれが折れてしまっては基本的にブーツの装着ができなくなります。
①ピンの抜けた側の支持金具にテーピングテープを巻いてブーツと金具のクリアランスをできる限り詰め、右側はそのフリクションで支持。
②針金でBindingとブーツと板を巻き留め。
たまたま本人が片足ターンでも滑って降りることができる名手だった上に、条件の良い雪と斜面だったという事、更には不具合以降シールの着脱が1回だけだったという幸運?が重なって無事に下山する事ができました。 事態が判明した時は蒼くなりましたが。

P1080675.jpg 

ONYXユーザーとしては命にもかかわりかねない非常に不安なトラブルです。明日にでも本人から販売元へ状況を連絡するそうですが、その対策や対応については逐一当ブログでもお知らせいたします。原因が究明され、対策が必要な場合はそれが済むまでONYXユーザーの方は前ピンの折損の可能性を頭に入れて山に入られることを強くお勧めします。

応急対応に力を貸して頂いた皆様、改めてお礼申し上げます。また、寒い山頂で長い間待っていて頂いた皆様、大変申し訳ありませんでした。

このトラブルのお陰で折角参加してもらった友人の山スキーは台無し!

スキーブーツの剛性

1月26日 【東家】 仙台駅前

冬の仙台のお愉しみと言えば、まずはこれから。 P1080612.jpg

あれやこれやは省略ですが、今夜も最高! だったはず…

いつもの事ながらあまり記憶がありません。P1080617.jpg

そんな話じゃなくて、今日はゲレンデ用スキーブーツの剛性の事でお知恵拝借。

「私にはフレックス130じゃ堅すぎる」とか「中級者にはフレックス100位がちょうどいい」とかいうような趣旨の事を時々耳にしませんか?上級者は剛性の高い物を、中級者はほどよい剛性の物をという説。技量でなくて脚力に置き換えて言われる場合もあります。

理由はなんでしょうか?

スキーブーツの第一機能は足の動き(力)を素直に遅滞なく板に伝える事です。もしブーツが完全剛体なら1の足の力が時間遅れなしに1の力として板に伝わります。ヘニャヘニャなブーツなら足の力の一部がブーツの変形に食われるので1の力が時間遅れをもって0.9だか0.7だかの力として板に伝わるわけです。ブーツの変形によって力の作用点も意図しない場所になっていることもあるでしょう。

「足の力を素直に遅滞なく板に伝える」という機能に関しては剛性が高い方がいいのは自明の理です。「私にはフレックス130じゃ堅すぎる」とか「中級者にはフレックス100位がちょうどいい」といわれている理由、何なんでしょうか?

買うかどうかは別にして考え始めると夜も眠れないのでどなたか教えて下さい。

多忙

 1月25日【埼玉の外れ→西千葉→東京會舘→東池袋→池袋→埼玉の外れ】

昼間は母校で最近の研究成果について真面目にディスカッション。もしかしたらまた一石投じられるかもしれん。オレって運いいかも…。

夕方東京會舘に駆け付けて講演会聴講。 参加者は学者の先生方も多かったようで、開演のだいぶ前には満席となる盛況でした。
P1080584.jpg

こんな内容でしたが、シロートには言わんとする事が今一咀嚼できなかったので感想は省略。 
P1080586.jpg  
P1080588.jpg 

講演会終了後の立食パーティーは御遠慮して同僚が待つ池袋の博多モツ料理屋へ急行。
P1080598.jpg 

天使の輪。この手の店にしちゃ、なかなか。
P1080597.jpg 

しかし、どれもこれも安くて美味い! 

何より店内若いお洒落な女性で溢れていたのがオジサンには最高! 
宇都宮の彼女、今度ゆっくりね!!!
P1080599.jpg 

で、2次会はいつものここ。
またママにおんなじ事で叱られました。お金払って叱られに行く方も行く方ですが、もういい加減リセットしてよ。
P1080608.jpg 
帰宅は2時をまわる午前様。

まぁ、世は事もなし、か…。

トレーニング再開

1月24日 

3日の八方トライアングルでひねった右足首、ようやくビッコをひかずに歩けるようになってきたので今日からエルゴメータトレーニングを再開しました。それでなくても昨年12月来飲み会の嵐でトレーニングの頻度が落ちていた所へこの怪我ですっかり息の根を止められた形です。

