成政は北アを越えたか 検証さらさら越え

4月17日から21日まで全5回にわたり中日新聞紙面に佐々成正のさらさら越えの検証が連載され、その一環として私たちのザラ峠越え(黒部横断)と焼岳越えが紹介されました。

(画像はクリックで大きくなります。)

2017.03.17-20 ザラ峠越え
日向ゲート(大町)~扇沢~針ノ木峠~黒部湖~ザラ峠~立山駅 (http://tsune3.blog87.fc2.com/blog-entry-1958.html など)
Sarasara.jpg

2015.02.07 焼岳越え
中の湯温泉~焼岳(南峰)~中尾温泉(http://tsune3.blog87.fc2.com/blog-entry-1639.html
Yakedake_koe.jpg

良いことにしても悪いことにしても私の顔写真が新聞に載ることがあるなんて思ったこともありませんでした。
たまたま私のブログ記事が新聞社の検索に引っかかったのだと思いますが、いずれの山行も同行者に連れて行ってもらったようなものです。
それぞれのリーダーだったよねちゃん、まっちゃん、貴重なルートを踏破するチャンスを与えてくれたことに改めて感謝!

蛇足)
上記二つのルートの内でより可能性が高いのは?という新聞社からの問いに対し、
*厳冬期でも地熱による水が取れる可能性が高いこと
*積雪量の少なさ
*ルートが短く傾斜も緩いこと
の3点(特に水が取れることは非常に大きかったはず)から私は焼岳越えを挙げましたが、文中からは水の事が欠落していました。

新緑の白川郷とあっぱれ過ぎたトヨタ白川郷自然学校

この週末は新緑の白川郷見物に行ってきました。

まずは先ごろ開通した北陸新幹線で富山駅へ。
車で行くにはちょっと気が重いのですが、新幹線だと速くて楽だねぇ。


富山駅に着いたら駅ビル(きときと市場とやマルシェ)のすし玉でこの時期の北陸の海の幸を堪能。

うーん、マンダム~。
DSC_0004_20160422_003_01_1_R1.jpg DSC_0006_20160422_005_01_R1.jpg       

私はハマチは余り好まないのですが、ガンドは別物。ちなみに天然のガンドは天ガンって言いますよー。
DSC_0005_20160422_004_01_1_R1.jpg DSC_0009_20160422_008_01_R1.jpg

お腹がいっぱいになったら富山駅でレンタカーを借りて白川郷へ。
富山市内から白川郷へは高速道路が通っているので約1時間ちょっとです。

新緑とカエルの合唱の五箇山、観光客も比較的少なく静かな山村の雰囲気が味わえました。
新緑の白川郷、素晴らしい!!
DSC_0014_20160422_013_01_R.jpg 

DSC_0016_20160422_015_01_R.jpg  
 
春の息吹の山村、素晴らしいな…
DSC_0018_20160422_017_01_R.jpg 

五箇山からは高速に乗らずに国道で山間の風景を楽しみながら白川郷(萩町)へ。
DSC_0031_20160423_046_01_R.jpg 

2月に滑った野谷荘司山(白谷)がくっきり。
DSC_0033_20160423_048_01_R2.jpg 

桜と合掌造りのコラボには1週間遅かったけれど、十分美しい。
雪景色より好きと言っていた人がいたけれど、私もそう思う。
DSC_0022_20160422_021_01_R.jpg 

DSC_0023_20160422_022_01_R.jpg 

そして夜は2月に2泊したトヨタ白川郷自然学校へ。
料理も施設も笑顔のサービスもとても良かったので帰宅した翌日に今回の予約を取りました。

今回も夕食は本格フレンチフルコース。
テーブルにつくと見覚えのある女性スタッフのサーブだったのでその旨伝えたところ、前回泊まった日にちを尋ねるので何かと思ったら、なんとその時のコース内容を調べて前回と同じだった料理はシェフがソースを変更して調理してくれたのでした。思いもしなかったサービスに感激です。他にも食事の進み具合を見ながら次のお皿を出してくれる気配りが食事の遅い酒飲みにはとても嬉しいです。

