イワナ釣りと宴会と

【群馬県某沢】
W/ヂュン、スガ-、マッキー夫妻

今週も天気予報に翻弄され、予定外の日帰りイワナ釣りへ。
昼過ぎに自宅を出て皆で買い出しをして明るい内から始めた宴会は延々深夜まで。
20170902_3_R.jpg

翌朝は3時起きの4時出発かと思っていたら,6時過ぎて一人、また一人と起きるのんびりの朝。

支沢を下りて目指す沢へ。
しょうもないボサ沢なのに意外にもフリクションがよく効く気持ちの良いナメもあって得した気分。
20170903_16_R.jpg

普段の沢登りの源流とは違って広々した竿を振りやすい川で釣り開始!
20170903_23_R.jpg


20170903_25_R.jpg


20170903_27_R.jpg

4人が釣り上がって行くすぐ後ろで狙ったポイントから引っこ抜いた2匹は嬉しかった。
20170903_30_R.jpg


20170903_32_R.jpg

ここでは尺上を掛けて足下まで寄せたのですが、抜き上げられないので写真左側の浅瀬に誘導しようとした時に急に元気を取り戻されて右側の流芯に入られてハリスを切られてしまいました。
20170903_36_R.jpg

今回は日帰りなのでオールリリース。
餌釣りの私は飲まれることもしばしばあるのですが、今日は全て上あごフッキングに成功!
20170903_28_R.jpg

なんて言いながらスガーのテンカラ初釣果となった今日一番の大物(泣き尺)は河原でのお昼のおかずに早変わり。
20170903_43_R.jpg

ヂュンがさっさと登っちゃったので後に続きましたが、ホールドが抜けそうでヒヤヒヤ。
まぁ、落ちても釜ですが。
20170903_46_R.jpg

どうもいったん上から下りてきて釣りをした人が居たようである滝上から先は魚影があるのにまったく釣れなくなりました。
それでも大所帯の釣りにもかかわらず全員がそこそこ釣れて大満足。
20170903_51_R.jpg


親しい仲間達との宴会とイワナ釣り。
ヂュン、サンキュー!!




速報 魚野川釣り遡行

7月26,27日 魚野川本流
 
こんなん2匹と20センチ台何匹か。(釣り師:ほぼ全てたけちゃん)
Uonogawa_20140726_46.jpg

後ろに居るのが25センチ級。
Uonogawa_20140726_41.jpg

イワナの兜焼き、初めて食った。
Uonogawa_20140726_50.jpg

2013年6月

9月10日【銀座】
 
吐噶喇列島諏訪之瀬島、それが私の二十歳の原点。
(高野悦子さん、不謹慎でゴメンね。)
でも想い出が詰まり過ぎて、涙。

Suwanose-s1.jpg 

2013年6月の遠征決定!
闇夜の磯で30kg超のガーラ(GT: ジャイアントトレバリー ) と戦う男のロマン。 おーい、みんな! 行くぞ~!今は民宿も電気もあるってよ。


月~水曜日:学会@名古屋。(独自の食文化、4泊はちとキツかった…)
木曜日:会議@西千葉。
金曜日:体育会系釣り部OB会@銀座。

いやぁ、酒漬けの1週間。
こんな週でも暇を作って90km乗ったオレってエライ!!

イワナ爆釣

 6月20日 【江戸前三番瀬 】 

カマスにあらず。
プリップリの卵や白子がつまった新鮮な塩焼きに家族も大喜び。
0906OB29s.jpg

今日は某大学の「釣り部」OB会のシロギス釣り大会。 開拓期の三宅島の「クチジロ」(石鯛/石垣鯛の老成魚)や、トカラ列島で「カッポレ」(超大型のヒラアジ)を追い求めていた「磯研(磯釣り研究会)」のメンバーが中心に約10名が集まった。