今夜は復帰第1戦なのでLSD+α
0-15min  (UP)   :70W→160W (平常心拍→140bpmへ漸増)  
15-57min (LSD)  : HR140±3bpm(160W→110Wへ漸減)
57-60min (Medio) :MaxHR160bpm(150W一定)
AV.32.0km/h 520kcal
60-70min (CD)   :10W

3週間のデ・トレーニングで持久力は元のもくあみとのデータもあるくらいですから、春のロングツアーに向けて1年かけて造り上げてきた体力が台無しかも。

頑張るっきゃないけど、夜は何かと出かける事が多くて今週はもうトレーニングのチャンスはありません。

ん?、朝練かぁ!?

1/25 追記
やっぱり起きられませんでした…

基礎スキー講習会

1月22,23日 【基礎スキー講習会】石打丸山スキー場
今季滑走17,18日目(OMNNY, ONYX, TLT5) 

先生方の勤務先、アクション映画のようでビックリしました。言われた通りの事ができない生徒はリフトの上から狙撃されるのかもしれません。
SAT.jpg 
2日間気になってしかたなかったのですが、帰宅後ネットで調べてみたらSAT 違いだったみたいです。もしもホントにスナイパーだったら公開なんてするわけないし。

今回は準指・指導員だけでも5,60人が在籍しているという名門クラブのスキーキャンプのお世話になってきました。
NSC0002.jpg 

今週もこんなお天気だったのでお山のパフパフをちっとも気にすることなく講習に集中できました。とか言いながらも実は気になって、かぐらBCに上がったヂュン君にさぐりの電話を入れちゃいましたが。
NSC0004.jpg 

技術レベル(目指す資格)と体力でクラス分けされますが、私は某レベルのガンガンコース。
先週の山スキー講習会では外向傾・両足荷重でのズラシ系ターンを徹底的に練習しましたが、今回はどちらかと言えばカービングの流れを汲む滑り講習。いろいろ違う事があって戸惑いますが、山での応用力を上げるために何でもできるようにしておこうと思っています。

9-16時で目一杯練習した後は、歩いて3分の旅館まで辿り着くことができずにここで遭難。暖簾がかかる前だったのですが、先生方の顔で上がり込んで熱燗で乾杯!固まっていた筋肉が一気にほぐれました。Good location, good custom !
P1080573.jpg

お酒を控えめにした夕飯後は有志でナイターコブ特訓。7本やってさすがにお腹いっぱいです。旅館に帰ってからは飲みながらビデオで各自の滑りのチェック。あー、オレってカッコわる~~。
NSC0005.jpg 

翌日も講習日和。
NSC0006.jpg 

これが2日間の中で最高の絶景。
NSC0007.jpg 

何か言われる度に頭の上に?が3つぐらい灯る劣等生ですが、少しは自分の悪い所が分かってきたような気がします。2日間みっちりありがとうございました。
NSC0008.jpg 

It was all for gliding high at mountain !!

蛇足
ONYXとTLT5に替えたらOMNNYが本来の銘機に生まれ変わったような気がしました。イヤイヤ、私のレベルが上がったのかもね。このセットがあればあえて基礎用の板やブーツは要らないのかもしれません。機会があればレンタルで比べてみるつもりです。
NSC0003.jpg 

ホッカイロ

 1月19日【南国酒家本店】原宿

P1080566.jpg

三段山の打合せだって聞いてたんですが。
聞いてねぇよ、CMHなんて。

今からお金貯めなきゃ…

命の綱

1月18日 【備えあれば憂いなし】

昨日箕輪山でスキーが壊れて帰れなくなった山スキーヤー2人、ご無事で何よりでした。

山の中での滑走用具トラブルは命にかかわる場合があります。 これは私が常にザックに入れている応急修理キットです。
Tool0003.jpg 

上から反時計回りに雪払いブラシ、ドライバー・六角レンチセット、#3Posi driv ドライバー、ステンレス針金(φ0.9×7m)、絶縁テープ、ペンチ。他にガムテープはストックに巻き付け、テーピングテープは救急用品セットに入れてあります。これで多少の応急修理なら何とかなるでしょう。

ブラシは何らかの理由で雪まみれにしてしまったシールのグルー面の清掃に使います。これまでに私自身が1回と2人の同行者がこれのお陰で深刻なシールトラブルを免れています。CT40の場合でも雪が厚みを持って付着すると吸盤が滑走面に接触しなくなるので必携。

