近代的思想の原点

6月27日(水) 芸術と科学の融合 【近代的思想の原点】

体と肝臓ばかり鍛えていないでたまには感性も磨かなきゃと、先日まで東京国立博物館で開催されていた『レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像』の日本側監修者である池上英洋先生の講演会に参加してきました。


天才科学者ダ・ヴィンチですから既成概念にとらわれずに自分の見たもの考えた事をとても大事にしたというのは納得なんですが、実は先人のアイデアや実験結果などを熱心に学ぶ謙虚さと、しつこくしつこくあきらめずにやり抜く泥臭さを併せ持っていた人だったそうです。


世間から大御所と認められてからも子供ほどに歳の離れた天才学者に師事したり、飛行機を作る上で鳥の羽根の筋肉と人間の腕のそれの違いを知る必要性を感じて解剖学の第一人者にまでなってしまったりと。


そうやってどんどん万能科学者になっていったんですね。


天才がそんなひたむきさまで持ってりゃ正に鬼に金棒、だから数々の新技術・発明を生んだんでしょう。


しかし、聞けば聞くほど「西洋人というものはこんな苦労をしてまで機械を作って楽をしたいのか」という以前フォードミュージアムで洗濯機の歴史を見た時と同じ感想が頭を占めます。

ひたすら体を動かす勤勉さが尊ばれ、楽を罪悪と見なしてきた我々日本人のご先祖様はつくづく発明に向かなかったなぁと思うし、流れるその血は争えないんだろうなぁと思った次第。


ちなみにシオン修道教会やマグダラのマリアの話は出ませんでした。先生はその類の質問への回答を準備していたそうだったので残念なことをしました。


結論:天才ですら継続が力なり。
さぁて、明日っからまたクライミングに精だそぅっと。

まんざらでもないけど・・・

6月21日(木) 割烹【雅】 宇都宮駅西口R123 沿い


2007-0621-1920.jpg

翌朝会社に行くなり
「昨日は申し訳ありませんでした!いくら酔っていたとは言え冗談が過ぎました。」


全く記憶がなかったんで、首を絞めて吐かました。


飲んだ焼酎の名前が覚えられないとかなんとかぼやいていた後、突っ伏して寝込んでしまった私の腕に、「赤霧島」とか「何とか佐藤」とか水性ペンで書きまくったとか。
やりたい放題、ほとんど耳無し法一状態。


それでも起きないのをいいことに、今度は首筋に大きな目玉を二つも書いて、おまけに氷を頭に乗せてたとか。トイレに行くたびにそれを眺めて皆で笑っていたんだってなぁ、おまえら!

てめえら、殺す・・・・。
2007-0621-2147-s.jpg 2007-0621-2146-s.jpg


23時の遅いお開きの後おとなしく帰ったのですが、もしもその後夜の国際交流でも行ってたら大恥だったじゃねぇか!


泥酔していたので気付かずにシャワーで洗い流したようですが、首筋の二つの「目玉」は翌晩になっても薄く残っていました。


ちなみに私はテント内の宴会でもに先に寝入ってしまうことがよくあるすが、油断すると深澤さんに電気アンマをかけられます。

この「雅」、居抜きだったらしく、カウンターのある店内はスナックそのもの。着物姿のきれいな御姐さんは元ヤンキーチャキチャキの感じだし、カウンターの板さんは今時見ない天井に届かんばかりの超リーゼント。


でも美味しいんですよ、この店が。特別に凝った日本酒や焼酎も豊富。値段もリーズナブルでお勧めです。

大メジ???