前回の感激が蘇ったイワナのニンニクとオリーブオイルの絶品ソテーと共に、今回いたく感激したデザートの苺のスープ。
IMG_20160422_201945_R.jpg 
どれも手間暇かかっているであろうお料理に今回も大満足でした。

食後わざわざ厨房から挨拶に出てきてくださった田中シェフと、2月に座った席まで覚えていてくれた女性スタッフ。田中シェフはBC滑走もおやりになるとのことで、このブログを時々見ていただいていると聞かされ嬉しいやら恥ずかしいやら。
IMG_20160422_204349_R2.jpg  
(これを書きながらここのHPを見たらこのお二人が載っていますね。)

他にもちょっと尋ねたことを夜のうちに調べてわざわざ翌朝教えに来てくれた女性スタッフなど、他所ではなかなか経験することのない気配りに心が打たれました。

さすがですね。いやぁ、感激。
スタッフの皆様ありがとうございました。
ここに家内を案内した私も鼻高々です。

翌日は樹齢400年の荘川桜を見物。ここはうまいこと満開に当たった。
DSC_0040_20160423_055_01_R.jpg 

夜は松本に寄り、赴任中の娘夫婦達と楽しいひと時を過ごし翌日帰宅しました。
DSC_0064_20160423_079_01_R.jpg 

Take it easy!!

20数年前に初めて持った携帯アドレスに入れた文字列が take it easy.
望みとは言えちょっと覚悟がいる業務に就いて40歳で単身赴任した時にその先の困難さを想像して自分へのいましめとして。

今でもオチャラケ人生。
あまり思い詰めないことだと思う。

賀正

2016年元旦

朝家族が揃ったら目を入れよう。
20160101_8_R.jpg

みなさま、明けましておめでとうございます。
20151231_2_01_R.jpg

旧年中お世話になった方々、遊んでくれたみんな、当ブログを訪問してくださった皆様、ありがとうございました。
本年もまたよろしくお願いいたします。

私の昨年の悲喜こもごもをちょっと振り返ってみました。

1番の心配事だった私の肺癌疑惑が約2年弱の裁判の末に物証不十分で無罪放免となったこと、家内の婦人科系癌疑惑が仮出所になったことが一番嬉しい出来事でした。それぞれがほぼ同時期に発覚し、それからの長い2年でしたが同時に自分自身の諦めの良さと楽天さ加減に驚いた2年間でもありました。

2番目は最近もしかしたら回復期に入ってきたのかもしれない脊柱管狭窄症。
2年前の4月末に発症し昨年秋の一番ひどい時には新橋駅から新橋東急ホテルまでの僅か5分が歩けなくなって、本気で入院手術先を決めたほど悪化したのですが、最近手術はまだまだ早いなと思えるまでに歩けるようになってきたこと。不思議と山なら全く問題なく歩けるのは上り下りで腰が曲がる事と、地面・靴のクッションの違いであることが状況証拠ながら分かってきました。

3番目はまだ解決の兆しが見えない網膜静脈流分枝閉塞症。この絵は今受けている球後注射。
INJECTION_R1R_R.jpg
今以上に悪化したら球後ではなく眼球自体に抗癌剤を注射されるそうです。もちろん眼癌じゃないんですが。
失明もあると言われて2月の発覚当初は酷く落胆しましたが、今ではこれもなるようにしかならんさと達観中っす。



