【速報】八方BC2日目

12月30日 【今日もパフパフノートラック】
09/10シーズン  8日目

午後には急激な天候悪化が予想されるので、ガイドさんは八方か比較的風の弱い栂池か直前まで迷ったようですが、参加者の希望で今日も八方になりました。
HPPO3025s.jpg 

幸い日の差す高曇り。
HPPO3002s.jpg 

押出し沢もガンガラ沢も昨日トレースだらけにしてしまったので、ノートラックを求めて八方池裏の無名沢へ向いました。 ガスっているように見えますが、これはレンズの曇りです。
HPPO3012s.jpg

ドロップインポイントの直下こそ少しブッシュが見えますが、その下は広いバーンから浅い沢へと続きます。
HPPO3013s.jpg

中央のピークからドロップして撮影地点までが1ピッチ。幸い雪は昨日と変わらずパウダー食いまくりですが、これだけの距離のパウダーを一気に滑るのはさすがに疲れます。
HPPO3016s.jpg 

リグルーピングポイントからトラバースして行くと…
HPPO3018s.jpg 

そこはなんとガンガラ沢のドロップインポイント。昨日の対岸の尾根でした。
HPPO3026s.jpg 

こんな感じで昨日のトレースを避けます。エントリー直下は狭い、急、障害物あり、の3拍子。 
緊張しながら慎重に慎重に。
Line_Gangara30s.png 

またまた次なる斜面を求めて。
HPPO3035s.jpg 

今度はノートラックのパフパフが詰まっている無名沢をはるか下のボトムまで一気です。
耳からも鼻からも脳内ホルモンがあふれ出ましたが、もう太腿パンパン。
最後は制御不能に陥りました。
HPPO3037s.jpg

林道に着いた頃、上部にはガスがかかり始めました。計ったような絶妙なタイミングですね。
HPPO3038s.jpg 

地形やその日の雪質を知りぬいたガイドさんのお陰で2日間本当に効率よくノートラックパウダーを満喫することができました。「上質な滑り」に徹するならガイドツアーがお得ですねぇ。    

新年は2日から5日まで北アルプスの稜線に上がってパフパフ三昧です。  他にスキーヤーやボーダーは皆無でしょうから美味しい斜面を食べ放題かな。

【速報】八方BC1日目

12月29日 【The Day !】
09/10シーズン 7日目

本当は30日に日帰りで行こうかと思っていたのですが、天気図を見ると29日は晴れ。前日は1日雪だったし、こりゃ行くっきゃないかと。 BLUE CLIFF滝本さんのお世話になる事にしました。

こんな日でしたよ。Dルンゼを滑ったOMさん達もさぞ良かったことでしょう。
HPPO2907s.jpg 

グラートクワッドが使えないのにもかかわらず1時間もハイクアップしないで、ドロップインポイント。リフトアクセスの強みですね。

日照の影響も風の影響も受けていないドライパウダーが詰まった押出し沢にトラックを刻むわたし。 深みに入るとセンター99mmのシュガーダディーではちょっと手に余ります。  
                                          Photo M. Takimoto, Copy Right  BLUECLIFF
TM291003_20091229s.jpg

素晴らしいノートラックも12人が滑ればあっという間にギタギタ。
写真は1ピッチ目。ドロップインポイントは見えてません。
HPPO2915s.jpg 

長いピッチを3ピッチ滑ってからガンガラ沢トップまで登り返しました。
しかし皆さん、板ふっといなぁ。 センター140のバンブーコアとか。威力を十分見せ付けられました。でも研究してないし経済的にも今季は無理だな。
HPPO2919s.jpg

そしてガンガラ沢をボトムまで3ピッチ。ボトム付近まで降りてもパフパフで、いやぁ、大満足。 八方は1ピッチがとっても長いので腿ガクガクでした。

超お気に入りの写真。 来年の年賀状決まりかな。 
                                         Photo M. Takimoto, Copy Right  BLUECLIFF
TM291180_20091229s.jpg


HPPO2925s.jpg 

大満足の一日。
常連さんさえ記憶がないくらい雪とお天気に恵まれた素晴らしい日だったそうです。
HPPO2927s.jpg 

この日のツアーの様子はこちら。 盛大なスプレーの数々をご覧下さい。
http://picasaweb.google.co.jp/blueclifftaki/AAFtKL#
動画はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=4shU0ZpuaAs&feature=player_embedded
私はどれでしょうか?