ちなみにPosi driv (Pozi driv は登録商標、driveはスペルミス)は多くのビンディングの取付や開放値の調整用に使われているビスの頂部溝の形式で、プラスドライバーで代用すると締め付けトルクが高いビスの場合溝をなめてしまう場合があるので要注意です。

Posi driv driverはプラスドライバーの十字の間に小尾根を派生させている。
Tool0001.jpg

ALL for gliding high

 1月15,16日 【五竜スキー場・サンアルピナ鹿島槍スキー場】 
今季滑走15,16日目(SUGAR DADDY, ONYX, TLT5) 

7度3分の熱と足首のねんざを押して、所属山岳会の初級パウダー講習会に参加してきました。馬鹿ですが、山で脳みそ溶かすためにはやっぱり滑りが上手くないと。
1101Lesson0003.jpg 

2日間ともゴン降り、午前中からナイター照明煌々と。そして寒かったぁ。1101Lesson0005.jpg

でもお陰で腿まであるゲレパウを使っての講習会。現役SAJ指導員のSさんによる正しいポジション取りとずらし系ターンの徹底指導。おまけでコブの攻略法も教えてもらいました。 正しいポジションに乗るとターンが楽ですね。

15時半から17時まではビーコントレーニング。

夕食後も12時までツアーやセルフレスキューに関する机上講習と真面目なディスカッション。もちろん飲みながらなので最後まで目を開けていたのは私を含めて4人だけでしたけどね。
1101Lesson0001.jpg 

2日目は栂池にツアーに出る予定でしたが、こんな天気だったので今日も滑走講習。折角の機会だったので私はその方が嬉しかった。
1101Lesson0004.jpg 

これからは基礎スキーレッスンにも参加するので、まずはOMMNYのDIAMIRをONYXに付け替えました。 来季はゲレ板・アルペンブーツ導入か…
P1080559.jpg   
 
It was all for gliding high at mountain !!


25周年原酒

1月13日【和食 せきね】志木 立教高校そば

萬寿以上だったら原酒にはブランド名が入らず樽の番号だけのようなんですが…
そんなウンチク抜きに、う・ま・い!
P1080551.jpg 

今夜もせきね名物焼き鯖飯で〆。
P1080552.jpg 

なにかと安上がり

 1月11日 【右半身創痍】

別に願掛けってワケじゃないんですけど、晩酌自粛中。 二晩目。 

右手首腱鞘炎(半年)、右顎関節症(1ケ月)、そして右足首ねんざ(1週間)。
でもみんな同じ薬だから安上がり。右の踵のヒビ割れだけは別だけど。
drag.jpg

ボルダリングもチャリもできないけれどスキーだったら何とか我慢しいしい。
今週末は白馬で基礎とツアーと。

治らんか、せめて足首!

11初滑降かも?

1月9日 【かぐら中尾根北斜面・南斜面】 今季滑走14日目
(ARMADA JJ, ONYX, TLT5)

世の中3連休らしいけど私は両側出勤。みんな遠くに行っちゃったので単独かぐら。

世界最軽量のスキーブーツDYNAFIT DyNAです。かぐらゴンドラで一緒になった方が履いていました。山岳スキーレースに使っているそうですが、今日はCYCHOのスーパーファットとの意表を突く組み合わせ。 レアな靴を履く者同士で話の花が咲きました。
1101KGRBC0016.jpg 

昨日死亡事故が起きているだけにBCエリアに出ようかどうしようか迷ったのですが、昨日の日射で雪も落ち着いてきたようだし視界もあるのでとりあえず登ってみることにしました。
1101KGRBC0017.jpg 

反射板の斜面。 
1101KGRBC0019.jpg

ブッシュは出ていますがラインを選べば何とか滑れない事はなさそうです。実際きれいなトレースも何本か付いていました。 
1101KGRBC0019_up.jpg

中尾根南斜面は1本樺がようやくその名の通りになりました。俄然やる気アップです。
1101KGRBC0020.jpg 

昨日のトレースを辿って稜線に向かう先行パーティー。付いて行くように思われるのもいやだし、少しはラッセルもしたいので私はこの少し先からクライマーズライトの沢へトラバース。
1101KGRBC0021.jpg 

