【速報】袈裟丸沢

9月27日 【名前だけリーダー】

ナチュプロトレが中止になって泣いていたら、奇特な方が沢に付き合ってくれることになりました。

山スキーと沢のスペシャリスト。マッターホルンもオートルート(ホンマモン)もガイドレスだったと知ったのは遡行開始後のことだった。
そんな事とも知らずに私がリーダーなんかに名乗りを上げちゃって…。  

でも、前夜泊で盛り上がって他のテントから「うるさい!」って怒られたのはいつもと一緒。

ここは前回は右岸を高巻いたんですが、
Kesamar2009_0927AJs.jpg 

Kesamar2009_0927ALs.jpg

左は7月に登った白樺沢。右が今回の目的の袈裟丸沢。
Kesamar2009_0927AOs.jpg 

出合のスラブ滝を過ぎるとすぐに
Kesamar2009_0927AQs.jpg  

袈裟丸沢の大滝。
残置ハーケンがあったので2段目(黒っぽい部分)は水流左を直登。
ボルダリングチックで得意系だったのでここは私のリード。 ボルダーグレード6級くらい。上に抜け出ると一転スラブが広がり、適当な確保支点がなかったのでハーケン2枚打ってフォローを確保した。
Kesamar2009_0927ATs.jpg 

こんな滝とか、
Kesamar2009_0927BDs.jpg 

あんな滝とか、
Kesamar2009_0927BJs.jpg 

続々出てきますが、ほとんど水流脇を直登可能です。Kesamar2009_0927BFs.jpg

一見巻きかと思ったんですがスタスタと…
Kesamar2009_0927BSs.jpg 

遡行3時間、アプローチと下山が4時間半の沢登りだかハイキングだか分からない 山行でしたが、詳細はHPで。

旨い寿司屋めっけ!

9月26日 【石橋坂】 埼玉県東松山市

最近食べネタは書かないようにしていました。今でも食べ歩き・飲み歩きは続けているんですが、どうも最近感動がなくて…。

今日は久々に寿司屋のランチに感動。
カメラを持っていかなかったのが後になって悔やまれました。

まずはあっさり系の茶碗蒸し。 これは可もなく不可もなく。
20090926181636.jpg

評判のクロムツやキンメの炙りをたのしみにして行ったんですが、残念ながら今日は入荷がなかったようで。 一見普通の寿司でした。
20090926181521.jpg

大将が一つ一つ産地を説明してくれます。魚は国産天然物の活き締めだけ、勝浦のカツオ、福井のボタンエビ、早口だったのであとは覚えられませんでしたが、シマアジ、ホタテ、生蛸、近海本マグロのヅケ、玉、どれもとっても美味しかった。普段はお子ちゃまイクラは食べないんですが、ここのはイクラが美味しいだけじゃなくてシャリと海苔とのコンビネーションが最高でした!
20090926181457.jpg
  
「イクラとかボタンエビなんか食べに来たんじゃないのに…」
もう何度か来てこの店の売り物を知っている家内に言わせると今日は若干ハズレだそうですが、私は久々に美味しいお鮨を食べた気がしました。
シャリが小さいのもいいな。

米は自家製のコシヒカリと宮城のササニシキのブレンド、酢は米酢と赤酢のブレンド、醤油は…。(HPより)

でも少し物足りないかなと思っていると…
20090926181436.jpg
 
姫竹とスイカの漬物の創作寿司、これもオイシイ。

そして最後はデザートまで。
ちなみにプチアイスはMy箸持参のお客へのサービス。
20090926181554.jpg  

これで1500円! 
田舎のなせる業。これを東京で食べたら幾らになるんでしょう。

店主こだわりのお酒類も格安でした。
一番絞りの生472円。  気分が良かったので昼間っから琵琶の長寿(滋賀・純吟)682円。 
残念ながら家内は運転なのでノンアルコールビールでガマン。
20090926183129.jpg  20090926183220.jpg