で、夜は話題のこのお店を単独登攀。
HPPO2937s.jpg 

でも若い人向けでした。
とか言いながら目いっぱい飲んで食べて、車を停めた第5Pまで20分ほどの千鳥足。
HPPO2939s.jpg 

シュラフにくるまって素晴らしかった1日の余韻を噛み締めている時に、素晴らしい知らせが飛び込んできた。一時は両手の指8本切断かと危ぶまれた後輩、1週間の血管拡張剤点滴の甲斐あってセーフ!! K先生、本当にありがとうございます!
HPPO2938s.jpg 

明日もいい日だろうな。

 

ザ・デイ!

20091230010857
今日の白馬はガイドも歓声を上げたザ・デイ。私の板と技量じゃ手に余る深いノートラックのパウダー満喫!みんなスーパーファットでシュガーダディなんかマッチ棒みたい。今夜はP泊して明日も行きます。
噂の居酒屋で飲んで今車に戻って来たらこれまた素晴らしい知らせ。F君、良かったなぁ!!見舞いなんか行かんから。先生によろしくな!

オヤジ達のクリスマスイブ

12月24日 【ろくでもないイブの晩】

*君、希望持ってな!

頑張り屋のTさん、ずっとブログ見てたよ。
一期一会とは言え、言葉ない。 RIP.


Wine勉強会

12月21,22日 【京急観音崎ホテル】 

ようやく夜の部。
KQ2009_1221AHs.jpg  

まずはアミアミRIOJA。葡萄が違う(テンプラニーニョ)のにダルマニャックに良く似た味で、グラスに注いで少し回しすぎるとプロのたまごでも間違えることがあるとか。 ですからソムリエの試験にも出ることがあるそうです。RIOJAと言えばテーブルワインのイメージですが、これはSPAIN皇室御用達。
KQ2009_1221AC1s.jpg  

良く見ると…
RIOJAなのにBORDEAUXって書いてある!
RYOJAs.jpg
この辺の由来なんかをソムリエさんに教わりました。

そうなるとどうしても飲みたくなるのがご本家様。思い切って頼んじゃいました。今日は弟分の方です。
KQ2009_1221AGs.jpg 

こうして飲み較べてみれば確かに違いますが、私には分からないなぁ。
RIOJAがお値段半額以下で良く似た上等なワインにできている理由は法で守られた伝統か、工夫が活かせる新興勢力か、の違いのようです。
KQ2009_1221AJs.jpg 

そんな話で盛り上がってRIOJAをもう1本。そりゃこっちのがお得ですから。
KQ2009_1221AKs.jpg 
ずいぶんいろいろな事を教わりましたが、酔ってほとんど忘れてしまいました。
覚えているのは「スーパーで買うなら3000円以下でREEFER(定温輸送管理)のシールがあるもの」くらいでしょうか。それと、私の持論だった「日本の夏の室温は室温ではない。」ということ。室温とは14~16℃だそうです。当たり前ですが、いくら赤でも生ぬるくちゃ不味いです。

飲むほどに気が大きくなってしまって更にもう1本。でも残念ながらもう在庫切れでした。 いいワインを飲んでしまった後なのでソムリエさんは出したくなさそうでしたが、珍しいSpainのカベルネソービニヨンを無理にお願いしました。 やっぱ4本目にしてはちょっときつかった。いっそ全く違う飲み物としてボジョレーとかの方が良かったそうです。
KQ2009_1221AOs.jpg 

和食なのだれもお酒も焼酎も飲まずにこればっかり。翌日割り勘にしたのですが、ダルマニャックは宇都宮某所の約半額で、ホッ!
KQ2009_1221AQs.jpg

さて、どのグラスにどのワインが注がれたでしょうか。
そんな事を知っていると高すぎるワインを勧められてしまって安い物に代えてもらいたい時にスマートな言い方ができるそうです。
もっとも、それが通じないソムリエもいるかもしれないとの事ですが。
KQ2009_1221APs.jpg  

今夜お世話になったソムリエのTさん。この方が居るから今年もここに来ました。  覚える気がないので私にワインのウンチクを語れる日は来ないでしょうけれど、普段聞く事のできないお話しを伺いながら飲むワインはそれだけで格別です。
KQ2009_1221ARs.jpg KQ2009_1222AAs.jpg もちろんワインが主役になってしまいましたが、ここの洋風にアレンジした創作和食も特筆物です。  お皿も素敵でした。