6月20日 大衆割烹【三州屋】 神田


8年も着た雨具を買い換えようと水道橋のさかいやスポーツモンベル館に行きました。汗っかきの私は、ゴアにはない通気性を謳った透湿防水生地のブリーズドライテックを使ったピークシェルに決めていたのですが、お店の人によれば重いザックを背負った縦走をするならやはり耐水圧の高いゴアだそうです。で、ゴアXCR製のストームクルーザーを購入。いやぁ、軽い軽い。8年間の進化は大したものです。


♪あ~め、あめ、降れ降れ、も~っと降れ~


買い物に付き合ってくれた方と神田の正統居酒屋「ますみや」に向ったのですが、生憎満席。わざわざ宇都宮から来たのになぁ。


いろいろ迷った末にこれまたオヤジの味方、女性と入るのがためらわれるほどサラリーマンで一杯の三州屋に入りました。もちろん相席です。



2007-0620-2029.jpg

これ、ぺリエじゃありません。冷酒・・・ちょっとすごいでしょ。もちろん、始めから栓も開いていました。

ピンクの刺し身は「大メジ」です。この世に爺さんのウリ坊や婆さんのバンビが居ないように「大メジ」は居ないと思っていたんですが、マジ、メジの中トロです。当たり前ですが、不味いわけがない!手前の白いのはカレイの刺し身と縁側。クロムツの煮付けが写りませんでしたね。


2007-0620-2136.jpg

ほどなく刺し身も二皿目、冷酒も2本目いっちゃいました。ホントはもう1本いきたかったんですが、東北新幹線の最終は22時35分。シンデレラより早いご帰還に相成りました。田舎者は辛いなぁ。


下町シリーズ、次回は北千住の某スタンド割烹(早い話が、立ち食い処)の予定です。

鍛えれば、壊れる。

先週は日、火、水、土と四回もボルダリングジム通い。ちょっと前は二回でもきつかったのに段々鍛えられてきたので、そんな真似ができるようになりました。筋肉も付いててきて、えっへんー。

そしたら、あれ?もしかしてこれって腱症炎?
明日はジムはお休みして飲みいこーっと。

感謝

6月14日(木) 割烹【はな坊】 宇都宮西口 南大門裏


C大学のM先生とポスドクK君来所。2時間ほどの打合せをしてから「はな坊」で会食。


この「はな坊」、食事も愛想のいい女将もいいんですが、仲居のおばさんの素人振りがちょっとなぁ。こっちとしては食事や酒だけでなくプロのお給仕も楽しみにしてるんだけど。でもそりゃ、はな坊じゃ無理かぁ。


20070617220113.jpg

お任せで頼んだ料理には岩ガキとかクジラの尾の身の刺し身が出ました。岩ガキと言えば大洗や三陸のイメージだったのですが、これは確か土佐だか大分だか南の方の産、でも美味しかったです。

20070617220127.jpg


お酒派のM先生のためにU君が選んだのは四合瓶で「福の友」→「酔鯨」→「黒龍」。
最近はもっぱら芋焼酎でしたが、やはり美味しい料理には日本酒ですね。


T工大からC大工学部へ移って来たM先生、
「C大の学生って・・・」
「先生、わ・・・」
「えっ!?」


6月15日 ホテル【ホテル東日本】 宇都宮


20070617220140.jpg
社内外で三大御大と呼ばれたお三方の送別会。量産エンジンだけでなくF1やCARTの指揮者としてそれぞれ一時代を築いてきた方々だけに、集まったのは役員・管理職だけでも約200人です。


若い頃大変お世話になり、人間としても尊敬しているMさんですが、今日は現役のお偉方が周りを取り巻くからお話も叶わないだろうと思っていました。


下手の扉が開き、結婚式のようにスポットライトをあびながら上座に向うお三方。なんと I さんが私を認め「おー、**ちゃん」と肩を叩き、続くMさんも寄って来て肩を叩きながら「よー、**、元気か?」
感激、かつ鼻高々の私です。今週2度目のへっへっへー


座が砕けたころ、今や専務になられたKさんがわざわざ私を探してやって来てくれて、

「どうしてる?大丈夫だよな。」

いまだ第一線にいるしか能のないロートルの身を案じてくださっています。ありがたいことです。
月曜日の例の話をしたらKさんも大変喜んでくれました。


20070617220153.jpg


てな訳で、今週はいい1週間でした。ONはね。
今回の4枚の写真はU君の提供です。

技術者冥利

6月11日(月)KKRホテル白鳥の間】 竹橋

丸2日間に渡る某学会の最終研究報告会。産と学が集まって朝からの討論、そして夜は懇親会。


しばらくは産学入り乱れての歓談ですが、宴もたけなわになるとやはり学は学、産は産で集まります。


ビール片手にT、N、M社の輪に割って入ると、待ってましたとばかりに質問攻め。2004年に欧州に出した技術がどうして実現できているのか未だに分らないと。へっへっへーだ。


