Beef Jerky?

いいえ違います。


P3310001-s.jpg


実は手作りDeer Jerky。
鹿肉を手に入れられる友人を持つ駄目亭主さんが作って、わざわざ我が家に先ほど届けてくれました。 


干し鹿肉と言えば、子供の頃読んだローリングスの「子鹿物語」やシートンの「森のロルフ」に良く出てきたと記憶しますが、格段美味そうなことは書いてなかったような気がします。


しかしこれ、美味い! ビールに最高! TenguのBeef Jerkyの比じゃない。スモークの香りが香ばしいのに肉は幾分ソフト。鹿肉自体も美味いんでしょうけど、何より駄目亭主さんの試行錯誤の成果なんでしょうね。
ありがとうございました。


それで、今回は「C級グルメ」にカテゴライズしましたが、次回からは「季節の便り」に入れられるようにしてね。お願い!


P3310041-s.jpg


駄目亭主さんのHPははこちらです。http://www.k4.dion.ne.jp/~levi/

成果なし

昨晩7時半から9時半まで小山のロッククラフト。

水曜日のサンカルで4級OSに気をよくして登りすぎ、未だ腕が重くて意欲でず。


外壁、内壁のトラバースを各2,3回と、オートビレイのリードスタイルで5.9,10aを各3,4本と10a/bを1本。いずれもすっきりしない出来栄え。
まだ、腕で登っていると向井さんの指導あり。

最後はルーフ越えのボルダリングを半分。(で落ちた)
次回は新たにできた壁の10c OS 予定。言うのは自由。

すっげぇ、うれしい!

昨晩宇都宮のサンカルチャークラブでⅣ級オンサイト!この際お買い得なんて、言いっこなし。
思えば失われた一年だったけど、超うれしい!
がっちゃん、K氏、F君と「日本一」で痛飲。ア○ガー、何するものぞ。
イヤ、その・・・、
わかっておりますがな。

親の務め終了!

P3250036-s.jpg


 今日で親の務めが終了です。あっという間だったなぁ。
しかし、若い人たちの門出はまぶしいや。男の子も女の子もみんな輝いて、ちょっと羨ましくもあり、くやしくもある。


それにひきかえ、こんな事言っちゃいけないのかもしれないけれど、ご来賓の方々のご祝辞はいただけなかった。
「私は国会議員を務めること**期、今は息子に議員を譲って・・・」から始まり「自衛隊は徴兵でないから戦争が始まったらみんな辞めちゃって退職金は嵩むし云々かんぬん・・・」
何のために壇上に上がっているかお分かりかな?
青年の主張は結構だが、どっか他でおやりなされ。


学長さんと、OBで今は最高裁判事の方のお二人だけが卒業生の門出を思いやったお話をされていたのが救いだった。


その後新宿へと繰り出す娘と別れ、30年前にお世話になった上司のお宅にご挨拶に伺い、社会人1年生だった自分にまた想いを馳せた。

下町の味

土曜というのに神田に出張。
P3240018-s.jpg
でもお昼に出たのは噂には聞いていた升本のお弁当。今月のすみだ川弁当は新筍飯。さすが東京、大満足。仕事はいろいろ不満だったけどこれで帳消し。初対面の人ばかりだったので残念ながらお弁当の写真を撮る勇気が出ませんでした。


升本http://www.masumoto.co.jp/masumoto.htm


で、夜はドイツのシンクタンクF社日本支社の社長K野氏と会食。なんちゃって、この10年来の戦友だったのに敵前逃亡したとんでもないヤツ。


下町の安くてお値打ちの店に行きたかったんだけど、連れて行かれたのは某河豚料理屋。海豚じゃないからね。


P3240006-s.jpg P3240008-s.jpg P3240009-s.jpg P3240016-s.jpg P3240014-s.jpg


P3240010-s.jpg
P3240011-s.jpg

繊細な河豚の味が分らない私には、てっさ、焼きふぐ、ぶつさし、白子、てっちりは、まぁ普通かな。でも、この店のヒレ酒と生まれて初めて食べた皮焼きは美味かったなぁ。最高!皮は二皿いったかも。これ宇都宮には絶対ない。