さて、3ヶ月間に渡った激論も今日で終了。 後は走るしかないね。 
 KQ2009_1221AM1s.jpg

川場・苗場でオフピステ

 12月19,20日 【練習三昧】 川場スキー場・苗場スキー場
09/10シーズン 5,6日目

課の忘年会で皆が久保田や八海山を飲んで騒いでいるのを横目に私はキリン0.00%で我慢して、その後会の人たちと合流。テントを張らずに寝られるヒミツの場所で宴会です。
Piste2009_1220AA.jpg 

本来は天元台から人形石まで上がってBCスキーを楽しむはずだったのですが、期待していた豪雪も残念ながら米沢には届きませんでした。でもって上越でスキー練習に変更。

さすが一騎当千のつわもの達。川場なら晴れるとの読みでかぐらから変更したのですが、大正解。昼前から予想通り晴れになりました。その上、このところの雪でゲレンデトップまでオープンしていてパフパフ。
Piste2009_1220AB.jpg 

Earn Your Turn!  腰ラッセルです。
でも決してロープなんかくぐっていませんからね。大人ですから。Piste2009_1220AD.jpg 

ズルしてFirst Track 頂きの常吉。この後もう1本頂いちゃいました。
Piste2009_1220AF.jpg

O隊長の力強い滑り。
Piste2009_1220AG.jpg

年間山行日数180日超えの姉御。
Piste2009_1220AJ.jpg 

立山でご一緒だったNさんのカッコいい1枚。
Piste2009_1220AI.jpg   

ベテランテレマーカー I さん。
Piste2009_1220AK.jpg 

滑走写真なくてゴメンね。大手山岳雑誌編集部員さんは今日がオフピステデビュー。
Piste2009_1220AO.jpg 

さんざん楽しんだ後は湯宿温泉の大滝屋旅館さん。ワインと日本酒でスタート。
Piste2009_1220ALL.jpg 

日曜日はガラガラの苗場。この日上越一帯は快晴に恵まれて平標や真っ白になった谷川岳がとてもきれいでした。 かぐらBCにも人が大勢入ったことでしょう。

多分土曜日に運行開始したのだと思いますが、ホテル前から筍山の直下まで一気に運んでくれるNo.1ゴンドラが待ち時間ゼロで乗り放題です。滑り降りて来てはハァハァしながらゴンドラ内で休んでまた滑降。何故か所々パウダーが喰われずに残っていたりして…。
ホントに大人ですね。

ゲレンデスキーが楽しくてちっとも飽きなくなりました。 先シーズンよりも多少滑れるようになったのかも。  
Piste2009_1220AN.jpg

10時+4時間=…?? 
お陰さまで太腿が攣りそうになるまで滑れました。Princeさんいつもありがとうございます。
Ticket2009_1220AA.jpg

さて来週からまた山スキーです。

意外な成果

12月16日 【いわかわ】

そもそも出張と飲み会の嵐。空いている日はエアロバイクでマフェトントレーニング。なのでボルダリングに1度も行かない週が徐々に増えてきました。こうなるとデフレスパイラル。
行かないから登れない、登れないから足が遠のく…。

出張も飲み会もなかった今日は自分を叱咤激励して「いわかわ」に行ってきました。上達なんて端から頭になくて筋力の低下を少しでも抑えられれば御の字という訳で、モチベーションはゼロでした。

しかし不思議。95度壁今週の4級課題(遠いカチ系)OS、105度壁今週の4級課題(ランジ)4撃。私と同じようなレベルの方やもっと上手な方が苦労しているのを見てニヤニヤ。これで調子に乗って、1級~初段クラスの人がボロボロ落ちているヘンタイ3級課題で遊んできました。もちろん私は核心まで至りませんが、チビで足が届かない、掌が小さいので両手スローパーにつかまって足ブラできない、とかとかの悲哀を逆に楽しむことができました。怪我が怖くて外岩リードでは絶対確実なことしかできない私はやっぱ安全なインドアボルダリングが心底楽しいなぁ。