フーカフカ。  誰もいない静かなかぐらはいい気分。
1101KGRBC0030.jpg

中尾根の頭でDyNAの方と再会。ボーダーの同行者と中尾根北斜面を滑るというのでご一緒させていただく事にしました。 


中尾根北斜面へ向かうルートにはトレースの痕跡すらありませんでした。6,7日の嵐が来る前は雪不足で滑れなかったはずなので、2011年の北斜面初滑走は我々3人が頂いたのかもしれません。
1101KGRBC0024.jpg

板を外すと股まで潜るフカフカの新雪(積雪2.4m以上、HST約1m)。表層雪崩が懸念されたのですが、ピットチェックでは弱層も見つからず全く反応なしのCTN。念のためやったルチブロックでも全く問題なしでした。 とは言えたった2日間で1m以上の積雪があったわけですから、沢状地形は避けて小尾根を絡めて滑る事にしました。

最高の条件と思われたのですが、雪が深すぎてスノーシューで急斜面の登り返しは相当苦労するだろうと思われボーダーのSさんは稜線上で待機です。

登り返しの時間を考えてたった1ピッチの滑走でしたが全く底づきしない浮遊感が味わえました。ウルトラファットのように雪面を舐めて滑るわけでもなく、細板のように沈んでしまうわけでもない、JJの真骨頂発揮でしょう。

そして登り返して今度は中尾根南斜面を滑ります。もちろんこちらには既にトレースがたくさん入っていましたが、思いの他いいパウダーが楽しめました。ガスで斜面が見づらく飛ばせなかったのが残念です。
1101KGRBC0027.jpg

100円。
1101KGRBC0028.jpg 

中尾根の状況
北斜面・南斜面共に上部の雪の量は十分です。ブッシュも隠れています。ただし、6,7日の2日間の極端な降雪の為か南斜面には1本樺の数10m手前まで長いクラックが入っていました。同じような状況だった昨年1月8日にはここでかなり規模の大きい雪崩が起きているので、落ち着くまでは1本樺よりずっと手前を滑る方が無難でしょう。 (私達は視認していませんが、サイズ1.5の自然発生雪崩の跡がJAN雪の掲示板に報告されています。)

また沢身は遠目にもまだまだブッシュが出ていました。下部では水流も出ているかもしれません。鬱陶しいので我々は5ロマ乗り場(厳冬期運休)へ下り、そこから尾根をトラバースしてメインゲレンデの迂回コースへ戻りました。 登らずに済みます。

ハクノリ

1月3,4日【新年白馬エリアスキー2日目】 今季滑走13日目
(ARMADA JJ, ONYX, TLT5)

4日 白馬乗鞍岳
昨晩は結局降雪なし。さて、どこ行こう。

八方も栂池ももうギタギタだろうから今日は滑りを捨ててハイクアップを楽しもうということで栂池から2301台地か天狗原を目指す事にした。もちろん天気が良ければハクノリに。

今日はShoちゃんも参戦。ジュン君は今日は林間滑走に備えて扱いやすいButter Knifeへ。
NewYear_Hakuba0060.jpg 

午前中曇りの予報はどこへ… ハクノリ行けるかも!?
NewYear_Hakuba0062.jpg 

昨晩の飲み過ぎが祟ってツライ…。 すすめ上手のヂュン君にすっかりやられました。
NewYear_Hakuba0065.jpg 

あれっ!? ギタギタじゃなかったの?? 
NewYear_Hakuba0070.jpg 

すっかりリセットされた斜面を前に、焦らず腹ごしらえ。それでも人が少なくて3番目です。
NewYear_Hakuba0069.jpg 

美味しい斜面を見てようやく体調が戻ってきました。
NewYear_Hakuba0071.jpg 


[高画質で再生]

1月4日白馬乗鞍岳滑降1 [ホームページ]

へっへっへ…
NewYear_Hakuba0079.jpg 

全然期待していなかったのですが素晴らしい ノートラックパウダーを頂いちゃいました。全くの予想外だったので笑いと歓声が止まりません。
あんまり雪が良かったので半分ほど登り返してメローな滑りをもう1本。
<[高画質で再生]

1月4日白馬乗鞍岳メローラン [SEO]


NewYear_Hakuba0086.jpg 

天狗原南端からツリーを絡めて自然園に落として満足の大休止。

そこで後続のガイドツアーが山頂から2ピッチで直接自然園に落としたのを見て唖然。あんなルートがとれるんですね。自然園からでもはっきり見えるほどの盛大なスプレイを上げる事ができる上級者が揃ったガイドツアーならではのルート取りでしょう。エキストリームスキーヤーのマッキーはかなり悔しそうでした。
NewYear_Hakuba0091.jpg 

でもとっても幸せな2日間でした。
NewYear_Hakuba0089.jpg

オシ、ガラ、トラ!!