食彩創鮓石橋坂 ←久々のお勧め
寿司は種とシャリと酢(と海苔)のコンビネーションであるということを改めて実感させてくれる店。

ただしコスト低減のためだと思いますが、基本的におまかせのコース料理です。
昼でも予約が確実だそうです。

吾、常に低きに流る

  9月25日  【心の弱さ】

来月のアルパイン、核心のA0ピッチにどうも自信が持てなくて買ってしまった。
冷静に考えりゃ問題ないとは思うんだけど、ついつい物に頼る臆病者。
イージーデイジー 
でもこれだけじゃ送料が掛かるって言うんで何か買うもんないかって調べてみたら…。

富士山で使ったあと、手入れしてなかったせいでこんなになってしまっていた。
あーあ 

アップ。 
Stein 
 

少々のお金で買える安全は買うっきゃない。 
モデル遅れだったので随分と安く手に入れられた。
30%off  
これで今月の夜の国際貢献、1回スキップ!

でも、それができねぇんだろなぁ。

AM6時 ライブ

 9月22日 

昨日の夜から大はしゃぎ。
Ryu達と1

さすがにお疲れ? 飼い主も飲み疲れの二日酔い。 
Ryu達と2

MTB再発見

9月20日 【ご近所Trail 探索】

昨日のBianchiポタリングでチャリの魅力を再発見。普段目に入らないものや気が付かなかった季節の移ろいに思いをめぐらす楽しみを思い出させてくれた。

今日は墓参りから思いの他早く帰宅できたので、MTB(Louis Garneau LGS-XC Bart)の埃を払って近所のお手軽trail の探索に出かけることにした。
普段あまり行かない森林公園付近を徘徊している時に、道路脇の丘の麓に何やら面白そうな道を発見。
Bikuniyama

Roadでも走れないことはないが、MTBなら全力疾走できる遊歩道。
Bikuni Trail

麓を半周してから標高差15mほどの登りと下り。そしてその直後に待つ直角のコーナーを急減速で回って出発点に戻るMTBショートトラック。1周様子を見てから全力で2周。2周目は直角コーナーを攻めすぎてちょっとヒヤっ。
BikuniAscent 
 
そのあとこんな道も見つけた。 Horse 
今日見つけたルートはどれも距離が短い上にDirtと呼べるほどの荒れた路面ではなかったが、お手軽オフロードでのMTB全力走行メッチャ楽しい。我を忘れて子供にかえってしまった。
わざわざ行くほどのことはないが、何かで通りがかった時や時間のない時にちょこっと走るのには楽しいルートだ。

しかしMTB、オンロードでもロードバイクと違って(走りはつまんないけど)首はもちろん腰も背中も疲れないしオシリも全然痛くなくて、ホント楽チン。

この1年間、マフェトンで身体ができるまでは無酸素運動を避けるつもりでいたんだけど、MTBのDirt攻略、Roadの最高速チャレンジ、どっちも止められそうになさそうだ。

【Data】
走行距離 29.29km
実乗車時間 1h28m
平均車速 19.7km/h
最高車速 37.0km/h(下り)
(心拍計、ケイデンス計なし)


お話変わって、
Cat_Haglofs 

今年も届いた秋冬カタログ。今年は力入ってる。
気になる商品が2つほどあるんだけれど、立山や栂池BCでのあの状況を考えるとアウターはどうなんかなぁ。

比企の秋

9月19日 【百舌の高鳴き、虫の声】

P1020927s.jpg 

7月末のグランドフォールでやった左足の軽い打撲、それをかばって歩いたせいか右臀部の坐骨神経痛の発症、更には剱でのひどい靴擦れも重なって、この2ヶ月間は室内外問わずチャリを自粛していた。

今も尾を引いている坐骨神経痛が少しずつ良くなってきたような気がしないでもないので、今シーズンは出番がなかった勝負ウェアの虫干しを兼ねてロードを引っ張り出した。 
P1020930s.jpg