そして、今一番嬉しいことは…

体力の復活!
2年ほどクラッククライミングにはまってしまったためにオフシーズンの体力作りができず、昨シーズンは山スキーに於ける体力不足を痛感されられました。特にGWの黒部周遊スキーでは若い人達の圧倒的な体力を目の当たりにして引退が頭に…。
それでも、心機一転6月から始めたオフトレは高負荷トレーニング→(オバートレーニング症状発症)→有酸素トレーニング→ビルドアップ→(沢の怪我で一時やる気喪失)→ATインターバルトレーニングと12月まで試行錯誤を続けました。
その甲斐あって、今シーズに入って3回行った山スキーでは数年前の体力を復活できるかもしれないという気になれました。みんなもそう言ってくれたしな。

歳をとるほどに思ってもみなかった事がいろいろと出てくるのでしょうけれど、今年も何のかんのと愚痴りながらも前向きに生きていきたいと思っています。
何卒よろしくお願いいたします。



2016年元旦
寝たふり老人常吉三平 けけっ。

フライング

おーさまと。
20151108131550659.jpg

これは使える。やる気にさせられる。
11月13日発売予定。

***************************************
スーパー赤蜘蛛オンサイト!
何年にも渡った赤岳ショルダーリッジ研究。
他にも素晴らしい登攀の報告。
オレにはとてもそんな真似はできないけど、また岩への色気。

山スキーの仲間が増えた。
沢の計画。
もうあきらめていた夏の本チャンへの誘い。

まだまだやるか。

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
4日目)双六小屋冬季小屋~高天原
14/15シーズン 滑走37日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/温泉沢左岸テン場7:25~岩苔小谷~11:15岩苔乗越12:00~12:40祖父岳14:02~北東面滑走~15:40岩苔乗越16::24~黒部源流滑走~16:33黒部源流テン場
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************


過去のスキー縦走で滑った黒部源流の山々。
薬師岳(複数回)、北ノ俣岳(複数回)、黒部五郎岳(3回)、三俣蓮華岳(2回)、鷲羽岳、水晶岳(2回)、雲ノ平南面(複数回)、同北面(複数回)

北アルプス最奥の赤牛岳はこれまで2度の滑走チャンスがありながらも水晶岳の魅力に負けて未滑走。
祖父岳・ワリモ岳はこれら名峰に比して地味な存在で滑走対象から外れていた。

今日はそんな祖父岳の滑走の日。
縦溝の発達がひどい今年は午前中の滑走を避けるために今日ものんびり行動とした。

見通しが利かないだけでなく障害物の迂回を何度も強いられる高天原の森はコンパス歩行の絶好の練習場。ホワイトアウトの雪原でセカンドが5m先を歩くトップにコンパスで彷徨を指示して歩く計器飛行の練習をスガーにしてもらいながら2150の等高線が岩苔小谷を横切る地点を目指した。(常時GPSを携行しているものの、やはりスキルとして身に着けていれば2重に安心なので。)
20150502_072454DSCN2534_R.jpg 
こんな縦溝初めて見た。
20150502_075333DSCN2537_R.jpg 
過去何度もいい思いをさせてもらった高天原北面の「神が造りしゲレンデ」。次回はここから。
20150502_080857DSCN2538_1_R_R.jpg
 
幾度も沢や池や濃いブッシュの小さな迂回を強いられながらも、何も考えることなく10mごとの計器歩行を続けてドンピシャ目標地点へ。
20150502_083914DSCN2539_R.jpg

岩苔小谷をハイクするのは初めてであるが、単調で退屈なルート。
SGWIMG_0113_R20150502.jpg

岩苔乗越には昨晩温泉脇サイトで一緒になったテレマーカー氏と再開。
20150502_111733DSCN2550_R.jpg 
黒部源流へ滑り込むFさんを見送る。
20150502_112810DSCN2553_2_R.jpg 
我々はポカポカと暖かい乗越で雪が緩むのを十分待ってから祖父岳へ向かう。
20150502_120036DSCN2562_1_R.jpg

祖父岳は黒部のヘソ。源流域の名峰のど真ん中にある。
Pano_1_R.jpg

360度の絶景とはここを見ずして語るなかれ。
薬師~赤牛~水晶~ワリモ~鷲羽~三俣蓮華~黒部五郎~北ノ俣
そしてその向こうには立山、槍、笠…。

こんな写真しか撮れないのがとても残念だ。
Pano_2_R20150502.jpg  
初めて立山から新穂高への黒部横断に成功した時の 思い出の廊下沢と薬師見平が眼下に一望。
薬師見平と赤牛はセットでもう一度いけないものか?