1月3,4日 【白馬エリアスキー】 今季滑走12,13日目 (ARMADA JJ, Onyx, TLT5)

3日八方尾根
アハハハハ~。また当てちゃって、もうなんも言う事なしっす!
へへへへへ、ゴメンネ…。

この二日間の素晴らしかった八方の状況はブルクリのこの動画で。私達は参加していませんが、特に3日の映像でバフバフ度合いが良く分かります。
NewYear_Hakuba0002.jpg 

NewYear_Hakuba0004.jpg 

今日の相方はマッキーとヂュン君。頼りになる二人です。
NewYear_Hakuba0005.jpg 

今回も無風快晴!八方フリークのマッキーが 「常吉さん、変ですよ!」 だって。確かに私のこの1年間の八方BC無風晴天バフバフ率5/6だもんね!
NewYear_Hakuba0009.jpg 

まずは押し出し沢とガラガラ沢を分ける尾根から。面ツルです。
NewYear_Hakuba0011.jpg 

マッキー、バフ!!
NewYear_Hakuba0019.jpg 

ヂュン君、バフバフ!!
NewYear_Hakuba0021.jpg 

常吉  後傾、骨盤曲り…             Photo ぢゅん君
b0192797_21251950.jpg 


NewYear_Hakuba0025.jpg 

楽しんだ後はEarn your turn! 余りに良くてちょっと落とし過ぎました。
NewYear_Hakuba0028.jpg 

NewYear_Hakuba0029.jpg 

何なんでしょうか??
NewYear_Hakuba0031.jpg 

次はお隣のガラガラ沢。
沢身はトラックが入っていたので、その手前をチョイス。もう~~バフッバフ!!
本日最高の斜面で口々に、「やば過ぎじゃん。」とか語彙レス若者言葉。でも他に形容詞なしっす。 バフ、バフッ。
NewYear_Hakuba0032.jpg 

興奮のあまり写真が撮れませんでした。
で、また登り返して今度はトライアングルへ。
NewYear_Hakuba0034.jpg 

NewYear_Hakuba0038.jpg 

私にはちょいっと精神的に負担なトライアングルです。途中の最大斜度は体感45度。もちろんそんなにはないと思いますが。
NewYear_Hakuba0040_1.jpg 

自分で落したスラフに気を取られ、雪崩の恐怖で態勢を崩して転倒。足首をちょっとひねってしまいました。怖がらなければ何とかなるのにね。

でもまぁ何とか無事に林道に到着。
NewYear_Hakuba0045.jpg 

左からマッキーJJ、常吉JJ、ヂュン君マスティフ。相談したわけでもないのに3人ともONYXとCT40。そういう時代なんでしょうね。 ところでVGラインナップを完成させてしまったヂュン君はこれからどう使い分けをするんでしょう。
NewYear_Hakuba0049_1.jpg 

ここで偶然お会いしたブルクリの滝本さんに「おー、埼玉軍団じゃないですか」って声をかけられてちょっと嬉しかったな。

で、夜はいつものここ。
ヂュン君は私達の為に30日からここと焼八で毎晩雪乞いをしてくれていたそうです。
NewYear_Hakuba0052.jpg 

NewYear_Hakuba0053.jpg  NewYear_Hakuba0054.jpg

18時から24時まで…。 当然私は突然死してました…。

明日は「もっと大当りだったバフバフハクノリ」をお伝えします。

穏やかなお正月

1月2日

罰当りな我が家は元日に初詣も行かずに軽井沢のアウトレットでお買い物。
今日ようやくお参りに行ってきました。

春の兆し。
11New_Year0005.jpg  

里山の水辺にも氷なし。
11New_Year0015.jpg 

11New_Year0010.jpg 

完歩!
110102Pooh.jpg 

本年もよろしくお願いいたします。

常吉