先週金曜日にマッキー・スガーと行った「ふかくら」のリードでも意外な成果がありました。案外週一くらいの方が筋肉の疲労がなくていいのかもしれません。

変態系山スキー決定

12月13日 【マフェトン脱落】

往路のGOALはいつもと同じ。
P10307261s.jpg

東北BCスキーツアーが1週間延期になってしまったので、今週も暇でした。立山に一緒に行ったNさんはかぐらに行きたかったようだったけれど、金曜の雨でそれも中止に。その代わりにNさんから預かっている板にホットワックス掛けておきました。 私の板もようやく下地が完成。 


この正月はハイクアップ10時間の体力系変態山岳スキーに行くことにしました。初日はとても大変だろうけれど、上がってしまえばパウダー天国が待っているはず
でも問題はすっかり落ちてしまった体力。立山でも皆に着いていけなかったし、かなり心配。体力もさることながらマフェトンに慣れきった心臓が高心拍に驚いたような気がします。


てな訳で、今日は武蔵丘陵に連なる小さなアップダウンを集中走行。  風がそこそこあったのでいいトレーニングになりました。心拍数は上限を160としたのですが、急坂では何度か165位まで。

走行距離:78.70km
平均車速:22.7km/h  (平地最高速:44.6km/h)
平均ケイデンス:74rpm
実乗車時間:3h28m00s
平均心拍数:143bpm
消費エネルギー:1509kcal
50km過ぎた辺りから高心拍数に慣れてきたのか、バイカーズハイ。


夜は家族で石橋坂
最近書きすぎで重みがなくなるのでやめておきますが、ここは超美味・リーズナブル。
安いのに最高の店 

でもひとつだけ。
ホント絶品 
奥からシマアジ、ヒラスズキ、キンメ炙り、ワラサ炙り。いつものように水揚げ漁港はすぐに忘れてしましたが、いずれも私が知っている限り一番の逸品でした。
週末は昼夜問わず要予約。それもなかなか取れないのでお早めに。


家にいると高くつくので、来週また東北遠征が中止になったら上越の某スキースクールに泊り込んで2日間みっちり鍛えてくることにしました。

ようやく見っけ!

 12月10日 【和食 せきね】 志木 立教高校そば

この1年間プロジェクトチームを裏から支えてくれた方をねぎらう会。若い人に幹事をやってもらうと私の好みでない店を選んでしまうので、ネットで探し出したのがここ「せきね」です。食に関してはネット情報はあてにならないことがしばしばでよく上司にあきれられるのですが、今回は大正解。

凝った料理というよりも厳選素材で勝負できる店。お刺し身は種類も質も素晴らしかったし、地酒も豊富です。

残念ながらカメラを持っていかなかったので、二品だけ携帯で。
かさごの塩焼き。おっきいでしょ。〆に選んだのはこの店の名物だという炙りサンマの焼き飯。
20091210235940.jpg   20091210234630.jpg

同僚たちはもちろん、食にうるさいBossも喜んでくれました。店内の雰囲気も接客もいいし、これなら会社帰りに一人で寄ってもいいなって久々に思えた店です。お値段はそれなり。

パリッとした身なりの若い女性がカウンターで独り美味しい物を楽しんでいたのが絵になる店でした。

Happy Birthday & Happy SNOW

12月8日 【First Anniversary & KAGURA high-speed quad lift starts

今日で1歳になりました。でも不景気なので不二家です。
千寿は「長生きしてね」って意味。 カインズホームでなぜか定価販売でした。
Poo2009_1208AEs.jpg

この娘が来て8ヶ月、母親が本当に明るくいきいきとなりました。
Poo2009_1208A1Js.jpg  

嫉妬やきだったこの娘も許してくれているでしょう。
Mags.jpg  

私も久保田とこれで今夜も満足。 スーパーで買ってきたので煮付にしたそうですが、今年は当り年なのかもしれません。 とても美味しいです。
Poo2009_1208ACs.jpg 

ところで朗報。今日かぐらの第1高速が運行を開始したそうです。
http://blog.princehotels.co.jp/ski/kagura/

写真を見る限り本格シーズン中とあまり変わりませんね。 今日はこの時期には珍しい上質のパウダーだったそうです。 逆に東北は寡雪。今週末のBCスキー遠征は泣く泣く延期になりました。
田代も土曜日にまず間違えなくオープン。週末混むんだろうなぁ。

雪のない週末

12月5日 【Secret X'mas Coupon Ticket】 
 
のダウン40%オフに惹かれてたんですが、安いと言っても額が額。今季は未だ未だいろいろと要り様なので諦めていたんですが、思わぬ優勝賞金が転がり込んできちゃいました…。 賞品じゃなくて賞金!