目的のためには手段や過程などどうでもいい。現在いろいろと悪だくみを思案中である。
20150502_133535DSCN2592_R_2.jpg   

祖父岳の山頂はアンテナ3本。
天気予報を収集したところ明後日は朝から雨が降り始め、風雨共に強まるとの事。
明日は水晶滑走をあきらめ双六の避難小屋へ戻ることにした。
しかしこういう展開になると昨日のさぼりが痛いなぁ。
SGWIMG_0155_20150502R.jpg

1時間半以上も感激の山頂で過ごし、ようやく重い腰を上げて北東面にドロップした。
下が見えないノール地形。緊張と期待が入り混じる。
20150502_140406DSCN2603_1_R.jpg 
待った甲斐あって素晴らしいコンディション、固すぎず、腐らずの絶妙のタイミングを捕まえた!
そして斜度もゆるすぎず、きつ過ぎず。
20150502_141005DSCN2607_1_R.jpg

もちろん水晶や赤牛の大斜面とは比べるべくもないが、笑いが止まらない一本となった。
SGWIMG_0216_20150502R.jpg 
岩苔小谷のボトムまで滑って滑走終了。
20150502_141420DSCN2614_R.jpg 
岩苔乗越への登り返し中に、単独スキーヤーが岩苔小谷へ降りて行った。温泉に泊まるのだろうか?
20150502_152257DSCN2623_R.jpg

岩苔乗越で次の滑走の準備をしているとワリモの稜線から人の声が。
20150502_155252DSCN2637_R.jpg 
やはりまっきー達だ!
20150502_155355DSCN2650_1_R.jpg

けた違いにスキーが上手い3人の滑りを見送ってから我々も今宵の宿となる源流台地を目指す。
20150502_155404DSCN2651_R.jpg


20150502_181359DSCN2684_R.jpg

そろそろ酒が乏しい我々はマッキー達のビールが羨ましかった。
SGWIMG_0330_20150502R.jpg

新穂高を5時半に出たマッキーは2時にはもう双六小屋に着いてその日の内に双六山頂からひと滑り。一日前に入ったFさん、Yさんも同じようなペースだったとか。

幾ら我々が休憩三昧で登ってきたとはいえこの3人とは余りのペースの違い。
私のような体力の人間が来るところじゃないのかとちょっと考えさせられた夜だった。

今シーズンのウェア

DSCN152620150129_22DSCN1526_R.jpg

家内の白いウェが置いてあったのでつい…。

http://shophoto.exblog.jp/23363100/


2015年1月1日

                 賀正

New Year20150101_10DSCN1276_R

縁起物。
New Year20150101_5DSCN1271_R

家内が私の母から受け継いだお重。母のその母が更にその母から渡された物。今年は塗り直さなきゃ。
New Year20150101_4DSCN1270_3_R  

日本のだけの習し。
New Year20150101_9DSCN1275_R 

家内も私もシンプル派。
New Year20150101_7DSCN1273_2_R  

本年が穏やかな年でありますように。

Windows 8.1

8月29日【PC更新】

この1,2週間Desk Top PCの具合が悪くBIOSセットやらなんやらやりながら騙し騙し使っていたのですが、ついにメモリーの機械的故障だのHDDの機械的故障だののエラーメッセージが日替わりで出るようになってしまいました。使っているとブチブチ切れたり動かなかったり。これまでDesk Topは初代から何代にも渡ってFujitsuオンリー。1度たりとも故障したことがない信頼のブランドだったのですが、モニタ一体型だったので熱害受けたのかな。