99年頃、当時のK役員、
「*君、できた?」これが23時頃。
「*君、どう?」これが翌朝10時頃ですから。


こんな具合に日夜責められ、挙句の果てには
「*君、できないんなら降りなさい。」
とまで言われてしまいました。もちろん、しがみつきましたけど。


いくらがんばっても出口の見えない毎日。一からコンセプトを見直そうとKo、Ka君に無理を言って週末に某温泉に篭ってスーパーコンパニオンと酒池肉林。
じゃなくて今の燃焼コンセプトをでっち上げたのでした。


社内では当然の如く受け取られがちな燃焼ですが、他社からここまで評価を受けていることは技術者冥利に尽きました。
いやぁ、心底うれしかった。


Kさん、当時は辛かったけど心から感謝しています。

黄色△

出張帰りにまたもウォールストリート。
まだ固定客が少ないせいか未だ20時の店内は閑散としていて、少し後から来たS嬢と二人でビジター壁独占状態。

日曜日には無かったの課題(5級)のムーブ分りません。ルーフ下にある2手目に触れた瞬間に壁からはがされてフォール、の連続です。

あれ、ロックンひうがさん作った課題でしょ?ひうがさんのの課題、遠いいのが特徴だから分りますよ。
日曜に歯が立たなかった4級も相変わらず駄目、でも少し見えたかも。


土曜日も越後駒の集合前に寄って行くぞ~!

雨、雨、降れ降れ、もっと降れ♪

6月10日(日) 
クライミングジム不毛地帯の埼玉北部に一筋の光明。一昨日熊谷市にオープンしたウォールストリート熊谷店(ボルダリング専門)に行って来ました。


1Fがビジターエリア、2Fがメンバーエリアと分かれていますが、本格的な山岳会会員の私たちは迷うことなく2Fへ向います。


もっとも5分後には1Fに戻ってきた謙虚な私たちでした。P6100001-s.jpg
いやぁ、ビジターエリア楽しい!一応9級から4級までとはなっていますが、ビジターエリアですから。

インドアクライミングは3年ぶりのS嬢ですが、相変わらずキレイです。
おっと・・・いつも綺麗だよ!
P6100003-s.jpg


こちら、久々再会のSさん、小ハングを身体能力に物を言わせて登ります。
P6100006-s.jpg

これは1F最難の4級 赤Tを登る私とコンペティターさんと私です。
カッコ良さの違いはキッチリ結果に出ます。左手黄色を掴むまでは私がリードしていて実に良い気分だったんですがねぇ。
P6100010-s.jpg  P6100011-s.jpg


P6100015-s.jpg

↑は5手6級を3手限定で登るコンペティターさんが作った課題にトライする私。次の一手は右角最上部の赤です。さて、結果は?


しかし、いつも独りで黙々と登ってる私ですが、こうして仲間と登るのはすっごく楽しいなぁ。
雨の週末のいい愉しみができました。


♪あーめ、雨、降れ降れ、もぉっと降れ~

会社、なめてるんかぁ?

P6090028-s.jpg
私の通勤着。もちろん色違いのバリエーションはあるけど今の季節はこんな格好。いろいろ持ってるけど、ぜぇーんぶユニクロです。


会社に行ってしまえば作業服とはいえ、なめてますね。ロッカーではちょっと気恥ずかしい思い。新入社員がびっくりしてます。


チャリ通勤でCO2排出を大幅に削減している反面、こんな余計な服を買ったり、シャワーの回数が増えたり、洗濯物が増えたりと、車通勤なら出さないCO2を出してます。ガソリンに較べりゃたかがしれてるとは言えね。


せめてもの償いに、会社のシャワーでは環境負荷の少ない石鹸にしています。

顎足付き

6月7日【遊ら里】宇大前
2007-0607-2253.jpg
21時ごろ廊下ですれ違ったガッチャンが、「今から飲みに行きませんか?」って。うーん、3連荘になっちゃうけどま、いいか。