田舎暮らし。5分も走ればこんな風景に出会える。
P1020929s.jpg 

ハートレートモニターの電池が切れていたので、心拍数を想像しながらマフェトンペースを維持してのんびりカントリーポタリング。

百舌の高鳴きと秋の虫の鳴き声に囲まれたすがすがしい秋の半日だった。

【DATA】
走行距離55.44km
実乗車時間2h27m
平均車速=22.6km/h 
平均ケイデンス66rpm
心拍数・消費カロリー不明。

マフェトントレーニングに百害あって一利なしとは知っているのについつい最高速チャレンジ。誘惑に弱いなぁ。

山に行かない週末

9月18日

皆さん5-9連休? 勤勉な私は土日だけ。
小川山に誘ってもらったけど、日曜日は墓参りに行かなきゃだし。

会社帰りの「いわかわ」、連休前夜でガラガラかと思ったらそこそこの人。
今まで登れていない課題や3級課題を重点攻撃。
んで、久々3級ゲットーーーーーーー! 
95度壁にセットされていた「週課題水色バー(セッター:E山さん)」3撃。
まだ登れない4級が幾つもあるからお買い得ってことだけど、3級は3級。


来週から山が続くので今週は家庭サービス。最近知った美味い鮨屋にでも行ってきます。

EVの未来を語る

 9月16日 【宇都宮】

EV(電気自動車)の乗用車としての未来ってどうなの?
その心臓部を開発しているエンジニアとな議論をしようと呼び出した。
P1s.jpg
出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/360795/blog/14212131/

会議を放り出して来てくれたし、是非とも 「日本一」に案内したかったんだけど残念ながら定休日。懐かしいおかみさんの声が電話で聞けただけ。
で、西口で最近気に入っている魚とお酒が美味しいお店に行って乾杯。

でも結局オレ達こんな話題ばっかだったな。
CAM 
あとエリア62のボルダー群とか八甲田とか。

カムトレ、よろしく。その内A1もね。

体力測定

9月15日  【56歳5ヶ月まだまだ進化中

今日会社であった体力測定の結果。

 体前屈:17.6cm         >>  16-19歳の目安13.5cm
 全身反応0.309s         <<  16-19歳の目安0.346s
 上体起し(腹筋)24回/30s   ≒  16-19歳の目安23回/30s
 最大酸素摂取量48.1ml/kg/s  >  20-24歳の目安47.1ml/kg/s
 握力(右)50.1kg         ≒  25-29歳の目安
 垂直跳び44cm          ≒  40-44歳の目安
 閉眼片足立ち42s        ≒  45-49歳の目安
~△ 肺活量3660ml       >  年齢・身長からの基準値3459ml
△ 握力(左)44.4kg         ≒  50-54歳の目安

全身反応は5年前までの0.27-0.29sから少々悪化したが、その他は多分どれも人生の最高記録じゃないかと思う。特に体前屈、最大酸素摂取量、それに閉眼片足立ちは大幅進化。前2者についてはたった数ヶ月のストレッチとマフェトンの効果が出たんだとしたら、うれしい限り。

高校生の頃、交際っていた同級生の女の子に貧弱な体力と運動オンチを見られるのがたまらなく恥ずかしかった。今日帰宅後その女性にこれを見せて自慢したら一言…

「筋肉バカみたいでみっともなくない?」

立山初雪!

9月14日

今日立山で初冠雪。例年よりだいぶ早いそうですよ。 
from Jさん@室堂

さてさて、今年はどんなシーズン? 
ワクワク!

ボコダキイワ

 9月13日 【坊抱岩】

Bokodakis.png 

今日はJECCの5.12aRPクライマー2人とクライミング歴1年未満なのに早くも5.12aRP、なんていう雲の上の方々と一緒にボコダキイワ

同行者と今日の成績。
温泉フェイス(5.10d)をアップのためにTRで登っている若い女性は、今日唯一ダークゾーン(5.11d)をトップアウトしたツワモノ。ピナクルダッシュ(5.10c/d)なんぞはその名の通り走って登ったように見えた。 今日はじっくりと足さばきを盗ませてもらいましたよ。