感動するくらいきちっとした対応ができるメーカーサポートの女性のアドバイスにころっと逝ってしまって直販モデルを新規購入しました。今度は一体型をやめてタワーに復帰。仕事に必要なのでPPTも入れました。

Fujitsu直販はセミオーダー。
窓口の質問に答えて欲しいものを組み上げながら値段で調整。 

CPU:Intel i5
Memory:8GB
HDD:1TB
Office H&B
TV機能なし。
ワイヤレスキーボード・マウス

大幅な性能向上で
「えっ、その値段??」
量販店で現品販売していたFujitsuのCeleron、4GB、500GB、Office Homeモデルと大して変わらない価格。
即決してしまいました。

評判の悪いWindows8も今日一日使った限りではあまり違和感ありません。
いや知識がない私には逆にいいかもしれないな。
TVと変わらない立ち上がりの速さに感動してます。

お出かけ

急ですが2~4日ほど出かけてきます。
頂いているコメントやメールは帰宅後にお返事いたします。

常吉

網走なう。

20140624080616814.jpg

虎に狸は革ジャン用

1月6日

定年後の第2の人生、現在は経済的な理由から会社に再雇用してもらっているのですが、縁あって4月からもう少し山に行きやすい環境につけることになりました。年度内は今の会社ですが、もう有休取り放題。

3月末までの平日は外岩フリーかゲレンデスキー練習、週末は山スキー、そして4月からは…、なんて結構具体的に企んでいたのですが…。

そうは問屋がおろさないのはこの世の常吉。
暮れに旅先で母親が骨折をして緊急入院、大晦日に地元の病院に救急搬送。
怪我自体も深刻だけど、将来想像するとかなり深刻。

今日までは家内と交代で付き添ってきましたが、明日からは平日は家内、休日は私。
うーん、しばらく週末の山スキーは行けそうもありません。

弟家族や娘の協力ももらってせめて平日に外岩や山スキーガイドツアー(我が家は単独山スキーは基本御法度)に行けたらいいなぁ。
いや、行く!!


夢は枯れ野を駆け巡る。  

賀正

明けましておめでとうございます。
本年も皆さまにとってよい年でありますように。
2014年1月1日 常吉





見てよ、この笑顔!   Photo 国境なき医師団日本DMより借用
Medecins_Sans_Fromtieres.jpg 
2013年4月コンゴ共和国 

 

2'nd Adventure Starts.

4月15日~21日【US出張】

15日~18日 SAE 2013 @Detroit

3年ぶりに米国自動車技術会(SAE)の年次大会に出席してきました。
私自身の発表はなく、講演を聞くだけの楽チン出張。
COBO.jpg 

規模は大きくありませんが展示会場もあります。

Chevrolet Corvette Stingray  V8 6.2L 450hp 610Nm
やっぱアメ車はこうでなきゃねぇ。 
でも普段は4気筒で走って燃費を向上しようなんてところは今日的で、潔くなし。
Stinglay.jpg 

ACCORD P-HEV 
全幅1850mmでクラウンよりデカくて立派!!
でも燃費はEPAが定めるモードで115MPGe(約48.9km/リットル)と大小合せた全米のセダンの中で一番の優等生、加えて4万ドル(400万円)を切る出血大サービス。日本国内では70km/L台になるのではないかと噂されています。
ACC_PHEV.jpg 
Spec
Specifications_1.jpg
まっ、どうでもいいですね。
 

(追記)
開発責任者を始め多くの友人・同僚がこの車の開発に携わってきましたが、山友エフもその内の一人。 知り合いの方は祝福してやってね。


毎晩どっかしらのパーティーに顔出してました。 
Bourbon_Steak.jpg  

今まで人とのつながりを大切にしてきた事が報われた大感激の夜。
これから先の人生が変わったかも。 The 3'rd Adventure starts?
Party_NGK.jpg 