そしたら何のことはない、大雨のためにチャリで帰れない彼のアッシー君。上司をタクシー代わりに使うとんでもないヤツです。


「栃木の人は苦手な人が多いんですけど・・・」と出てきた旬のホヤですが、私ら東京と神奈川なんで。写真は食べ終わったあとの殻です。


結局25時まで飲んでしゃべって、代行呼んで彼を自宅で降ろしてから帰宅しました。

ガッチャン、楽しいヤツだからさ。


 


6月8日【???】県庁付近


博士様の新入社員と新任管理職のお祝い。

店の名前が頭に入っていないんだけど、マグロのカルパッチョとかピザとかが出てくるアンチーク風の内装の若い人向けのお店。


かすりを着た愛想のいいお姐さんが好印象。
同じ銘柄の焼酎のボトルが遊ら里の倍額、というか遊ら里が安いんだな。

ハイリゲンダムサミット!

6月6日 焼肉【とらや】 宇都宮 R4沿い


別な部署に移ることになった「噴水のある公園」さんの送別会。彼も地球温暖化対策を実践する同志の一人。


「排出大国アメリカのCO2低減に貢献できる仕事に携われたことを誇りに思う。」という挨拶にちょっぴり感動。
私生活では炎天下も冬の寒い夜もチャリ通勤を続けた彼の昨年のCO2低減量が約1トンに及んだそうだ。


ちなみにアメリカ人の1人当たりの排出量は20トン/年、日本人はその半分の10トン/年、アメリカ全体では日本の5倍を排出しています。


環境貢献だけでなく日に焼け、引き締まった体も手に入れた公園さん、これからも公私共にがんばってね。応援してるからさ。
*******************************************************************


そしてついにハイリゲンダムサミットで2050年までにCO2排出量を50%にすることが合意されました。なぜ50%か、それは前にも書いたように排出量を95年に対して50%削減すれば自然の吸収量と釣り合って、その時点(つまり2050年)のCO2濃度に固定されるからです。減りはしません、2050年の濃度に固定されるだけ。それまでに進んでしまった温暖化ももちろん解消しません。それ以上進行しないだけ。(実際には熱慣性があるので温暖化はその後もしばらくは進行する)


私は以前10%のCO2削減は無理だと書きました。何度も書きますが12ヶ月×10%=1.2ヶ月間息もオナラもしないでようやく10%の削減だからです。
でも東南アジアやアフリカの国々の人々のエネルギー消費/人は日本人の約半分、それでも生きていけることに最近気付きました。


さて、チャリ通勤だけじゃ駄目だな。何か考えなきゃ。


下の図の横軸は2005年から何年前かを示しています。つまり左端は紀元前8000年です。こんなことが許されるわけはないですね!


zuhyo2007_01_06a.jpg

インターネットカフェ

今インターネットカフェからの初アクセスです。こんなものが巷にあふれてとちょっと批判的でしたが、酔った勢いで。


ソフトドリンク飲み放題で1時間250円、その後30分毎に+150円。くだらない雑誌見放題。長くなるから多分見ないけど。


まぁ、ありなのかな。こんなのも。

Rock&焼酎Rock

6月2日【藤坂ロックガーデン】 Mixi オフ会


藤坂テラス( Photo by 安藤さん)
IMGP7193-s.jpg
4月のえみ丸さん快気オフで次回はkuroさんも誘って岩トレ&飲み会しようねって約束が実現。


参加者はいつか見た青い空のえみ丸さんはもちろん、Heven Siteの安藤さん、やまほどあるやまたちのkuroさんで、HP繋がり&マイミクさんたちです。


大宮駅に集合してkuroさんの黒い車で藤坂ロックガーデンに向います。藤坂ロックガーデンという有料の岩場があるのは聞いていましたが、たまたま岩登りに適した岩場がある山の持ち主がお金をとって登らせているのかと思っていました。


実は、1969年にグランドジョラスウォーカーバットレス単独登頂に成功(世界第2登)した斉藤さんという方が日本のクライミング界の発展のためにと蔦や木や苔に覆われていた岩場を私財を投じ、独力で2年半を費やして作り上げたゲレンデだそうです。