私と違って何やってもすぐに上手くなるようです。  そういや若い頃からスキーでもテニスでも敵わなかったような。
突っ込み厳禁!

これで買える!ってぬか喜び…。正月の蟹やらなんやらに化けてしまうそうです。放蕩オヤジは給与や賞与はおろか退職金までカットの身、頼りの賞金稼ぎの勤務先は先月倒産。これじゃ仕方ないですね。

天気も下り坂だし丸一日かけてパウ板のベース作りやシールのグルーリペアなんかしてました。


12月6日 【Ride & SOBA-Noodle】 梅の里@越生

山に行かない休日は83歳の母上のランチと買い物にお付き合いするのがここ数年の慣わし。家内のたまの解放にもなるし。

でもその前に、ポジションを推奨最終形に修正したBianchiの確認の為に寄居までポタリングに行ってきました。全行程の2/3はマフェトン上限心拍数を維持しましたが、帰路は無駄に登り坂の多いルートを選んでマフェトンペースに慣れきってしまった精神力と筋力の叩きなおし。

走行距離:53.01km
平均車速:21.5km/h  ゲッ!
平均ケイデンス:69rpm
実乗車時間:2h27m38s
消費カロリー:900.0kcal

そして午後、母親が一番お気に入りの越生の「梅の里」。
絶品 鴨汁

私は蕎麦の味が分からない人間ですが、ここは格別美味いので時々一人でも行ってます。特に天ザルのサイマキには言葉が出ません。母親と一緒の時は恥ずかしながら奢られちゃうので遠慮して、これまた絶品の鴨汁で幸福に浸ります。こだわりの蕎麦屋さんで鴨汁1000円は格安でしょ。

越生の街並みから黒山三滝に向う道に入って数分先の左側です。是非是非。


お話変わって、
ニュウモラップのモニターレポート第2弾finetrackのHPに掲載されました。前回無風だったために確認できなかった防風性が放熱性と高いレベルで両立していることを実感しました。風の強い日のハイクアップに最適。 これ、やはりお勧めです。

明るさ対決

12月5日 【Gentos Explorer EX-547SR】

先週の立山初滑りの前夜泊でデビューしました。
無機質デザイン 

今やLEDランタンの雄と呼んでも差し支えないGentosブランド(サンジェルマン)のタッチ式LEDランタンExplorer EX-547SRです。青色LEDで一躍有名になった日亜製の暖色系LEDを使用して大光量72ルーメン

あのBDアポロが50ルーメン、同オービットが32ルーメン。白色LEDと暖色LEDの違いがあるので数値ほどの差は感じられませんが、その明るさは推して知るべし。しかも点灯時に幻惑されないよう10数秒かけて徐々に明るくする芸の細かさ。 単4電池3本込みで85g、14時間連続点灯

じゃ、実験。
我が家には他のLEDランタンがないのでこれまで前夜泊やオートキャンプで活躍してきたColemanの蛍光灯ランタンと比較してみます。
ちなみにコールマンの蛍光管と電池は新品に替えてあります。 
小さいでしょ   

両者点灯状態。光源の明るさはさほど変わらないように見えますが…
光源の位置の違いに注目 

547を消してみると…
負け

明るさの違いは一目瞭然ですね。 これをテントの中に吊るしておけば各自のヘッデンは点灯せずにすみます。 しかも暖色系の柔らかい灯は和みます。 
こっちの勝ち~  

背面のフックはオービットのようなダブルフックではありませんが落ちても軽いので問題ないでしょう。他に磁石式アタッチメント、両面テープのアタッチメント、電池3本が付属しています。 
Single Huck  

アポロやオービットのような所有する喜びは湧いてこない趣味性のないデザインですが、機能美と言うことにしておきましょう。

値段? 
アマゾンで送料無料、1671円 、驚き!

富士三昧

12月1,2日 【某リゾートホテル】 御殿場

こんなステキなところに来ました。
PVL00046s.jpg 

バブルの遺産。
PVL00002s.jpg 

ロビーからも…
PVL00040s.jpg 

廊下からも…
PVL00048s.jpg

部屋からも…
PVL00042s.jpg 

そして駐車場でも。 
PVL00052s1.jpg 

で、冠間のギャップ。  
PVL00028s.jpg

激論が夜中まで続いたそうですね
だってマッサージ気持ち良かったんだもん。