治安が不安なので今回も市内で一番安全なホテルを取ったのですが、たった3年前と比べても街も車もずいぶんきれいになっていました。パトカーはあちこち走り回っているし、いかにも悪そうな人達がたむろしている姿もなく、昼間の中心街ならそう危険な感じは受けませんでした。恥知らずな雲助タクシーも減ったような印象です。
また人気急上昇の欧州車の影響を見せ始めたアメ車の進化、内装などベンツかと錯覚するようなものも出始めていました。
MGM_Grand.jpg


18-20日 Ohio State University

学生数6万5千人、学内に高速道路が走り、専用飛行場、10万人収容のフットボールスタジアムを持つマンモス大学です。 MITが基礎研究の雄とすると、こちらは産業界寄りの応用研究が非常に盛んだとか。 ちょっと用があってお邪魔してきました。
OSU.jpg 

仕事とは関係ありませんが、ドライビングシミュレーター。


この日は14時間に渡るパンパンスケジュール。
ようやく終わってブラジリアンステーキハウスでガラガラヘビを食した面々。
Rodizio_Grill_Ohio.jpg

トレーニングウェアとシューズを持って行ったのですが、結局帰国の日の朝4:45から5:30までトレッドミルで走っただけ。すっかり太って帰ってきました。

無題

勝手に京都   雅風荘

P1100911_2.jpg  

Tags:#京都の夜 #白黒 #関西 

ははは、ゴメン。

変わった光景

10月12日【JOJO's】 @東札幌

昼休みに入ったレストラン。DrinkClibm.jpg

安全確認完了!

4月18日 【第一種の錯誤】by Nervous NORTON 

当ブログの安全性が確認されました。
Norton Anti Virus の誤検知が原因だったと推定されます。

Safe.jpg 

現象
ブログ中の写真をクリックするとNORTON Anti Virusによってリンク先表示がブロックされ「不正な埋め込みリンクが設定されているのでこの操作を停止します。」というようなメッセージが出た。 不正リンク先とされるURLにはAdult の文字があった。

確認①
別なPC(NAV Version 違い)で確認を行ったところ異常なし。写真をクリックしても不正なサイトに誘導される事もなく、正規のリンク先であるオリジナルの写真が正常に表示された。

確認②
各写真のリンク先を確認したが、不正な埋め込みリンクは検出されなかった。(手動チェック)

確認③
上に示した通り Norton セーフウェブによって当サイト全体の安全性が確認された。

当サイト閲覧によるVirus感染をご心配された方も多くいらっしゃると存じます。上記の通り不正なソフトが仕込まれていた形跡もありませんので、ご安心して頂いて結構だと思います。念のため管理用PWも変更いたしました。

今後とも「常吉の酔いどれ日記」を御贔屓のほどよろしくお願いいたします。

尾瀬 お勧めの宿

尾瀬かもしか村】尾瀬片品村戸倉

先週のスキーの個人的第二義は片品村への経済貢献。ネットで食事に対する評判の高かった尾瀬かもしか村に泊ってみました。  Photo:Ueno
戸倉・かもしか村3
 
いやぁ、次々と出てくる食事のすごいこと。 これは席に着いた時の様子ですが、この後続々とお皿が運ばれてきました。飲みながらのペースということもあってとても置ききれず、隣の空きテーブルに並べてもらいました。  Photo:Ueno
戸倉・かもしか村1

地で採れた野菜メインの食事は質・量・種類に文句なし。って言うかこの量じゃ私にはとても食べ切れません。失礼ながら二皿ほどは手付かずだったかもしれません。特産地鶏の珍しいお料理や尾瀬名物の寄せ豆腐もとっても美味。〆は自慢の蕎麦でした。