個人会費が1000円(団体は何人でも年間10000円)かかりますが、Ⅱ級から5.12aまで40本以上のバラエティに富んだルートが整備され、フリーはもちろん、アルパイン気分が楽しめるマルチピッチルートも何本かあります。岩質はチャート。
これからは何度でも行ってみたいゲレンデです。


懸垂下降練習風景(Photo by 安藤さん)
IMGP7195-s.jpg
まずはアイゼンロック(Ⅰ~Ⅱ級)でえみ丸さんと懸垂下降やロワーダウンの練習。えみ丸さんは怖がることもなく難なくこなします。安藤さんとkuroさんは山頂へ抜けていきました。


そんのこんなで早くもお昼。冷たいお絞りまで出てきてびっくりです。P6020013-s.jpg
そして午後はいよいよえみ丸さんのマルチピッチデビューです。
南稜(60m、Ⅱ~Ⅳ級)を安藤さんのリードで登ってもらいましたが、えみ丸さんは核心のスラブを避けて藪漕ぎに四苦八苦。Ⅳ級のスラブはちょっと難しかったですね。ごめんなさい。
私とkuroさんはつるべで二人の後ろからついて行きました。


南稜1ピッチ目(Ⅱ級)のえみ丸さん
P6020015-s.jpg


50mの懸垂下降も怖がるどころか楽しんでいたえみ丸さんです。P6020020-s.jpg
その後藤坂基準(5.8+)や小町ハング(10b)をトップロープで遊びました。安藤さんが2回目に成功した小町ハング、言い訳男の私は指が痛いという最終兵器を使ってあきらめました。次回も無理かなぁ。

小町ハング核心を抜けた安藤さん(Photo by えみ丸さん)
9494-s.jpg


藤坂基準(5.8+)をトライ中のkuroさん(Photo byえみ丸さん)903d-s.jpg
最後は私とkuroさんが安藤さんのリードにぶらさがってクラックアラカルト(Ⅴ級、33m、2ピッチ)。いやぁ、このルート、面白い!適度に立っていて高度感もたっぷり、気分はすっかりアルパイン。

小町ハングにTRをかける時にこのルートの1ピッチ目をリードしてしまっていたので今度は安藤さんにお願いしたのですが、高度感たっぷりの2ピッチ目もリードしたかったぁ。


クラックアラカルト1P目リードの私(Photo by えみ丸さん)
637a-s.jpg
結局夕方6時近くまで遊びました。そして佐野の温泉で汗を流してから大宮に戻ってオヤジ宴会。マッキーさんという若い女性が合流したころには大分出来上がり、最終電車で帰宅しました。


マッキーさん、失礼な言動があったらごめんなさいね。あれはホントの私ぢゃないからね、たぶん。

やっぱ松坂牛でしょ!

5月31日松坂牛ホルモンまつや 三重県津駅そば


P5310007-s.jpg
今週も某大学の講義のために津に泊まりました。先々週の伊勢門本店も考えたのですが、同じ店じゃ芸がないので駅周辺をうろついて見つけたのがこの店。いかにも安くておいしそうでしょ。クリックして口上を読んでみてください。


メニューです。
P5310003-s.jpg
余り安いので店のお母さんに
「ほんとに松坂牛なの?」
なんて失礼なことを聞いたのですが、ホルモン系はすべてそうだそうです。


普段ならタン塩(こちらでは塩タンだそうです)、カルビ、レバーなんですが、ここでそんなもの頼むわけありません。


ホルモンはホルモン(390円)、上ホルモン(450円)、それにスーパーホルモン(480円)と言うのがありました。値段の順に上品になると聞いたので一番下品なただのホルモンを注文。ウッメー!!


長い間従兄弟が北千住でモツ煮屋をやっていたので昔はよく食た「ハチノス」(450円)があったのでこれも発注。これまたウメー!


P5310004-s.jpg
新鮮なレバ刺しは都内某所Yとタメを張ります。もっとも値段は倍以上の600円。まぁ、松坂牛だから。


凝ったお酒や焼酎はありません。でもホルモンには生ビール!


てなことで今夜も幸せなレバー痛めの夜が更けました。
こんな店が近所にあればなぁ。