河豚にしては格安とはいえ、普段私が行くような飲み屋と較べれば高かったなぁ。

ミニマムリクワイアメント

昨年夏の終わりから恐る恐る再開したボルダリング、傷の痛みも「薄皮がはがれる様に」の言葉通り、徐々に徐々に良くなってきたような気がします。


今年になって「明日のためのその一」と題して最低週2回のチャリ通勤と週2回のボルダリングジム通いを自分に課しました。
チャリ通勤の方は何とかなってるけど、出張やら飲み会やらが多くて週2回のボルダリングはなかなか困難。まぁ、週1回行かれるかどうか。


でも石の上にも何とやら、今夜15ヶ月振りにリードクライミングをやってみたらナント10b楽勝オンサイト。1月の再開時にはTR5.7がテンションだったのに。最盛期でも10cOSだったからこの指にしちゃあ、いい線かな。


一方、昨年7月末から再開した往復32kmのチャリ通勤はすっかり体が慣れた筈なのにちっとも楽にならないぞ。
理由は簡単、毎朝繰り広げられる壮絶バトル。
抜かれたら絶対抜き返す!
S田さん、K端クン、その他見知らぬ皆々さん、年上の私を抜く時は一旦チャリから降りてヘルメットを取ってキチンと挨拶しなさい、え~キミ達。


わたしゃ今週、抜かれまくって疲れたよ。

うなぎ 川菊

3月11日 【うなぎ 川菊】 熊谷市鎌倉町135


P3110001-s.jpg
うーん、写真が悪かったなぁ。大失敗、全然美味そうじゃない。


私の母親は週に1度うなぎを食べないと気が済まない大のうなぎ好き。足がないのでいきおい私がご相伴。この地に来て10数年、近辺の鰻屋を食べ歩いた結果、ここに辿り着いたのが3年ほど前だったか。


江戸焼きのふんわり、ふっくらした鰻がとても美味しい。店内には偉そうな能書きがないのだけれど、国産鰻なんでしょう。でも、いくら鰻が美味くてもご飯が不味いとがっかりするのですが、ここはご飯もうまい。
鰻重は大きさ違いで梅、川、菊とあって1350円から1750円(外税)。3000円以上取る川越の某老舗とは大違いです。


お茶はっきり言ってからっ茶、お新香も形だけ。もうちょっと何とかしたらとも思いますが、この値段に抑えているのだから仕方ないと言い聞かせてます。


鰻の他に季節に応じて泥鰌、鯰、鯉、口細があることもあります。泥鰌はもちろん浅草駒形のようなわけにはいかないが、まぁ美味しい。ことし81になる母親は鰻重と柳川をペロリと平らげます。


路地裏ということもあり地元の常連さん中心と思われますが、どの客とも親しくしないので居心地がよい。


働き者の一家の休みは年一度、元日のみです。

感謝されない医者

140070.jpg
これまでの凍傷治療経験800例以上、指を切落とした患者数300以上を嘆く金田先生の回想録。
整形外科医として経験を積んでいく過程の中での凍傷治療とのかかわりや、故加藤保男氏、大場満朗氏といった有名な登山家や冒険家との思い出、指を切落とされる患者の動揺や入院生活などが赤裸々に描かれていて、引き込まれます。
先生が凍傷治療を嫌う理由も明かされるが、前作を読んで想像していたその通り。アフガンの野戦病院での惨状を経験すれば、暇人が不注意でかかった凍傷なんぞ診たくないわな。
最終章は凍傷の予防と治療について、山屋必見。

ところで先生、適切な手術法をしていただいたお陰でクライミングにも復帰でき、本当に感謝しています。


山と渓谷社 1600円

3月第1週のレバー痛め

3月7日 【居酒屋割烹 日本一】 宇都宮今泉町(南大門裏手)
2007-0306-2103.jpg
ハンターがこの店のご主人。
鹿肉、猪肉、熊肉が食べたかったらこの店で。その他のメニューも豊富で、刺身も美味い。日本酒も焼酎もそこそこ種類があるし、私が行くんだからもちろん格安、Hな山岳部御用達。

一昨年、ご主人が1本だけ採れたんだよ~とうれしそうに証拠写真付きで出してくれた天然松茸土瓶蒸しは生涯忘れられない味。今までありがたく食っていたのは一体なんだったんだってなくらい。


今日は同期Kと私の中途入社25周年記念日。しゃれた店でも良かったけれど、ヤツが行った事ないと言うもんだから連れて行きたくなった。そしたらえらく気に入ってくれて翌々日も行ったとか。