コーヒーがいつでも無料で用意されているのもコーヒー好きにはうれしいサービスです。

ネットでは温いと書かれていた温泉ですが、内湯(半循環・半かけ流し)は熱いのが好きな私でも皮膚がピリピリするくらいで爽快。露天(かけ流し)は38、9度でしょうか、確かに温いですがその分長湯ができます。

部屋は必要最低限ですが、ハンガーが沢山掛けられる物干し棒が各部屋に設置されていたのは干し物が多いスキーヤーにはうれしい心遣いでした。

おかみさんや旦那さんの感じも良し。自宅から近い尾瀬に泊る機会は少ないのですが、次回はMTBツアーを企画して使ってみたいと思っています。

洒落たお部屋や豊富なアメニティグッズを求める方にはお勧めしません。

週末あれこれ

11月6,7日

明日から約10日間西日本グルメツアーに行ってきます。なのでこの週末は初滑りの準備はしなきゃならないし、10日後のデブが見えているのでチャリトレもしておかなきゃならないし、クライミングもしておきたいし。

★スタッドレス、新規購入。
夏タイヤには何のこだわりもないけどスタッドレスだけはBS限定。雪道の性能もさることながら乾燥路の操安性と静粛性を考えると他に選択肢なしです。
で、BLIZZAK REVO2 185/65/R14(2009年12月生産、メーカー保管品)。アルミ交換、取付、廃却料、全て込み込み48,300円!その上、この先何年でもタイヤ交換は4本1000円。すごいでしょ!!(今年生産品も同価格でしたがメーカー出荷が11月末とのこと。)

★黒山三滝ピストン
52,89km, Ave25.7km/h, 登り累積標高差405m, 753kcal消費

★Base Camp
今週も東上線沿線BC仲間と。

アップ1 OS              アップ2  OS
BC1011070002.jpg BC1011070001.jpg
アップ3  OS
BC1011070003.jpg 

さーて、午後はイレブンOSだ! この時はホンキで思ってたんだけどねぇ…

午後一はまずは露払いに10dから。
OS狙いだったので、前の人の登りを見ないようにして臨んだのに、あれっ、意外に細かいじゃん。最後の1,2手は怖くて手が出ません。ショックですぐにあきらめてしまったのでTUすらできませんでした。
BC1011070005.jpg 

いったん気を取り直そうとグレードダウンしたのに、2便出して2便とも2テンションでTU。
あー、やっぱこれがオレの実力かぁ。意気消沈。
BC1011070004.jpg 

剛君、ショーちゃんがはまっていた難しめの10b。さすがにこれはOS FL。
BC1011070006.jpg 

次の一本は10b/cにしたのにもうパンプが激しくてこれも×。いくらなんでも恥ずかしいので課題名はヒミツです。

初リードだったヂュン クンは10aまでは難なくOS。すごいじゃん。
5.14トライの小学生(いいところまで行って惜しくも墜落)とか、山スカ女子クライマーとか、目が点の一日でした。

来月はみんなでビーコントレーニングやろうね。

ブランド消滅

img56768003.gif 


6月17日
確認のため本国のHPをチェックしたところ昨日私が書いた事に大きな誤りがあることがわかりました。赤字部分を訂正します。

パウダースキーヤーの聖地、ジャクソンホールを発祥の地としたアウトドアアパレルのcloudveil。
ソフトシェルジャケットの先駆者としてコアなユーザーからの支持は厚かったようですが、最近はあまりパッとせずゲレンデスキーウェア大手の蜘蛛が支えきれずに経営権を譲渡したそうです。

日本ではブランド自体の消滅と伝えられていますが、新経営陣は本国でブランドを残そうとしているようです。 日本の輸入代理店はこれを機に撤退するそうなので国内では手に入り辛くなるのは間違えありません。 もう投売りが始まっているので記念に1枚くらい買っておこうかと思いましたが、まだまだこの先色々と要り用なので思いとどまりました。


私はこのブランドのファンではありませんが、こういう孤高のブランドがなくなるというのはちょっと寂しい気分です。