ちなみに前者を追いかけていた先輩方は一生自慢できる成果を残し、後者を追いかけていた我々の世代は華々しい成果こそなかったが一生忘れられない思い出を刻んだ。

30年ぶりの海釣り。大先輩のFさんから竿もリールもお借りして、飲み込まれた針は後輩のNに外してもらうシロート遊興。
でも、ご覧の通り、釣れた釣れた。

数えてないが、シロギスだけで30匹位?これでも多分ドンケツ。
竿頭は58匹釣った同期のW 。
0906OB25s.jpg

今年は型が良く、天婦羅にできないサイズがこんなにいっぱい。 このサイズになるとかなり引きを楽しめる。
0906OB28s.jpg 

うれしい外道はイイダコ、刺し身サイズの大アジ、カレイ、それに大きなマゴチ。なぜか私の外道はトラギスばかり。

釣ったメゴチを餌にしたマゴチ狙いの大仕掛けに正体不明の大物が掛かり、あと一歩で顔を見せるという時に5号のハリスが根ズレもなしに引っ張り合いで切れるという一幕もあった。 あれは磯マグロかはたまたカッポレか…

今日はべた凪、しかし帰宅後の今も未だ揺れが止まらず。 船酔いに弱いのをすっかり忘れてた。


女性は見ない方がいいかも…
0906OB21s.jpg 
 

小心者

 8月30日
左からエクストラクター、ペパーミントスプレー、防虫ネット
kit.jpg 

防虫ネットは袋から出すと自己展開。全周につばがなくても頭に張り付かないのでキャップ派の私向き。
net.jpg 

hebereke隊長withきむひろ軍団に誘われて忌まわしい吸血オールスター軍が守護する某源流に巨大イワナを釣りに行く予定だった。2日あれば1人くらいには40センチオーバーが出るだろうって下見結果。

隣町のプロショップに行って
「沈むフライくれ!」
「はぁ?沈むフライィ??」

ここまで準備したのに…。
現地の状況はさほど悪くないらしいんだけど、昨晩の雷雨とTVニュースと家族の呆れ顔にびびってドタキャンした…。

テンカラ師誕生!

5月31日、6月1日 【群馬県某沢】
IWANA2008_0601AG-s.jpg

実質初テンカラで25センチと27センチ。
それも他の釣り師が見向きもしない車道脇の超お手軽沢で…。
さすが元体育会系釣り部、考えてみれば部長だったもんなぁ。

31日
hebereke隊長からイワナ爆釣間違えなしの某沢へのご招待。先週の下見の時もウハウハだったっていうから。

前日夕方集合して宴会。
IWANA2008_0531AC-s.jpg
隊長の実家がお酒屋さん。オリジナルの復刻酒すごく美味くてグビグビ。
それに山椒の実の佃煮とか、細~いフキの煮物とか、珍味。

エフさんのビリー缶。きむひろさんも同じの持ってた。いいな、これ。
ちなみに私はカセットコンロに真空調理器。あー味気ない。
IWANA2008_0531AD-s.jpgIWANA2008_0531AE-s.jpg


これ炊き付け。一発で火が付きます。Light my FIRE!
IWANA2008_0531AG-s.jpg

そして夜は更けて…
IWANA2008_0531AO-s.jpg

1日
起きるなり二日酔いの寝ぼけまなこで車をロックアウト。幸い釣り道具は外にあったが、沢靴は車内。沢靴なしで入れる沢ではないとの事で泣く泣く下山。快くお付き合い頂いたエフさんには大感謝!

下界に下りて誰も見向きをしないような車道脇のお手軽沢で長靴履いてテンカラ練習。釣れるわきゃないと思っていたのにこの通り。 これ、小っちゃい方、25センチ。
IWANA2008_0601AA-s.jpg
皆さんC&R派なんだけど、初物ということでキャッチ&ストマックにさせてもらった。美味かったよ~。
そして車、家内に来てもらって無事回収成功。参加の皆さん、ご迷惑をおかけしてスミマセンでした。

次回は相模湾のシロギス釣りをお届けします。