これは鹿肉のユッケ風。寄生虫がいるといけないので、一旦マイナス60℃に冷凍したものを時間をかけて自然解凍するため注文はお早めに。
2007-0306-2007.jpg


3月8日 【寿司割烹 みどり】 西千葉駅前


千葉大学工学部のM先生他との打合せの後の定例飲み会。1Fがカウンターとテーブル、2~4Fが個室の大きく立派なお店。料理は特に印象になし。


M先生以外に、ミラーサイクルを世界で初めて商品化した元M社のHさん、元T社でそのリーンバーンエンジンの育ての親のYさん、など。それぞれの会社の愚痴を肴に傷を舐め合う、いろんな意味での至福のひと時。


もちろん真面目な話もするのである。CO2削減のためには原発やむなしの我々に対して、ただ一人断固反対のHさん、我々は理念を以って都合を排除しなければならない考え方を教わったのかもしれない。


最近またぞろの理工系離れから話が及び、各氏の理系志望動機を聞いてみると、なんとHさんと今度このプロジェクトに入ることになった東工大ポスドクの28歳氏の二人が我が社の創業者にあこがれて、とのこと。
やっぱ以前から考えていた「将来を嘱望された若きエンジニアの仕事と恋と友情の日々」を描いたお洒落なトレンディドラマを作るべきだな。理科系離れを防ぐには。
しかし、最近は原子力関係には優秀な学生は行きたがらないというM先生の話しはちょっと怖かった。

感傷

3月2日【八寸庵花子】 宇都宮
最近TVの旅番組で紹介された八寸庵花子。役に立たないのでドイツに放り出されることになったコジの送別会。
2007-0302-1922.jpg
10年ほど前念願の仕事にGOがかかり、毎週末に面接を繰り返して20数人の若手エンジニアを採用した。しかし思惑と違って受けに来るのは素人かそれに毛が生えたような者ばかり。


何が何でも早いとこ一人前になってもらおうと怒鳴り散らしながらも、そんなやつらと数年間仕事に遊びに苦楽を共にした。


同じ会社にいてもめったに会うことのない彼らと久々の再会。
「常さん、今でも怒鳴りまくってますか?」
「常さん、とんでもない上司でしたよね。」


私が抜けた後も商品開発の真っ只中で戦ってきた彼らは今じゃ頼もしいその道のプロフェッショナルになっていた。


おーい、おまえら、昨日はみんなまぶしかったぜ!
老兵は帰宅後目が熱くてしかたなかったよ。

2月最終週のレバー痛め

2月28日 【甲府】 宇都宮(今泉町 ヤマダ電機裏)


私が宇都宮の良心とひそかに呼んでいる店。この日は出図完了と言う、建築で言えば建てまえみたいなご苦労さんの会。2007-0228-1927.jpg
霜降り肉、ホタテ、活クルマエビ、白子、牡蠣、イカを炭火で焼きます。
刺身は中トロ、キンメ、あとは忘れました。それに美味しい漬物がふんだんに。 どれもおいしぃーー。


ビール、日本酒、焼酎は時間制限なしの飲み放題。頼みもしないのにビール、日本酒が飲め飲めとばかりに運ばれてきます。二人で行っても日本酒が一升でてきます。あまり飲まないとオヤジさんもお母さんもがっかりした顔をします。


それぞれクリックしてみてくださいな。
2007-0228-1943-1.jpg 2007-0228-1950.jpg  2007-0228-2000.jpg 2007-0228-2048.jpg


2007-0228-2158-s.jpg


これで4500円ポッキリ。食べきれないので私は3500円コースでも充分。


以前私の単身赴任の陣中見舞いに来てくれた埼玉の犬仲間4家族を案内した時はちょっとすごい光景に入口で唖然と立ちすくんだのですが、30分後には大受けでした。若い外人も喜びます。ただし家はボロなのですきま風には注意。



そのころ駅西口の某カクテルバーでは課の親睦会が開かれていて、こんな様子だったそうです。題して「チョイ悪オヤジのカクテルコンテスト」。 同僚なのに誰だか分りません。一人ムサイのは山仲間のがっちゃん。
顔を出すつもりでいたのに甲府で記憶を失ってしまってたどり着きませんでした。行きたかったなぁ。


DSCF0127-s.jpg DSCF0134-s.jpg