温泉フェイス10d 

芸者ワルツ(5.11b)を、それもほぼ直上ラインを2便でクリアした I さん。
クライミング歴11ヶ月でこれって羨ましすぎる。 特に股関節の柔らかさが羨ましいぞ。
芸者ワルツ5.11b 

その後ダークゾーン(5.11d)のトライでパンプしていたにもかかわらず、コズミックワールド(5.11b)を軽々とFLした。世界が違いすぎて参考にならず…。
コズミックワールド5.11b 

狙っていたという芸者ワルツ(5.11b)を本日2便、計4便で片付けたOさん。その後、1年前は登れなかったというコズミックワールド(5.11b)を見事トップアウトした。普段ジムで熱心にやっているムーブの工夫と発見が外岩で生きている。私もただ登ってないで見習わなきゃ。
コズミックワールド5.11b

最後にレベルの低い話で恥ずかしながら、私…
温泉フェイス(5.10d)をTRで登ってみたら何とかなりそうな気がしたので、帰り際にリードしてみたらあっけなくRP。 FLを逃したような気がしないでもない。
1枚目の写真のロープの垂れ具合から分かるように見た目よりもかぶっているが、お買い得課題。
温泉フェイス5.10d  

調子に乗ってコズミックワールド(5.11b)に取り付いてみたら、2度のフォールはあったものの、なんとか核心部(下部2ピン、プリクリップ) を越えて3ピン目まで届いてしまった。ギアを持っていなかったのでそこで止めてしまったが、これならその内できるような気が。

このエリアはどのルートも凝灰岩の薄かぶり。小川山のスラブにはいつも打ちのめされるけど、ここは私にとっては得意系の課題(=ボルダリングチック)が多くて楽しかった。10台後半やイレブン台が楽しい自分にビックリ。

皆さん、今日はありがとうございました。 またよろしくお願いします。

予定

明日の土曜日は先々週小川山に行った方たちと谷川岳周辺で沢登り。
下山後私だけそのまま小川山に移動して翌日某山岳会の方達とフリークライミング。 …のはずだったんだけど、残念ながら雨の予報で沢登りは中止になってしまった。来月アルパインでロープを組む予定の人が一緒だったし、行きたかったなぁ。

今のところ日曜日の小川山は決行。
大学生の頃夢中になって読んでいた新田次郎の小説に出てくる某山岳会を継いでいる方達に混じって岩登りをする日が来るとは夢にも思ってもいなかった。 でも相手は外岩5.12RPとかボルダリング歴1年半で1級とかの人たち。
行けば得るところが多いに決まってるけど、ホントに行っていいのかなぁ?

暇になった明日は「ご来店に際してはできる限り電話予約をお願いします。」とか言ってる超高ビーでおしゃれな登山用品店に行ってみたいんだけど、「そんな事したら買わないわけにいかないでしょ」って家内が反対してるし…。やっぱセール中のICI太田かな。

ところでこの冬はやっぱり暖冬だと今朝の新聞。
雪さえあれば11月は、3連休はもちろん、週末毎に立山通いのつもりでいるのに…

悔いと誇りと羨望と

9月9日 【宇宙(そら)へ】 信じて向えば夢は叶う

今日は某大学との共同研究の打ち合わせ。夕方終わってから次の用事まで間があったので、話題の映画を見に行った。 最近映画づいていていくつか続けて見てきたけれど、どれもこれもスカばかり。
しかし今日は感動!

夢の実現を目指しておそらく人生の全てを賭けたであろうNASAの人々の物語。未知の世界と未知の技術への挑戦は冒険とサイエンスとエンジニアリングの融合の極地。この時NASAにいられた人たちは幸せだ。
感情を込めないクールな描写なのに羨望と悔いとが胸の中に入り乱れて思わず涙がこぼれ、同時にエンジニアとして生きてきたことへの誇りも呼び起こされた。

25%どころが8%でさえ絶対ありえないと思っていたCO2の削減。でもこの人類の挑戦の精神があれば何とかなるかもしれないと思えてきた。

理系離れが著しいわが国、若い人に是非見てもらいたい映画。

 

自覚はしてても…

9月7日 【いわかわ】

先週の金曜日にあと1手まで迫った100度壁の3級課題(Set by 店長)、今日やれば落とせそうな気がして会社帰りにトライ。

アップ後、まず95度壁の緑バー4級から。
最後の1手が核心部。バランスで取りに行くのは難しいのでランジで取ろうとすると天井の梁に頭を打ちそうで怖い。4便かけて何とか陥した。

で問題の100度壁3Q。
1,2手目:でっかいスローパーを両手で保持。身体が右に残されるのでなかなか厳しい最初の核心
3,4手目:右手で次のスローパーを取って身体を引き上げてから(第2の核心)、そのまま右手で次のカチを取りにいく。
5手目:高いところにあるスローパー。チビの私はランジしてその付け根のわずかな掛かりに右手1本でぶら下がる。 (第3の核心
6手目:左手ででっかいスローパーにしがみつく。
7手目:終了点。 (第4の核心
つまりスローパーの連続課題。

3日前は1便毎に1手ずつではあるが6手目まで進めたので、まだ身体がムーブを覚えているはずだった。で今日はそこまでは難なく行かれると思って取り付いたのが大間違え。なんと今日も1便1手で最初からやり直し…。
まったく不器用の見本と我ながら情けなくなる。

帰宅直前にようやく終了点に片手をかすらせることができたのがせめてもの収穫。

スポーツは何をやっても「他人の2倍やってなんとか人並み」と自覚している私でも、ちょっと考えてしまう夜だった。3倍やると身体壊すしなぁ。

仲間たち

9月6日 

象に襲い掛かるライオン?
Friends2009_0906AB.jpg

被害者C
Friends2009_0906AD.jpg 

Friends2009_0906AE.jpg 

Friends2009_0906AC.jpg 

Friends2009_0906AF.jpg   

和むなぁ。

今週は山を我慢して先月のチンネ登攀紀行を作成してました。
HPに4部作をアップしましたのでご覧ください。

Resole

 9月5日  【Anasazi Velcro】

2代目のクライミングシューズとして使っていたFive Ten  Anasazi Velcro
ここまでいっちゃうともう手遅れ。
HoleP1020863s.jpg
先週小川山でフト見たら
3代目にも穴。
買い換えなきゃならない物がまだまだ沢山あって凹んだが、この程度ならまだリソールが可能だ。
しかしこうして見ると、あまり右足を使っていないのが一目瞭然。
HoleP1020864s.jpg

リソールが終わるまでの間どうしようかと思ったが、幸い2年前の正月にICIの初売りで30%オフを当てて買っておいた4代目が道具箱の奥から見つかってラッキー!
AnasaziP1020861s.jpg

ただし、モデルチェンジでStealth C4じゃなくてOnyxに変わっているのが気になるところ。市場の評価は当然もう固まっていると思うけど、どうなんでしょ。

Onixs.jpg 
試しに昨日の退社後に「いわかわ」に寄って試してみたが、私のレベルじゃ差が分からない。 どころか、久々に4級2本ゲットと3級あと1手まで。少なくとも悪くはないようだ。


ところで写真のマジック。大きいのはどっち?
Soles.jpg 

ハイブリッド車頂上決戦

 9月1日 【東京ドーム】

20090902015809.jpg 
ついこの前は信長 vs 兼信の名勝負に日本中が湧いたが、今度はマイナーながらハイブリッド頂上決戦。

29,000人が見守る中、がっぷり四つに組んだ名勝負。
ハラハラドキドキの2時間半の末、世界一の会社に4-2で勝って優勝!

Hな三塁側はOBや家族連れで3階席まで溢れて25,000人 vs. T4000人。もちろん地の利があるのは間違えないが、あれじゃ相手の選手が可哀相。
晴れの決勝なのに?とヒソヒソ話し。

見ず知らずの人たちとハイタッチで喜び合った後は池袋に繰り出して、帰宅したのは02時を回ってた。

明日も飲み会、さぁ、寝よっ。